GHK通販

15時までのご注文で当日発送!
8,400円以上のお買い物で送料無料!


GHK通販の
こだわりの日本国内自社工場

パターンオーダージャケット
パターンオーダージャケット 日本国内オーダー工場

人が着て魅力を増すスーツ、ジャケットは
平面状の素材に、いかに立体感を与える
ことで着心地の良さとなり、
良質な仕立てとなるのです。

さらに人の大多数は前肩体型ということも
考慮に入れ、GHK通販は最高の裁断技術と
縫製技術を駆使して、

お客様を考えた洋服作りを
しています。
当社の縫製一級検定合格者による技術は
スーツの地衿に丹念にプレスをかけて、
上衿を体にフィットさせ、美しくみせる職人技の一部です。

それは日本人アーティザンの匠の技なのです。

GHK通販のスーツ、ジャケットはお客様に満足していただけるように、
採寸から裁断・縫製・プレス・検査まで、
数百もの工程を経て作り上げられます。

GHK通販は
あくまでもお客様に責任ある仕事をしたいために、
日本人技術者の目が行き届く
日本国内自社工場にこだわっているのです。

これからGHK通販の縫製工程のこだわりを味わってください。

CAMの型紙から裁断までの工程 縫製の最終工程



無駄なくゆとりなく構築されたフォルム。
コンパクトでシャレた印象をみせる
シルエットが今の旬です。

良い服には、いろいろな条件が必要です。
服の命を決める優れたパーツ(付属品)の数々。
ディテール部分への配慮。
生地の特性を最大限に生かす匠の技。

それが重なり合い、完成された洋服になるのです。


生地の縮絨

縮絨とは水の霧を満遍なく服地に吹き付け、アイロンをかけることです。服地をあらかじめ縮ませる工程です。あらかじめ服地を縮ませる事により、仕上がり後の縮み防止、服地の地の目(縦糸・横糸)の整えを目的とします。この工程を怠ると、お客様が着用しているうちに洋服の着丈、袖丈が縮んだりします!!


型紙つくり
●CAD
CAD
●CAM
CAM

お客様の体型パターンにあわせ、生地の
大きなストライプ柄やチェック柄はCADで型紙(パターン)を作製します。
この時点で、スーツ、ジャケットのシルエットが決定しますので、非常に大事な工程です。
縫製を知り尽くした技術者によるパターンの製作と最新鋭のCAD機により、無理のない自然なシルエットが生まれるのです。

一方、
生地の細かなチェック柄や無地柄は効率的なCAMシステムで型紙から生地まで裁断してしまう効率のいいすぐれものを使用しています。


裁断

洋服の服地を、1着1着地の目の整った素材の上にパターンをのせて、入念にカッティングする工程です。
全神経を集中させ、直線やカーブなどをカッティングしていきますので、手元がブレないようにカッティングしていきます。


ポケットつくり


写真は、ジャケットの腰ポケットを自動ミシンで作っています。玉縁より大きめのフラップを、少しずつイセ込みながら作って行き、最後にアイロン処理をします。


芯と身頃のしつけ


芯に前身頃を据える工程です。この芯据えとしつけは、生地の厚薄、伸縮などをしっかり見分け、それで出来上がった服に、平らな生地から立体的な丸みをつくり、体に馴染んだ着心地の良い服をつくり出します。最後に部分アイロンで仕上げます。


見返しのホシいれと背アイロン
左の写真はジャケットの見返し部分にホシを入れることで型崩れを防ぎます。
背も部分縫いする毎にアイロンで仕上げをします。


見返し&前身ごろのあわせと上衿づくり


衿と身返しを据える時、ラペルの返り部分には適度のユトリを入れます。
そうする事により衿の返り部分はと返り、胸元にそいます。
また、前身の裏にも適度なユトリを入れて表を張らします。
素材を見極め、その素材に適した縫製が必要です。


最終プレス
最終プレス 最終に洋服の専用プレス台で、慎重に均整のとれた上衿と肩線、そして全体のプレスを行います。
自然な袖付けと合わせ、立体的で美しいシルエットを作ります。
もちろん、今までの部分アイロンの最終アイロンのため、細かい部分にも、
技術者の手作業は省けません。


最終検査


最後に最終検査をいたします。

全体の洋服のバランスとセンスがプロの目から合格しているかを検査します。

さらに、詳細に検査するため、洋服にピリングが無いか、糸飛ばしが無いか縫製の不具合を慎重に検査すると共に、サイズが指示通りに上がっているかどうかを調べます。

最終合格しましたら、楽天市場の当社GHK通販(kk-ghk)サイト:で販売いたします。