ABOUT

喜鶴製陶は佐賀県有田町中樽(なかだる)の山の裾野で2017年8月に陶芸家であり食器デザイナー山口祥治と陶磁器のクリエイティブディレクター諸隈洋介の二人で創業しました。有田の内山を一望できる小高い丘の上、静かな住宅地の中でものづくりに勤しんでいます。

STORY

毎日の生活の中で充実したこころ満たす、豊かな日常を生み出すために、日本の四季を季節のうつろいから感じて大自然の美しさに気づくこと。
家族団欒、親しい人と料理を味わい、くつろぎのなかで癒やされることに寄与したい。人の手に馴染むもの、使い心地の良いものを創る喜びと責任を感じること。 人々の体が健康に満たされ、心が癒されるような豊かな暮らしの情景を思い描きながら 私たちは人々の幸せに願いををこめて、ものづくりに携わっていきます。

PRODUCTS

「使い心地」と「凛とした佇まい」。
喜鶴製陶の作手である職人は、このふたつの調和を大切にもの作りに励みたい。使い心地の良い道具は、体感としてビジュアル的だけではなく人間の手になじみ、五感を通じての時間に愛おしさと、器に対して愛着を生みます。 凛とした佇まいの美しい食器は、生活空間に自然と溶け込み、使い手の日々を豊かに彩るでしょう。
私どもが作りたいのは、毎日に寄り添う確かな生活道具。 お客様である使い手が大切にしている暮らしやストーリーに、深く思いをはせながら、 触れるたび、使うたび、こころ満たされるものづくりを目指します。