現在活動中の支援について

東日本大震災 避難所へ生鮮食料品の直接支援プログラム

5月26日、弊社代表 樋口が被災地(南三陸町)へ行ってまいりました。
被災地では、現在おにぎりやパン、カップ麺等の食材は足りていても、生鮮食品が不十分であること。栄養のバランスを保つのが難しいだけでなく、毎日単調な食事ばかりでは精神的な疲労も大きいこと。義援金が配られるまでには、まだ時間がかかること等から、StrapyaNextでは、5/31まで日本赤十字社宛に行ってまいりました義援金活動を、直接避難所を支援していく方針へ切替え致します。

5月26日 南三陸町の写真

被災地では今、何より仕事がないとの声を多く聞きます。
仕事がないと言うのは、収入が無いというだけではなく、生きがい、やりがい、未来を夢見る気持ちなど心の元気をなくしてしまう要因になりかねません。

そこで、ストラップヤでは被災地の方々の心の支援を重く考え、仕事を作るという方向へ切り替えました。

被災者の方々にこちらのストラップの制作をお願いし、売上金の50%を工賃と支援金に充てます。

「幸福の黄色い折鶴」復興支援携帯ストラップ

 

■ 2011年12月29日現在 販売個数 884個

 

 


被災者義援金について

被災地の復興に微力ながらもお役に立ちたいと考え、 株式会社StrapyaNextでは以下のことを決定致しました。

■ 株式会社StrapyaNext名義で義援金として日本赤十字社へ寄付致しました。

1,000,000

領収書はこちら


■ ソーラーチャージシリーズの売上げの10%を、お客様一同様名義で義援金として寄付致しました。2011年3月16日〜5月31日

第一回領収書はこちら

第二回領収書はこちら



■ 社内スタッフによる募金、弊社ご来客さまによる募金もあわせて寄付致しました。

合計 121,284

領収書はこちら

 

 

■ 3/14〜3/18まで楽天店で行っておりました楽天ポイントによるお客様からの募金に弊社で10%加算致しました。
139,231円+13,923円

合計 153,154

領収書はこちら


■ 弊社Webサイト「携帯ストラップの専門店ストラップヤ!本店」で募金を受け付けております。

3/16〜5/31お客様からの募金に弊社で10%加算致しました。
3,743円+374円

合計 4,673

領収書はこちら

※以上の寄付は全て日本赤十字社へお届け致しました。

 

■  HandLinker ディズニーシリーズの売上げの10%を東関東大震災救助支援プロジェクト「#99japan」へ寄付致しました。



2011年10月31日現在 震災関連 募金総額

7,630,533


ソーラーチャージシリーズ,、日本・東北支援札
合計売上げの10%で支援
プログラム ご報告


東日本大震災 避難所へ生鮮食料品の直接支援プログラム

ソーラーチャージの売上の10%を支援資金とし、その中から支援を希望する被災地団体へ生鮮食料品、加工食品、生活用品等をお届けいたします。状況をお伺いしながら、支援資金内で様々な支援を行っていく予定です。

  • 毎回ボランティアの方とタイムリーなニーズを確認した上で、生鮮食料品や必要な物資を支援いたします。
  • 地元の経済の活性化を援助するという観点から、現地に近い地域で生鮮食品や物資を調達致します。
  • 避難所のボランティア団体と直接連絡を取り、活動資金の支援を行います。

 

 2011年6月6日〜2011年10月31日
ソーラーチャージシリーズ,、日本・東北支援札
の合計売上げの10%を、支援資金と致します。

2011年10月31日 支援資金 2,200,732円

 

---------------------------------------
支援を行った避難所、団体

・宮城県南三陸町 志津川中学校避難所
・宮城県南三陸町 志津川中学校仮設住宅
・宮城県南三陸町 入谷中学校跡地仮設住宅
・宮城県南三陸町 入谷小学校跡地仮設住宅
・宮城県気仙沼市本吉町 小泉中学校内仮設住宅
・陸前高田市の復興プロジェクト
・学びの場作りの資金として使用
---------------------------------------

▼ リポート ▼

▲2011/7/9 中学仮設の前で配って下さる方々との写真です。


▲2011/7/9 


▲2011/7/9 


2011/7/16 

▲2011/7/16  避難所の人達です、中には60人居ます。


▲2011/7/16  入谷小学校跡地仮設住宅の方々です。


▲2011/7/30  小泉に100世帯、 志津川小学校 60世帯 にテッシュペーパー を配れました。


▲2011/7/30  志津川高校 仮設住宅です、ここも 初めての支援に為ります  皆さん 消耗品なので とても 助かりますと喜んでおりました。ご支援 ありがとうございました 感謝いたします。


▲2011/8/5  戸倉中学校 高台に在りますが 津波が襲って来た時間に 時計が 止まっています、3時49分。

東日本大震災 避難所へ生鮮食料品の直接支援プログラム

 


消費電力削減のため節電

■ 照明設備の稼働時間節減

■ トイレ・休憩室・エントランス・ホールは必要時のみ点灯

■ パソコンやコピーの不使用時の電源オフ 稼働時間の削減

■ クールビズの早期実施・期間延長

■ 残業削減

■ エレベーターの使用を控え、階段の使用を推奨

■ 照明設備の間引き

■ 空調設備28℃設定 扇風機を併用

■ グリーンカーテンの設置

 

 


弊社対応について

 

現在はメール、お電話でのお問い合わせ等、通常通りのご対応とさせて頂いております。お届けにつきましては、一部のお届け先のみ、佐川急便営業店止めにて承っております。

 



国旗ストラップ 


こちらのストラップを1個お買い上げにつき10円が
国際NGOプラン・ジャパンに寄付されます。

お気に入りの国や、行ってみたい国、サポートしているサッカーのクラブがある国、
はたまた好みのデザインなど・・・選び方は人それぞれ!
でもあなたの優しさを少しだけ、貧困の中に暮らす世界の子どもたちに向けてください。

プランジャパン領収書はこちら

 

「StrapyaNextは世界中のお客様へ、笑顔と感動をお届けする情熱的クリエイティブ企業です」

■ ストラップヤはイーココロ!アマゾンの自然を守るためのクリック募金のスポンサーです。皆様の1クリックを1円として熱帯森林保護団体へ定期的に募金しております。

皆様のご協力により、800円(800クリック)で、マホガニーの苗木1本をアマゾンの熱帯林乱伐跡地に植林することができます。 ご協力ありがとうございます。

2011年12月現在 合計募金額  1,584,414

 

 

アフリカの子供たちに教育を!
ご協力ありがとうございました。

「子供には夢や希望を持って欲しい、自分たちにも何かできる事があるかもしれない!」
こんにちは、ストラップヤ・スタッフ千田です、
私の姉が先日アフリカのウガンダでエイズ孤児を支えるボランティア活動に3週間ほど参加してきました現地の現状を聞き、日本にいる私たちでにもできる事がないかと考えている中、姉の紹介でアフリカ現地で支援活動をする
NPOチルドレン・ホープの石原さんと出会いました。

現地に住んで共に生活をしているからこそ、子供たちの現状を教えてもらいました。現地では、子供たちの教育ができていない為に、大人になっても読み書きが出来ないために給料の良い職に就けず、大人になっても所得が低い中子供を育てなくてはいけません。

たった500円の治療費がないために、子供を死なせてしまったお母さんのお話や着る物、食べ物も充分に与えられない子供のお話を聞きました。

私たちにも何かできないかを考えた時に皆さまのお力をお借りできないか?と言う答えに至りました。使う予定のない楽天ポイントを集め支援活動に役立てれば子供たちへの未来につながるのではないでしょうか?


 

 







【ペットボトルのキャップを集めて
世界の子供たちにワクチンを届けよう】


・ペットボトルのキャップ800個で1人分のポリオワクチンが買えます。
その為、ストラップヤでは、会社の自動販売機の隣に回収BOXを設置して、キャップ集め活動をしています。

捨てればごみになってしまう物だけど、みんなが協力すれば世界の子供の命が救えるんです。

お客様にご購入いただきましたストラップヤeco商品(ソーラーチャージシリーズZEROシリーズなど)のお代金より、排出権を合計5,480,864円分(2011年6月現在)購入致しました。

 
イーココロ!クリック募金
・熱帯雨林保護団体のスポンサー
として寄付を行っています
排出権購入
・CarbonPassを購入し、排出される
CO2を相殺しています。

1台あたりのオフセット量
1台あたりのオフセット量
ソーラーチャージecoシリーズ:約500g-CO2
ZEROシリーズ:約380g-CO2