京橋ワイン楽天市場店

History of Rare
1885-高貴な物語の始まり

パイパー・エドシックがフランス王妃マリー・アントワネットに献上した初のプレステ―ジュ・キュヴェから100周年を記念して、1885年に限定ボトルシリーズ「ラ・キュヴェ・デュ・サントネール」を発表しました。

王妃に敬意を表し、ロシア皇帝アレクサンドル3世御用達の宝石商、ピエール=カール・ファベルジェがボトルのデザインを担当し、豪華なエナメル加工を施したデザインを完成させました。

しかし、当時の技術ではこの装飾をそのままに再現することは難しく、以後この限定ボトルは、ファベルジェのデザインを忠実に再現したラベルでリリースされました。

その100年後の1985年、ファベルジェのデザインに基づき、ヴァン・クリーフ&アーペルによる、金、ダイヤモンド、ラピスラズリを贅沢にあしらったレア1976が創作されることになりました。

レアは20世紀にファーストヴィンテージがリリースされたのです。

同社の工房での数か月にわたる緻密な作業の末、ついにレアが誕生しました。1885年のオリジナルデザインから着想を得たボトルは、ロココ様式とイタリアン・バロックを融合した見事なデザインでした。


2018年―シャンパーニュの至宝として

レア・シャンパーニュは1785年にフローレンス=ルイ・エドシックが創業した歴史あるシャンパーニュ・メゾンのひとつ、パイパー・エドシックの技術と知識を注ぐ同社最高峰のキュヴェでしたが、2018年に独立し、レア・シャンパーニュというブランドとして、世界中で展開しています。

気高く革命的

The True Exception


マリー・アントワネットにインスパイアされたレア・シャンパーニュは、ありきたりなシャンパーニュになることに抗い、類まれなるヴィンテージを生み出すべく果敢に挑戦を続けています。

レアは、自然がもたらしたさまざまな試練を、比類なきシャンパーニュとして表現しています。
いずれのヴィンテージも、厳しい自然条件を乗り越え誕生しました。例年にない日照りに見舞われた1976年、そして深刻な黒霜の被害を受けた1985年はその一例です。

レアのスタイルの守り人として、シェフ・ド・カーヴのレジス・カミュは、プルミエ・クリュやグラン・クリュといった等級に関わらず、それぞれの土地が宿す表現力を見極めてブドウ畑を厳選しています。

この異例のブレンディング・アプローチにより、複雑で個性的、それでいてピュアなスタイルのレアが誕生します。レジス・カミュは、それまでの常識や慣習にとらわれません。ブレンディング以上にテクスチャーを重視します。

レアの名にふさわしいシルクのような口当たりと、余韻の長いフレッシュネスの創造を追求しています。常識の枠にとらわれない発想により、ピノ・ノワールの産地として名高いモンターニュ・ド・ランス地区で栽培したシャルドネを使い、驚くほど余韻の長いフレッシュネスと表現豊かなミネラルを引き出しています。きわめて濃厚な風味と、力強くシルクのようなテクスチャーをそなえたモンターニュ・ド・ランス地区(ヴェルジー村、アイ村など)のピノ・ノワールを好む彼ならではの選択です。

妥協を許さない、レジスが選ぶ特定の年。それは、自然を手なずけ、流れる時と熟練の技を駆使して、他に類を見ない個性と永遠に続くかのような味わいを宿したシャンパーニュを醸造した年、まぎれもなく“レアな”ヴィンテージなのです。

これまでにレアがリリースされたのは、過去、約半世紀の間でわずか11ヴィンテージ、1976年、1979年、1985年、1988年、1990年、1998年、1999年、2002年、2006年、そしてロゼ2007年と2008年のみです。

レジス・カミュ 今世紀最も賞を受賞したシェフ・ド・カーヴ

レジス・カミュは、2002年から2018年にかけてパイパー・エドシェックのシェフ・ド・カーヴを務めた後、現在はレア・シャンパーニュのシェフ・ド・カーヴを専任しています。

忍耐強く、情熱的で、要求が厳しい彼は、彼の世代で最も才能のある人の一人として知られています。ワイン造りのみならず、土壌とブドウ畑の管理にも情熱を注いでおり、ブドウの調達や地元のブドウ生産者との関係強化にも努めています。

2004年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、インターナショナル・ワイン・チャレンジ の「スパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を通算8回受賞。もはや伝説的な人物といえます。

レジス・カミュ

シャンパン白
シャンパンロゼ