ホーム > 耳付きテーブル とは?


KRIDE(クライド) 一番人気の“耳付き・一枚板風テーブル”シリーズ。
長い年月を経て成長した木材を、自然の雄大さ・美しさを余すことなく活かした、
この世に2つとないオリジナルのテーブル
それが耳付き・一枚板風テーブルの魅力です。

 

木の一番外側(幹に一番近い部分)の凸凹した部分の事を“耳”と、呼んでいます。
通常この凸凹部分は、きれいに平坦にならしてテーブルなど家具に利用しますが、あえてその凸凹部分を残した自然味豊かな風合いとなります。

この“耳”の部分は、一つ一つ表情が異なるので世界にひとつしか存在しません。耳があるか無いかで、テーブルの表情はガラリと変わります。
耳とは、自然の雄大さ・美しさを“見て・さわって”感じることのできる、テーブルの個性を左右する重要な部分です。

テーブルの両サイドに耳を残し、何枚か(6〜8枚)を貼り合わせたテーブルの事を“耳付き・一枚板風テーブル”と、呼んでいます。
一枚板以外のテーブルは、基本的にこのように“ハギ合わせ”と呼ばれる方法により製作されています。

「 一枚板はちょっと手が届かない 」と言った場合に、より一枚板に近い風合いが感じられ一枚板よりもリーズナブルに楽しめる、そんな魅力的なテーブルが“耳付き・一枚板風テーブル”です。

木材にはそれぞれ育まれてきた歴史があります。数十年・数百年と刻み込まれた年輪には、雄大な自然に育まれた証が刻まれています。
日光を求め広がった枝葉の節や、成長の過程で地中から吸い上げた栄養分によって出来た模様は、木が持つ修復力の痕跡 “キャラクターマーク” と呼ばれ、プリント合板などでは味わう事の出来ない無垢材ならではの魅力です。

こうしたバラエティに富んだ、世界に2つとない表情を魅せる耳付き無垢材を使用した、貴方だけの 一枚板風テーブル をお楽しみください。

フォレスト 耳付き 一枚板風ダイニングテーブル
グローブ 耳付き 一枚板風ダイニングテーブル
フォレスト 耳付き 一枚板風 リビングテーブル
リグノーサ 耳付き 一枚板風 リビングテーブル
フォレスト 片耳付き 一枚板風 デスク
ページの先頭へ

 


キャンペーンのお知らせ