畑の作り方~金の土編~ < HOME
1m×1mをブロックで囲い花壇を作ります。レンガでも枕木でもOKです。今回は深さ5cm花壇を作ります。一般的な苗を植える深さが5cmです。
今回使用するのが「金の土」ですが、銀の土・銅の土も同様に使用可能です。
そのまま花壇に金の土を入れます。
金の土を均等に花壇に入れます。カネアの土は一般の土に比べて軽いので女性でも楽に作業ができます。
目安としては、金の土20リットル1袋で深さ1cmの深さになります。今回は5cmの深さですので20リットル×5袋を使用しました。
スコップで軽く土を掘り、苗を植え付ける目安にします。
苗をビニールポッドから出して穴に植え付けます。
雨や冠水で苗が流されないように軽くしっかり押さえてやります。カネアの土は軽いですが、植付きがしっかりとしています。
苗と苗の間は20cm程度が最適です。あまり近くに植えすぎると苗がストレスを感じますし、離し過ぎるともったいないです。
これで花壇の完成です。苗の大きさや環境によりますが1m×1mの花壇で約16個の苗が植えられます。最後に必ず水をやり苗を土になじませてください。
カネアの土は軽くてふんわりとしたふかふかの土です。そのため植物に与えるストレスが小さく、国内産の裁量を使っていますので小さいお子様からお年寄りまで安心してガーデニングを楽しむことができます。金の土銀の土には「竹炭」が含まれていて害虫がよりにくいのが特徴です。