愛媛みかんをお取り寄せ!贈り物やギフトにも
のま果樹園について 設備の紹介 会社案内 従業員紹介 のま果樹園物語 のま果樹園からのお約束
初めての方へ 支払い・送料 商品一覧 買い物かご お客様の声 メルマガ登録 送料無料 オークション プレゼント
愛媛みかんののま果樹園



生産者・社員紹介


 皆様に愛媛のみかんをお届けする仕事に携わっているスタッフをご紹介いたします。



(株)乃万青果
代表取締役
木原 洋文
 春になると柑橘の種類が豊富になります。私の家ではこの時期、毎朝食卓の上にデコタンゴールが半分に切られスプーンが置かれています。鮮やかなオレンジ色とジューシーさだけで食欲をそそりますが、ひとすくい食べると、この美味しさとフレッシュさはたまりません。

 デコタンゴール・清見タンゴール・サンフルーツ・はっさく・ジューシーオレンジ・ニューサンマーオレンジ・甘夏みかんと、初夏まで毎朝食卓を楽しみにさせてくれ、私の習慣となっています。朝の果物は健康にも良く、一日の活力になります。皆さんもぜひお試し下さい。


(株)乃万青果
のま果樹園
産直担当課長
池田 篤志
ご紹介しているのは、「すべて、のま果樹園イチオシの商品!」です。

 のま果樹園のフルーツは、繰り返しご利用いただくお客様が多いのが特徴です。「届いたみかんが美味しかったので、メロンやぶどうも食べてみたい。」「ハウスみかんを毎年楽しみにしている。」と、商品に納得いただいた方からのご支持が絶大です。

 贈り物に、ご家庭用に自信を持ってお薦めする商品ばかりを取り揃えています。


(株)乃万青果
のま果樹園
生産部
大河 浩平
 のま果樹園は多くの柑橘生産者に出荷いただき、ギフト用やご家庭用に皆様のお手元に直接お送りさせて頂いていますが、私はお買い求めいただくお客様と生産者の方々との橋渡しをする仕事をしています。

 お客様はこういうものを求められているから、これからはこういう品種や作り方でいきましょう。という、いわばマーケティング情報?を伝えたり、逆に、園地での情報を皆様にお伝えしたり企画に生かしたりできるように、いろいろな情報を集めたりします。

 今後とも、皆様からいただくご意見・ご感想・ご要望を元に品質を維持向上していけるよう取り組んでいきたいと思っています。


(株)乃万青果
のま果樹園
営業部
越智 大輔
 のま果樹園のインターネットショップの担当として、全国の皆さんに美味しい果物、普段なかなかお目にかかれない珍しい果物などを皆さんにご紹介させて頂きます。

生産者の方々が気持ちを込めて育ててくれた果物、そして贈り主様からの気持ちがこもった贈り物、色んな方の気持ちを皆様のもとへお届けできるように努めて参りますので、のま果樹園をよろしくお願い致します。


(株)乃万青果
のま果樹園
営業部
橘 豪
 私は「のま果樹園」のインターネットショッピングを担当しています。のま果樹園では、カタログ通販「ふるーつCLUB」で旬の柑橘をご紹介していますが、まだまだ、数の少ない新しい品種や、たまたま入荷したお値打ち品、誌面の都合でカタログには掲載できないワケあり商品など、皆様にお伝えしたい情報がたくさんあります。

 インターネットの特性を生かして、今までお知らせできていなかったお買い得商品を積極的に企画していけるようになりました。

 また、皆様からご意見・ご要望をいただいたり、こちらからお返事させていただいたりといったコミュニケーションもとりやすくなることで、ますます「のま果樹園」に親しんでいただけるようになっていきたいと思っています。

 今後とも、「のま果樹園」のインターネットショッピングをよろしくお願いします!


のま果樹園
生産者代表
木原 英男
 この自然豊かな瀬戸内・愛媛の地でみかんとともに55年。みかんは正直者ですから、手間暇、そして何より愛情を注いでやればやるほど、その期待に応えてくれます。

 青葉若葉と香り豊かな純白の花。酷暑と干ばつに耐え育て、実りの秋。黄金色の美しい姿に甘い香り、美味しいみかんの収穫時期です。今年もわしの自信の品を皆様にお届けできそうです。

 長年みかん作りに携わっているにもかかわらず、毎年すばらしい感動を与えてくれます。今でも「もっとああすればうまいみかんができるかも?」と期待と夢でいっぱいです。この道一筋、まだまだがんばります。


生産者グループ
(温州みかん)
松木 星児さん
 みかん作りで一番大切なのは、日頃の管理です。毎日毎日、みかんの実や樹・土の状態、天気や気温を注意深く観察し、その日その日のみかんの顔を見て、どういった作業をしてやるのが良いか聞いてやります。そうして元気でおいしいみかんができあがるのです。
 わたしは、みかん作りを始めて16年になりますがその間一度も除草剤を使用していません。できるだけ農薬や化学肥料は使いたくないので、手入れは、有機質肥料を使い、減農薬栽培しています。

 みかん・いよかん・デコタンゴール・清見タンゴール等を作っていますが、本当においしくて安全なみかんをみなさんにお届けしたいので、自分で食べて「おいしい!」と思えるみかんだけを出荷しています。こうして作ったみかんをご家庭で、また、贈り物に使っていただき、みなさんに「おいしい!」と言っていただけるのが私の一番の喜びです。私たちが心を込めて作ったみかんをどうぞ召し上がり下さい。


生産者グループ
(デコタンゴール)
白川 健次さん
 デコタンゴールの栽培は、まじめに、正直に細心の注意を払い手間ひまかけて育てないと他の柑橘栽培に比べてとてもデリケートです。

 デコタンゴールは葉の気孔が大きいため水をたくさん必要としますので、梅雨が明けると毎日のようにかん水(水やり)をしてやります。また、養分を吸収しやすいように、雨降りの前に肥料をやりますので、いつも天気とにらめっこです。根を丈夫にするため、肥料は有機質のものを使い、微生物の働きを活発にします。日当たりを良くするため、せん定に気を付けますし、品格を良くするために十二月に色の付いたものから一個一個袋掛けをします。

 そうして、基本を守ってまじめに手をかけてやると、正直に結果が出て立派な実ができます。その、基本を守って手をかけるのがなかなか大変なのです。また、近年は早い時期からデコタンゴールが出荷されていますが、本来の美味しさを守るためには、十分に完熟してから収穫することが大切です。

 季候に恵まれた瀬戸内で、立派に育ったデコタンゴールをどうぞお召し上がり下さい。


生産者グループ
(ハウスみかん)
阿部 文四郎さん
 私は、愛媛県の大西町というところで、みかん作りをはじめて50年になります。

 その間、どうすればおいしいみかんができるかと研究を重ねてきました。そうして、おいしいみかんを作る環境条件というものがだんだんわかってきました。それは、気温や水の管理と選定・摘果などの日々の管理です。しかし、みかん作りは自然が相手ですので、その年の天候に左右されて、毎年同じようにおいしいみかんを作るというのは難しい事です。

 ハウスみかんの生産をはじめたのは、今から10年程前ですが、ハウス栽培では、それまで培ってきた経験から、みかんにとって一番良い環境を安定して造ってやることができます。ですから、ハウスみかんは、時期をずらして夏にみかんを作ることができるというだけでなく、本当においしいみかんを作ることができるのです。そのおいしさは、ハウスみかんのほとんどが、冬のみかんの一番おいしいと思うもの以上の味だと思っております。甘く、じょうのう(みかんの内皮)はやわらかく、口の中でとろけるようです。

 こうして作った、私たちの自信のハウスみかん。ご贈答として送られても、きっと喜んでいただけることと思います。


生産者グループ
(清見タンゴール)
木原 弘二さん
 私は健康と家族のことを考え、時間に縛られず自然の中でできる仕事をと思い、脱サラして、地元愛媛でみかん作りを始めました。いざみかん作りに従事してみると、農作業は大変で、奥深く、自然相手でなかなか思った通りにいきませんが、とても充実した毎日を送っています。

 自分自身が清見タンゴールを一番好きだったので、みかん作りを始めた当初から清見タンゴールの苗木を植え栽培しています。あの、とろけるようで濃厚な味は本当に格別ですね。

 まだまだみかん作りの技術は未熟ですが、まわりの方々に教えてもらいながら日夜勉強中です。最近になってやっと、みかんが「できた」ではなく、「作った」と感じることができるようになりました。自分の作ったみかんを「送ってもらったみかんおいしかったよ。」と言ってもらうと、これまでに感じたことのない充実感があります。

 この充実感を忘れないよう、私の作ったみかんを皆様に「美味しい!」といっていただけるようこれからも精進していきたいと思っています。


生産者グループ
(温州みかん)
大沢 哲雄さん
節子さん
 瀬戸内海を一望できるみかん園でみかん作りを初めて三五年になります。ずっと兼業農家でしたが、今では仕事を退職し専業で、みんなに喜ばれる美味しいみかん作りを目指して取り組んでいます。

今年は、瀬戸内地方は雨が少なく、みかんにとっては近年にない最高の環境条件に恵まれました。おかげで、実のひきしまった甘く美味しいみかんに仕上がっています。
 私たちが手塩をかけて作った「愛媛みかん」をどうぞご賞味下さい。

▲このページのトップへ