睡眠障害はもはや日本の国民病。あなたは悩んでいませんか?

健康のために睡眠は欠かせません。
しかし、昼と夜の区切りがあいまいで24時間社会となった現代、一般成人のうち5人に1人※が不眠に悩んでいます。
眠りが十分でないと、昼間の眠気やだるさ、集中力低下につながり、
さらには生活習慣病やうつ病の原因に。
どれだけ長く横になっても、夜中に何度も目が覚める状態はよくありません。
大切なのは時間よりも「眠りの質」を高めること。
※厚生労働省「知ることから始めようみんなのメンタルヘルス」総合サイトより

心地よい睡眠のために、新ブランド「Kaimin Labo」誕生。

朝、目覚めたとき、長く眠ったつもりでも何だか疲れていたり、短くてもすっきりと目覚められたり。
パジャマの生産量国内第1位のカイタックファミリーは、そんな眠りの質を高めるために、睡眠を追及した新ブランド「Kaimin Labo」を誕生させました。
すみずみまでこだわり抜き、眠るたび、心までほどける。
そんなパジャマをお届します。

「Kaimin Labo」眠りの質を高めるこだわり

こだわりその1 日本の素材を使い、日本の技術で丁寧に作り上げます。

世界で唯一の熟成方法で作り出す熟成糸を使用。綿を20〜50日にわたって熟成させ、やさしい肌ざわりに。

天然由来の酵素を利用した技法を用いることで、毛羽が少なくダメージに強い綿に。
綿本来の優しさを引き出し、ふっくらとした製品が出来上がります。

品質重視、すべての工程を国内で。

生地から製品まで、すべてが日本製。
長崎県雲仙市にある自社工場の熟練された技術者が、丁寧に縫い上げます。

仕上げに自然の水でやさしく洗い上げます。(製品洗い仕上げ)

生地から製品まで、すべてが日本製。
長崎県雲仙市にある自社工場の熟練された技術者が、丁寧に縫い上げます。
牛ものんびり暮らす長崎県吾妻岳のきれいな伏流水で製品を洗っていきます。

こだわりその2 睡眠のために、とことん着心地を追及

快適なパジャマの極みを目指し、あらゆる視点からこだわりました。

良質な睡眠環境のためにサンプルの作成と改良を繰り返し、心地よいパターンを研究開発。
さらに洗濯後のゆがみや縮みまで細かく計算していきます。

医学博士 清水教永先生監修

肌にやさしい快眠設計

睡眠講座の開講など、社会への睡眠知識の普及に努めておられる、清水教永教授に製品の設計段階から監修していただいています。
睡眠講座の開講など、社会への睡眠知識の普及に努めておられる清水教永教授に製品の設計段階から監修していただいています。

こだわりその3 細部にまで宿る、快適へと導くための心配り

特許取得のさりげないひと工夫「袖まくり」

こだわりその4 好みが見つかる豊富なサイズ展開

ジャストフィットな着心地を叶えるための独自のサイズ展開

多くの製品が「S、M、L、LL」などのサイズ展開ですが、Kaimin Laboは通常のJIS規格に加え、身長を基準に5cmきざみで12サイズを展開。

お客様の体型や好みに合わせてお選びいただけます。
さらに、これ以外のサイズをご希望の場合は、オーダーも承ります。