Product
 




カンティーニュならでわのライン
  一般的に材料・手間のロスを少なくする為、直線を使ったデザインが多い中、松永工房のテーマは〔エレガンス〕この1つのテーマにこだわりデザインしてきました。

ナラ・タモ無垢材を惜しげもなく使い、デザインに合わし裁断・削り出し形を整え 特徴の一つ「繊細な彫刻」を、熟練した職人が丁寧に彫り込んで表情を造り上げます。 カンティーニュの特徴の1つである彫刻は機械で荒ら取りした後1つ1つ職人の手によって彫り加えて表情を創っていきます。

脚のラインなどは試作を何度も繰り返すことでデザイナーがイメージしたデザインを表現します。そういったこだわりの技の1つ1つでカンティーニュのエレガンスの表情は造られています。

そしてもう1つ繊細な表現に欠かせない工法にフィンガージョイント工法があります。繊細な表現に欠かせないフィンガージョイント工法は、木部に切れこみを入れ限られた接着面を増やすことでジョイントを強力にする手の込んだ工法です。
 



 
Color
 


 
アンティーク
ペーパーで下地の塗装を丁寧に剥ぎ取り最後にカラーリングで調整。特徴である彫刻や曲線の美しさを強調しました。使い込んだ雰囲気を演出した塗装方法です。
☆☆☆☆(フォースター)のラッカー系塗料を使用
 


 
ホワイト
木部の目をつぶさないよう、なおかつ木部が出過ぎないように微妙な吹きつき加減とポイント部金粉を吹き付けた塗装方法です。
☆☆☆☆(フォースター)のラッカー系塗料を使用
 
 
ブラック(受注生産。一部アイテムには未対応となります)
黒・・・重厚で厳粛なイメージのあるこの色を使って・・・ 木肌を活かしたマットな仕上がりにゴールドの引き手がさらに贅沢な大人の雰囲気を醸しだします。
☆☆☆☆(フォースター)のラッカー系塗料を使用