最終章・自分で壁紙(クロス)を張り替えた佐藤実家のその後

最終章 自分で壁紙(クロス)を張り替えた佐藤実家のその後TOPイメージ

今まで、「このままでいい。」と室内の変化を嫌っていたスタッフ佐藤のお父さんでしたが、自分で壁紙を張り替えたことで、「自分で壁紙の張り替えはできるんだ!」と自信を持ち、新築のようになったきれいになったリビングみたいにもっと我が家を変えるぞ!と、今まで気になるけど放っておいたところを自分でリフォームし始めました。

自分で壁紙の張り替え!セルフリフォーム!!
壁紙だけじゃないよ!ドアもトイレも玄関もリフォーム!

リフォーム三昧の日々

カーテンレールと幸せの黄色いカーテン

壁紙のリフォーム前、カーテンレールは正面付けで石膏ボートの壁面に設置していました。 しかし、重量のあるカーテンレールとカーテンは柔らかい石膏ボードには支えきれなくなってしまい外れかかっていました。 新しくしたカーテンレールは、窓の木枠に天井付けで取り付けて、新しく張り替えた壁紙に合わせ、優しい風合いの木目のカーテンレールにしました。 カーテンは、幸せを呼ぶ黄色のカーテンです♪

»カーテンレールの商品ページへ

»カーテンの商品ページへ

ウッドブラインド

数年前から壊れたアルミブラインドを取り外し、そのまま何も付けずにいたリビング東側の窓でしたが、今回リフォームしたのを機に、窓アイテムを取り付けることにしました。 アルミブラインド・カーテン・ロールスクリーン色々候補が上がりましたが、室内の雰囲気と南側の窓に木目のカーテンレールを取り付けたのと合わせて、ウッドブラインドを取り付けることにしました。 木目柄が優しい本舗オリジナルウッドブラインド“ダークチェリーTW-102”を2台並べて取り付けました。 遮光性も抜群でお掃除もアルミブラインドと比べてラクラク♪♪ 木の良い香りがしてとても落ち着きます♪

»ウッドブラインドの商品ページへ

粘着シート

自分で壁紙を張り替えたら、爽やかで可憐な壁紙とシックなドアが少しミスマッチになってしまいました。 ドアの四隅から粘着シートがめくれていたのもあり、貼り直すことにしました。 古い粘着シートは簡単に剥がれ、形もきれいだったので型紙に使用して寸法取りをしました。 スタッフ佐藤のお母さんが動かないように新しい粘着シート持って、スタッフ佐藤がスムーサーで空気を抜きながら貼っていきました。 ドアノブ(レバーハンドル)の穴に合わせて粘着シートをカッターでカットしました。

»粘着シートの商品ページへ

トイレの壁紙

トイレの壁紙の剥がれ方がひどく、リビングで使用した腰下の壁紙が余ったので、トイレの壁紙の張り替えに使用しました。 古い壁紙を剥がしてみると、雨漏りで壁面に水が浸透し壁紙の生のりが解かされ、接着力が無くなっていたのが分かりました。 下地処理をして新しい壁紙に張り替えました。 正面奥の壁面を、色の濃い緑色の壁紙にしたので奥行きが広がり、狭いトイレが広く感じます。

»生のり付き壁紙の商品ページへ

玄関のリフォーム・壁紙と珪藻土

玄関には吸放湿&消臭効果&ホルムアルデヒド消去効果のある珪藻土を塗りました。 古い壁紙は、カビが繁殖し壁面の下の方には黒い斑点が・・・。 今回使用した、珪藻土“クイックマッド”は到着したら活性水ですでに攪拌されているので、ダンボールを開けたら、後は塗るだけでいいという優れもの♪ 珪藻土の利点は多機能なのもありますが、最大の利点は、なんといってもその“材質感”です。 コテ塗りの手づくり感・ざらつきのある素材・見た目にも優しい質感、お客様をおもてなしする玄関には最適の素材です!

しかも、乾くまでの間はどんな柄でも簡単につけることができるので、柄を付けては消し、付けては消しを繰り返していると、子供の頃にやった泥んこ遊びを思い出します♪

»珪藻土の商品ページへ

リビングの壁紙の張り替えから、窓周り、トイレ、玄関と当初の予定を大幅に超えて、大規模リフォームになってしまいました。 でも、リフォームしたことがある方や、お気に入りの家具等を購入した方はわかるのではないでしょうか? 室内が、1箇所ガラッと変ってしまうと、他のところが前のままで変わらないのがとても気になるんです。

気になる!という方はすでにDIYにハマってしまっていますよ。

さて、次はどこをやろう?(父母)

当分休ませて。(娘)

☆おまけ☆余った壁紙リサイクル?!

皆様、長い間お付き合いありがとうございました。

これにて、“劇的セルフリフォーム 壁紙(クロス)の張り替えを自分でリフォーム”は終了で〜す♪

感謝イラスト