第16章・真ん中の帯・トリムボーダーを自分で貼る

第16章 真ん中の帯・トリムボーダーを自分で貼るTOPイメージ

トリムボーダーとは、帯状の装飾用の壁紙でお部屋のアクセントとして貼っていきます。
スタッフ佐藤の実家リフォームでは、一般的な窓の下枠や、ドアノブの高さである腰の高さ(高さ90僉砲魎霆爐砲靴トリムボーダーを貼ります。
腰上のイチゴの葉と小花の壁紙に、お揃いのイチゴの実がついたトリムボーダーを合わせると、何とも言えない可愛いらしさで乙女心わし掴みです!

自分で壁紙の張り替え!セルフリフォーム!!
壁紙の張り替えは、自分でできる!?

トリムボーダー貼りの道具一覧

道具一覧の写真
アミノール
壁紙をしっかり接着する糊、希釈して使う
スポンジ
壁紙に付いた余分なのりを拭き取る
ローラーバケ
万能塗料用のローラーバケ、のり塗りに使用(幅100mm)
練る時のバケツ
生のりを作るときに使用するバケツ
バケツ
スポンジを洗う時に使用するバケツ
トリムボーダー
 
 
 
―上記以外に使用した道具―
 
地ベラ
壁紙を切るときのカッターのガイド(定規代わり)
ジョイントローラー
貼った壁紙の継ぎ目と継ぎ目を押さえる
撫でハケ
壁紙を貼るときに空気を逃がしながら貼る
竹べら
入隅・コーナー部を押さえ込んで角を出し癖つける
ジョイントコークA
壁紙のはがれ防止や隙間の充填、コーキング剤
カッター
壁紙を貼ったコーナー部や、ジョイント部分をカットする
カッターの替え刃
よい切れ味を保つ為に頻繁に替える(5〜10枚)
腰袋
道具を入れて腰に巻き、いつでも取り出せるようにする

トリムボーダーのバリエーション

トリムボーダーを使った壁紙デザイン(トリムコーディネート)には、いろんなパターンがあります。 スタッフ佐藤の実家リフォームの場合は「①上下に貼り分けて境目にトリムを使う」を試みています。 工夫しだいでオリジナル感あふれるMy room♪になります!

トリムコーディネートの4例

トリムボーダーの張り方

帯状の壁紙トリムボーダーを貼っていきます。

寸法を取って裁断

トリムボーダーは細く扱いやすいので、実際に壁面に当てて、天地・柄の始まりを確認しました。 のりしろを前後に各5cmプラスしてカットします。

寸法を測っている写真

生のりを作る

トリムボーダーは生のりがついていないので貼る前に自分で生のり付けを行います。 アミノール2Kgに水を足してよくかき混ぜます。 持ち上げた時に、とろっーと流れるぐらいになったら完成です。

アミノール2Kgの使用目安は、1袋でトリムボーダーが約36m。 水で練ったアミノール2Kgが余ったら、密封して暗室に保存しておくと約1ヶ月持ちます。

生のりを練っている写真

生のりをトリムボーダーに塗る

ローラーバケを使いトリムボーダーの裏面に塗ります。 塗りこぼしが無いように、廻りにはみ出るぐらいしっかりトリムボーダーの端まで塗ります。

しっかり生のりを塗ったらじゃばら状に折って置いておきます。 じゃばら上に畳む方法は、「第8章 天井に壁紙を張る前の下準備」“3.じゃばら状に畳む”の動画で説明しています。

トリムボーダーをじゃばら状に畳んでいる写真
トリムボーダーに生のりを塗っている写真

腰下のジョイントテープを剥がす

貼る前に、残しておいた腰下の壁紙の裏のジョイントテープをはがします。

ジョイントテープを剥がしている写真

ジョイントコークAを境目に打つ

トリムボーダーは貼る面が狭くはがれやすいので、ジョイントコークAを腰下・腰上の境目に塗って接着力を強化します。 腰上の壁紙に、ジョイントコークAがつかないよう塗るため指先で慎重に伸ばします。

ジョイントコークAを境目に伸ばしている写真
ジョイントコークAを境目に打っている写真

トリムボーダーを滑らせながら貼る

トリムボーダーの柄の天地を確認した後、水平に貼っていきます。 腰上の壁紙は「第14章 上の壁紙・腰上を自分で貼る(張り替え編)」“2.腰上の壁紙を張る方法”にて水平にカット済ですので、 腰上の壁紙の下端に合わせて貼っていきます。 この時、いきなり腰上の壁紙ピッタリに貼らず、少し間を開けて貼り、上に滑らしながら腰上の壁紙のラインに近づけてゆっくり貼っていきます。

ジョイントローラーと地ベラ

ジョイントローラーで腰上壁紙・腰下壁紙との境目をしっかり圧着し、後は地ベラでのりしろ分として余った壁紙をカットします。

ジョイントローラーと地ベラを使用している写真

端から1mmのところでカット!

トリムボーダー貼りの山場です! いよいよこれが終わったら壁紙のリフォームが完了です! 腰下の壁紙とトリムボーダーの重なった部分を1mmだけカットします。 カット後は、先程と同じように腰下の壁紙との境目にジョイントコークAを塗っておき、ジョイントローラーで圧着します。最後の仕上げにスポンジでまわりに付いた生のりを拭き取ります。

トリムボーダーの下1mmをカットしている写真

窓枠にぶつかってしまった場合の貼り方

単純に床から90cmのところにトリムボーダーを貼って行ったら、窓枠にぶつかってしまいました。 貼る前に全ての壁面の窓・ドアの床からの位置を必ず測っておきましょう。 この場合には、トリムボーダーの上辺を少しカットして対応しました。 これぐらいであれば問題はありません。

トリムボーダーの一部が窓枠にかかっている写真

ジョイントコークAで仕上げる

壁紙を自分で貼り終えたら、入隅等のコーナーにジョイントコークAを埋めていきます。

数日後、生のりが乾いてくると壁紙が縮んできます。 この時、入隅部分やジョイント部分の壁紙が引っ張られて隙間ができることがあります。 ジョイントコークAを使うと、隙間が目立ちにくくなります。

ジョイントコークAを入隅に打っている写真

自分で壁紙(クロス)のリフォーム(貼り替え)完成

トリムボーダーを張り終えて、全ての作業が終わりました。 長い一日で、作業に没頭していましたが、リフォームされたスタッフ佐藤の実家のリビングを最後に見渡した時は、“感動”の一言です。

スタッフ佐藤お気に入りの一枚。 リビングから洗面所へと続くドア。 こんなに可愛らしいドアは初めてみました♪

大変でしたが、達成感でいっぱいです!

自分で壁紙(クロス)のリフォーム(貼り替え)完成写真
第17章 感動!自分でリフォーム完成!