石材調シート壁装材U・NEX(ユーネックス)の施工方法

前のページに戻る

施工できない場所・下地

・火気のある場所 ・水周りのある場所 ・金属系下地

準備する工具類

・カッターナイフ
専用ボンド
役物出隅L材(L字コーナー材)
コーナー成形材(L字コーナー材を使わず、コーナーがある場合)
・ヘラ(コーナー成形材を使う場合)
・サンドペーパー #40〜60(コーナー成形材を使う場合)

施工方法

1.
下地の調整を行います。下地はよく乾かしておきます。壁紙が張ってある場合ははがします。
2.
貼り付ける場所の広さに合わせて石材調シートをカッターナイフでカットします。裏面から切ります。
3.
下地に専用ボンドを均一に塗り、シートを貼り付けます。シートを中央から外に向かって空気が残らないように押さえます。室内に施工する場合はシート同士はすき間をあけずに突き合わせで施工します。

※貼り付ける面積が小さい場合は強力両面テープや、速乾ボンドでも施工できます。
     

コーナー部分の施工方法(L字コーナー材を使用する場合)

1.
L字コーナー材(役物出隅L材)を角が下地と密着するように接着剤で貼り付けます。
   

コーナー部分の施工方法(コーナー成形材を使用する場合)

※シートがL字になっているコーナー材を使う場合はコーナー成形材は必要ありません。

1.
角になる位置にシートの表から切り込みを入れます。このとき、下の合成繊維部分は切らずに残しておきます。
   
2.
角が下地と密着するようにシートを接着剤で貼り付けます。
     
3.
切り口の汚れなどをよくふき取ります。
ヘラでコーナー成形材をすき間に詰め込むように塗ります。
成形材は乾くと少し肉やせするので、やや盛り上げて塗ります。
はみ出たらヘラで取り除き、ぞうきんでふき取ってください。
     
4.
形成材をよく乾燥させます。(24時間程度)
シートの切り口の角を丸くして成形材になじませるように、サンドペーパーをかけます。サンドペーパーは#40〜60程度の目のあらいものを使います。削りすぎに注意してください。
     
完成!
   

施工上の注意

1.石材調シートはシート状なので曲げるだけで曲面に貼ることができますが、限界以上に曲げると表面に割れが生じますのでご注意ください。
びしゃん 夏期−φ500mm以上 冬期−φ600mm以上 ・バーナー砂岩 夏期−φ500mm以上 冬期−φ400mm以上

2.接着剤が皮膚についた場合は、すぐに石けんで洗い落とし、異常がある場合はできるだけ早く医師の診察を受けてください。

3.接着剤が目に入った場合は、すぐに大量の流水で15分以上洗い、できるだけ早く医師の診察を受けてください。