ふすま紙のカンタン施工方法(本ぶすま編)

準 備

施工方法

●「戸ぶすま」と「本ぶすま」の違い

  • 本ぶすまとは、昔ながらの木組みのふすまのことです。
  • 戸ぶすまは、マンションなどでよく使われているベニヤ板にふすま紙を貼りつけて造られたタイプです。
  • ふすま紙を貼るときは、本ぶすまは縁を取りはずしますが、戸ぶすまは縁をはずさずに、そのまま貼りますのでより簡単です。
  • 戸ぶすま の張り替え方はこちら>>

■用意するもの

ふすま紙・新聞紙・糊バケ・なでバケ・糊・雑巾・バケツ・糊を溶くトレイ(2ケ)・カナヅチ・当て木・カッター・はさみ

●始めに

  • 一般にDIYで本ぶすまを貼る場合は、現状のふすま紙の上から新しいふすま紙を貼っていきます。
  • 既存のふすま紙の柄が淡色の場合、新しいふすま紙をそのまま貼っていくことができます。
    しかし柄が濃色の場合、上から貼ると柄が浮き出てくることがあるので茶ちり紙を下地として貼ってから新しいふすま紙を貼る必要があります。
  • ふすまの損傷が激しい場合は建具からの見直しが必要になります。骨組みの補修は別途行ってください。
    紙が破れている場合は、茶ちり紙を貼ります。
  • 押し入れ等の本ぶすまの裏貼りが破れている時は、雲華紙(うんがし)を貼ります。
    雲華紙はコチラ>>
施工方法

本ぶすまに番号を付ける

施工方法

縁をはずす

施工方法

縁はがしでたたく

では、貼り方についてご説明します。
  • 本ぶすまの裏紙を貼りかえる場合は、先に裏紙を貼ります。表裏同様のふすま紙を貼る場合は、どちらからでも構いません。
  • まず、作業場所をつくる
    新聞紙などを敷いて、作業スペースを確保します。BOXなどの上にベニヤ板を置くと作業台となり便利です。

1.番号を付け、縁をはずす

本ぶすまの順番がわかるように鉛筆で数字を記入してからはずします。縁にも図のように記号をつけます。
当て木をして、上から下に少し強めにたたくと、縁がずれて外れます。動かない場合は、下から叩くとはずれることがあります。
次に「上」と「下」を外しますが、ここはクギ打ちをしてある場合が多いので傷をつけないようにこじ起こします。外れにくい場合は、「縁はがし」を使って、それを縁に差し込んで外すようにします。
施工方法
施工方法

糊を2つのトレイに用意する(薄い糊、濃い糊)

2.引き手をはずす

既存の引き手がクギで止まっている場合、ペンチでクギを抜いて外します。新しい引き手がクギタイプであれば、再利用するので、きれいに抜きましょう。
 既存の引き手が糊止めの場合、こじ起こして外します。木の引き手は割れやすいので注意して外します。
新しく付ける引き手を当てはめてみて、サイズが合っているか確認します。
施工方法

縁をはずす

3.薄い糊と、濃い糊を作る

平たい容器トレイに糊を溶きます。
茶ちり紙と、ふすま紙の真ん中部分は薄い糊を使用。
ふすま紙の隅の部分は濃いめの糊をつけて貼ります。  

ふすま紙を貼る

施工方法

茶ちり紙の部分補修

4.表面を整え補修する

新しいふすま紙を既存のふすま紙の上に貼っていきますが、貼ったときに収縮の加減があるので既存のふすまの四隅に軽く切れ目を入れておきましょう。
本ぶすまが破れている場合は、補修用の紙を破れた部分より一回り大きく作って濃いめの糊をつけて貼ります。
本ぶすまの骨が折れている場合は、クギや接着剤で補修します。
施工方法

ふすま紙を裁断する

5.ふすま紙を切る

ふすまの寸法を測り、巾・丈共に四方1cmずつ大きくふすま紙を切ります。
本ぶすまの裏側の裏紙も貼りかえる場合は、ふすま紙の貼り方と同じように、先に裏紙を貼ります。
施工方法

ふすま紙に糊を付ける

6.ふすま紙に糊をつける

濃い方の糊を、ふすま紙の裏側の周囲2〜3cmにつけていきます。写真の矢印のように濃い糊をつけていきます。真ん中の部分は、薄い糊をまんべんなく付けていきます。(裏側の裏紙を貼りかえる場合も同様)
施工方法

ふすま紙を貼る(写真は裏紙のとき)

7.ふすま紙を貼る

最初に本ぶすまの上の真ん中から貼っていき、本ぶすまの中央まで貼ります。次に、中心から外側に向けてはけを動かし、ふすま紙を貼りつけます。
端の部分がはみ出せばカットします。
施工方法

縁をはめる

8.縁をはめこむ

糊が乾いたら縁をはめこんでいきます。縁に書いた番号と本ぶすまの上下左右を確認して、まちがえないように注意しましょう。
あて木をし、叩いて縁をはめこんでいきます。
クギとあいている穴をあわせるようにして、上下の縁をはめ込んでいきます。
施工方法

引き手の穴をくり貫く

9.引き手の穴をくり貫く

引き手部のふすま紙を八つ切りにくりぬいて、新しい引き手を入れます。
施工方法

引き手に釘を打つ場合

10.引き手をつける

  • クギ止めの場合は、上にクギを入れます。クギが裏側から出てこないように叩いて入れます。次に下にクギを入れます。
    糊止めの場合は、木工用ボンドなどを引き手の裏側にぬり、はめこんでください。
  • 充分乾けば完成です!

ふすま紙 商品一覧はこちら>>
ふすまの引き手 はこちら>>
前のページに戻る