【西宮 苦楽園より】時代に流されることなく、纏う洋服も自分らしく可憐であり続けたい