ギフト選びのアドバイス

お香典お返しのマナー

◆香典返しって?

昔は不幸があったとき、親戚の人や近所の人々が物を持ち寄って故人の供養をしたそうです。現在では、それらの物が「香典」や「供物」にと形を変えてきましたが、悲しみに沈む遺族の方々を助け、励ますという気持ちの表れには変わりありません。遺族の方々は、こうした気持ちを十分にくみ取り、四十九日の忌明け後に「いただいたお香典により、無事法要を済ませることができました」とお礼を込めて丁寧にお返しを贈ります。

◆香典返しを贈る時期は?

<<仏式>>
七七忌(四十九日)の法要をもって忌明けを迎え、忌が明けるということから、忌明け後に、供物、供花、香典を頂いた方全員に、無事忌明けを迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げで五七忌(三十五日)をもって忌明けの法要を行うところもあります。

<<神式>>
一般的に、50日目の霊前祭(50日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その後にお礼の品を贈ります。なお、仏式同様に、3ヶ月に渡る場合は、切り上げて30日祭でも良いとされています。

<<キリスト教>>
本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。仏教でいう忌明けは、カトリックでは、30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念会となり、その後に記念の品を贈ります。

◆内祝いの目安額はいくらくらい?

一般的には半返しですが、亡くなられた方の社会的地位やお立場、先様の慣例などによって異なることがあります。お品は、銘茶、寝具、石けんなどが多く使われますが、最近では生活意識が変わり、必ずしもこれにこだわることはございません。

◆のし紙はどうするの?

香典返しは、宗教・地域によって異なります。どの宗教でも対応できる一般的なのし紙と表書きは、黒白結び切りの水引と、表書きにの上段に、下段に施主の姓(フルネームを書き入れることもある)といったものです。結び切りの水引には「簡単にほどけない=不祝儀が繰り返されないように」という意味合いが込められています。西日本では、黄白結び切りの水引のし紙を使うのが主流です。

法要お返し 人気No.5

NO.1

今治謹製
白織タオルSR2039

送料無料
税抜 2,000円

NO.2

ライオン
トップスーパーナノックス

30%OFF
税抜 2,800円

NO.3

掲載内容満載!
カタログギフト 5800円コース 安心保証付

税抜 4,050円

NO.4

味の素 バラエティ調味料ギフトセット<CSA-30>

税抜 1,800円

NO.5

今治タオル×香るお茶&和菓子詰合せ

税抜 1,800円

カタログギフトを贈る

→他のカタログから選ぶ

ブランドから選ぶ

予算から選ぶ

~999円

1,000円~1,999円

2,000円~2,999円

3,000円~3,999円

4,000円~4,999円

5,000円~9,999円

10,000円~