ホーム > 洗面化粧台

洗面化粧台メインメニュー

 

洗面化粧台購入のポイント

自宅の洗面化粧台の寸法を測る

横幅を採寸すれば同じサイズのものは基本的には入ります。
ほとんどの方が現在ある洗面化粧台と同じ幅を選びますが、スペースに余裕がある場合にはサイズを変更する方も。
主に幅600mmや750mmが主流。
家族の身長により使い勝手のいい高さに変更できる、洗面カウンターの高さが選べるシリーズもあります。

鏡の種類を選ぶ

  • 1面鏡

    1面鏡

    多くのタイプは鏡の両側に収納があり、幅の狭い洗面化粧台に多いタイプ。収納がなく全面1面鏡のワイドな1面鏡タイプもシリーズによってはあります。

  • 2面鏡

    2面鏡

    2つの鏡のタイプで片側、もしくは両側の裏に収納スペースがあるものもあります。

  • 3面鏡

    3面鏡

    幅の広いタイプは主に3面鏡タイプが多い。両側の鏡、もしくは全ての鏡の裏側に収納スペースがありとても便利です。

引き出しタイプを選ぶ

  • 開扉

    開扉

    リーズナブルなタイプ。開き戸を上けてものを収納するタイプですので日常使うものを収納するのには不向き。

  • 片側スライド

    片側スライド

    片側に引き出し、洗面ボウルの下は開扉のスタンダードなタイプ。日常使うものは引き出しに、日用品のストックなどには開扉を使うなど用途に合わせて使いやすい。

  • フルスライド

    全面スライド

    スッキリとしたデザインで見た目もよく、スライドするとひと目で収納物が見えて取り出しやすいのが特徴です。開扉だと奥のモノが取り出しにくいものがスライドだと取り出しやすく、便利。

設置工事もお任せ下さい!

 

工事費込がお得!グレード別ナビ

  • ベーシック
  • ベーシック
  • ベーシック
 

ベーシック

    ベーシック

    ページトップに戻る

     

    スタンダード

      スタンダード

      ページトップに戻る

       

      ハイクラス

        ハイスペック

        ページトップに戻る

         

        間口で選ぶ

         

        価格帯で選ぶ

        メーカーで選ぶ

        ページトップに戻る

        当店おすすめの人気シリーズ!

         

        リフォームもお勧め!

        • 工事費について

        • 工事費について

        ページトップに戻る

        さらに安心!延長保証

        有料延長保証の詳細はこちら

        ページトップに戻る