----- new balance ニューバランス -----

1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、
ニューバランス社は誕生しました。
足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解があってこそ
可能となる矯正靴の製造し、このノウハウをもとに、
60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始。
1972年、6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社を、一人の青年が買い取ります。
青年の名は、ジェームス・S・デービス。伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、
よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランス。
その機能性を優先したシューズづくりの姿勢は、この先も決して変わることはありません。