• 暖房器具 おすすめ&選び方!
  • 暖房器具 おすすめ&選び方!
暖房器具 おすすめ&選び方!

暖房器具 おすすめ&選び方!【2021年最新版】

2021.10.18

寒い季節に欠かせない暖房器具。 暖房器具といってもエアコンやヒーター、ホットカーペットなど様々な種類があってどれを買えば良いか迷ってしまいますよね。 暖房器具にはそれぞれの適材適所があって、適した使い方をすることで省エネ効果や電気代の節約が期待できます。 電気代が高くなりがちな冬はきちんとチェックしておきたいところ・・・。 そこで今回は、暖房器具の種類とおすすめ設置箇所や選び方をご紹介しますので、是非今年の暖房器具選びに役立ててください。

暖房器具の種類とおすすめ設置箇所

暖房器具にはエアコンやストーブ、ヒーター、ホットカーペット、こたつなどさまざまな種類がありますが、お部屋全体を暖めたりとメインの暖房になるものや、体の一部など部分的に暖めるものなど、それぞれの適材適所があります。 暖房器具は設置場所や使う目的を考慮して、選ぶのがおすすめです。

エアコン

手軽で安全性が高く、広範囲の暖房が得意!

エアコンのおすすめ設置箇所
お部屋全体
リビング・寝室など

オールシーズン大活躍のエアコン。暖かい風を送り込み、お部屋全体を暖められます。 ヒーターやストーブと違い給油が必要ないため手軽!さらに、やけどや発火の心配がないため、赤ちゃんのいるご家庭やお留守番中のペットにも安心!どんな方にもおすすめの暖房器具です。 電気代が気になるという方には省エネモデル、空気の乾燥が気になるという方には加湿機能や空気清浄の機能を搭載しているエアコンがおすすめです。

エアコン

畳数で探す

ストーブ

電気式は部分的に、石油(灯油)・ガス式はお部屋全体の暖房におすすめ!

電気ストーブのおすすめ設置箇所
部分的・狭い範囲
キッチン・脱衣所・トイレなど
石油(灯油)・ガスストーブのおすすめ設置箇所
お部屋全体
リビング・寝室など

ストーブには種類があり、「電気」、「ガス」、「石油(灯油)」に分けられ、それぞれ、得手・不得手があります。 電気ストーブは部分的に暖めるのが得意で立ち上がりも早いので、脱衣場やトイレなど、ちょっとだけ使いたい時に向いています。リビングなど広いスペースには、石油(灯油)ストーブかガス栓式のガスストーブがおすすめ。また、石油(灯油)ストーブやガスストーブのカセット式ものは持ち運びができキャンプやアウトドアにも最適!さらに停電時や災害時にも使えるため、いざという時に役立ちます。

ストーブ

ヒーター

種類の多いヒーターは用途別に使い分けるのがおすすめ!

電気・ハロゲン・カーボンヒーターのおすすめ設置箇所
部分的・狭い範囲
キッチン・脱衣所・トイレなど
石油(灯油)・ガス・オイルヒーターのおすすめ設置箇所
お部屋全体
リビング・寝室など

暖めたいお部屋や使い方によって、どのヒーターが向いているかが分かれます。 お部屋全体を暖めたい、メインの暖房にしたい場合は石油(灯油)ファンヒーターやガスファンヒーターがおすすめ。 脱衣所やトイレ、キッチンなど限られたスペースを素早く暖めるなら電気ストーブが向いています。 ハロゲンよりカーボンのほうが暖まるのが早いので、予算に余裕がある場合はカーボンがおすすめ。

ヒーター

ホットカーペット

足元を暖めてくれるホットカーペットは暖房の補助に最適!

ホットカーペットのおすすめ設置箇所
部分的・狭い範囲
リビング・寝室など

ホットカーペットはカーペットの中に電線を通して、電線に電気を通すことでカーペットを暖める暖房器具です。 多くの暖房と異なり、空間ではなく面を暖めるのが特長です。 「じゅうたんタイプ」「フローリングタイプ」「ホットマット・ホットクッション」の3タイプに分けられます。 ホットカーペットは、お部屋全体が暖まるメインの暖房器具ではないので、エアコンやストーブ、ヒーターなど、ほかの暖房器具と併せて使うのがおすすめ。

ホットカーペット

こたつ

冷えやすい足元を暖めて快適!電気代も意外と安い!

こたつのおすすめ設置箇所
部分的・狭い範囲
リビング・寝室など

日本に古くからある暖房器具のこたつ。こたつ布団を外せば、冬以外でもローテーブルやちゃぶ台として活躍してくれます。 こたつはこたつの中だけしか暖まらないことがデメリットでもありますが、その分消費電力も少なく、電気代が安くすみます。 お部屋全体を暖める、エアコンなどと併用して使うと寒い冬でも快適に過ごせます。 暖かくて快適なこたつですが、入ったまま寝てしまうと低温やけどや脱水症状を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

こたつ

暖房器具の選び方

電気代で選ぶ

チェックポイント
省エネモデル
エコモード

実は冬の電気代が1年の中でも1番高くなってしまう傾向にあります。 さらに、近年はテレワークや外出自粛のため、お家で暖房器具を使用する時間が長くなってしまい、ますます電気代が気になりますよね。 そんな方には省エネモデルの暖房器具やエコモードを搭載した暖房器具がおすすめです。 また、足元が暖まりにくいエアコンと足元を暖めるホットカーペットなど、暖房器具を併用して使うことによって設定温度を上げすぎることなく快適に電気代の節約ができます。

暖房器具の光熱費の比較

暖房器具 ランニングコスト 暖房スピード メンテナンス性 1時間の電気代※1 メリット デメリット
エアコン おもに10畳用(675W)
CS-UX282D2-W
約18.225円
1年中使える、火を使わない 初期費用・工事が必要
石油ファンヒーター 9~12畳
FH-G3221Y-S
[強]約5円※2
停電時、災害時にも使える 燃料の補給が必要
ガスファンヒーター 7~9畳
約3.78円※2
立ち上がりが早い、燃料の補給が不要 オール電化の家には不向き
電気ストーブ (250~1100W)
ERFT11YS-W
[強]約29.7円
即暖性に優れている 部屋全体が暖まらない
オイルヒーター 10~13畳(600~1500W)
RHJ75V0915-GY
[強]約40.5円
安全性が高く、空気を汚さない 暖まるのに時間がかかる、電気代が高め
ホットカーペット 3畳相当(700W)
DC-3HAB10-K
約18.9円
設置しやすく安全性が高い 部屋全体が暖まらない
こたつ 75×75cm(500W)
KTR-31210S
約13.5円
設置しやすく安全性が高い 部屋全体が暖まらない

※1 1kWhあたりの電気代を27円として計算しています「電気料金の目安単価」の改定に関する件|公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会から引用

※2 別途灯油代、ガス代が必要です。

速暖性で選ぶ

チェックポイント
立ち上がり速度
暖まるまでの速度

帰宅時や寝起きなどは早く暖まりたいし、風呂上りはヒートショックも怖い・・・。暖房器具の速暖性も選ぶためには見ておくと良いポイントです。 暖房器具にはそれぞれ、スイッチを入れてから立ち上がるまでの速度と、立ち上がってからの暖まる速度が違いますので、暖房器具を組み合わせて使ったり、用途によって使い分けるとより早く暖まることができます。

速暖性の目安

部屋全体を暖める暖房器具
  • エアコン
    すぐに温風が出て、部屋全体も比較的すぐに暖まる
  • 石油(灯油)ヒーター・ストーブ
    着火に少し時間がかかるが、着火後は部屋全体がすぐに暖まる
  • ガスヒーター・ストーブ
    すぐに着火し、着火後は部屋全体がすぐに暖まる
  • オイルヒーター
    中でオイルを暖めて放熱するため、部屋全体を暖めるには時間がかかる
体の一部など部分的に暖める暖房器具
  • 電気セラミックファンヒーター
    すぐに温風が出る
  • ハロゲンヒーター
    すぐに発熱する
  • カーボンヒーター
    すぐに発熱する
  • ホットカーペット
    暖かくなるのに少し時間がかかる
  • こたつ
    すぐに発熱する

適応畳数で選ぶ

チェックポイント
木造住宅
鉄筋コンクリート住宅

部屋全体を暖める暖房器具には「適応畳数」が記載されています。部屋に対して、適応畳数が小さいものを選んでしまうとパワー不足のため快適な温度になかなかならず、結果的に光熱費がかさむ要因になってしまいます。 木造住宅の場合の畳数、鉄筋コンクリート住宅の場合の畳数を確認して購入を検討しましょう。

適応畳数

エアコンの場合は上記のように「畳数:(暖房)11~14畳」とある場合は、木造住宅なら11畳、鉄筋コンクリート住宅なら14畳のお部屋向けという意味になります。 窓の大きなお部屋や北向きのお部屋など冷えやすい場所や、風通しが少なく熱のこもりやすい場所など、実際の畳数よりも大きいものを選ぶと失敗しません。

安全性で選ぶ

チェックポイント
チャイルドロック
安全転倒スイッチ
自動消火装置

暖房器具を扱っていて気を付けたいのが、火災や一酸化炭素中毒、低温やけどです。異変に気づきにくい、小さなお子様や高齢者・ペットがいらっしゃるご家庭は特に気を付けたいところ。 安全性が最も高いのが火を使わず、接触しない位置に設置するエアコンです。接触の可能性がある暖房器具はチャイルドロックや安全転倒スイッチ、自動消火装置など安全機能が備わっているものを選びましょう。。

デザインで選ぶ

チェックポイント
コンパクト
持ち運び

ストーブやヒーターなどの暖房器具といえばおなじみの四角いあの形。 近年は定番の形以外にも暖炉のような視覚的にも暖かみあるデザインのものや、クラシカルなデザインのストーブなどおしゃれな暖房器具が増えてきています。 家にいる時間が長い冬はおしゃれなデザインの暖房器具があると気分も上がりますよね。 また、従来よりコンパクトなサイズの暖房器具も出ておりますので、トイレなど小さい部屋に設置したり手軽に持ち運べたりと、デザイン性や機能面もアップしております。

デザインで選ぶ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はメインの暖房となる「部屋全体を暖める暖房器具」、補助的に利用する「体の一部など部分的に暖める暖房器具」に分けて暖房器具の選び方を紹介いたしました。 それぞれの暖房器具には特長があり、得手・不得手もありますので組み合わせて使うことより快適に冬をすごせます。 最近では省エネ性能や空気清浄など多機能なモデルも増えていますので、をぜひチェックしてみてください。

>>Joshin webのTOPページへ

▲このページのTOPへ