• キッチン・調理家電のおすすめ&選び方
  • キッチン・調理家電のおすすめ&選び方
キッチン・調理家電のおすすめ&選び方

キッチン・調理家電のおすすめ&選び方【2021年最新版】

2021.9.14

キッチン・調理家電といえば冷蔵庫はもちろん、電子レンジや炊飯器など日常生活に欠かせない家電ですよね。
毎日使う家電ということもあり、慎重に選びたいところ・・・。 最近では様々な機能が搭載されたモデルやキッチンをオシャレにしてくれるようなデザインのモデルなど多様なタイプがあり、どれが良いか迷ってしまいますよね。 今回は家電別でおすすめと選び方をご紹介いたします。

電子レンジ

チェックポイント
スチームオーブンレンジ
庫内容量
ターンテーブル

一般家庭向けの電子レンジは、大きく分けて「スチームオーブンレンジ」や「簡易スチームオーブンレンジ」「スチームなしオーブンレンジ」、「あたため専用電子レンジ」4つのタイプがあります。
普段から料理をする方におすすめなのが「スチームオーブンレンジ」です。 過熱水蒸気式という高温にした水蒸気で調理する機能がついた電子レンジです。過熱水蒸気式スチームは蒸したり、水蒸気で食材を焼いたり、温度管理の難しい低温調理が可能なモデルもあります。 さらに最近は時短調理機能やスマートフォンのアプリと連動するモデルも多く、お料理の幅が広がります。
また、電子レンジを選ぶ際には容量も必ずチェックしましょう。庫内の広さでは、よく使う食器の幅・奥行・高さが入るかどうかも重要なポイントです。
そして、ターンテーブルの有無も確認しておきましょう。ターンテーブルタイプの物は安価で温めだけのシンプルな機能の物が多いので一人暮らしの方にピッタリです。 ターンテーブルなしのフラットタイプのものは、掃除が楽な上に機能が豊富なモデルが多いです。料理の頻度が多い方はこちらがおすすめです。

メーカーの特長&機能

  • パナソニック
    ハイクラスモデルの『ビストロ』には高精細・64眼スピードセンサー×サイクロンウェーブ加熱が搭載!レンジで「とろみ」がつけられたり、「2品同時あたため」ができます。
  • シャープ
    「減る塩」と「ヘルシー」という言葉が由来のハイクラスモデル『ヘルシオ』はその名のとおり、過熱水蒸気で食品の内部まで素早く加熱するので、余分な脂や塩分が溶け出しカロリーダウン。「COCORO KITCHEN」搭載機種では、AI(人工知能)で音声操作が可能!
  • 東芝
    ハイクラスモデルの『石窯ドーム』には業界最高※1「350℃贅沢火力」!「庫内まるごと遠赤」※2で 遠赤外線を放射することで、食材の内側へもじっくりと熱を通せます。「ラウンド石窯ドーム構造」と「角皿スリット」により熱対流を庫内全体※2に行き渡らせ、ムラを抑えた焼き上がりが可能に。
    ※1 2019年6月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて。 ※2 扉部を除く
  • 日立
    日立のハイクラスモデル「ヘルシーシェフ」は食品の「重さ」と「表面温度」をはかって※加熱のパワーや時間をオートでコントロールしてくれる「Wスキャン料理」搭載。レシピにあわせて5種の加熱方法を使い、おいしく仕上げてくれます。
    ※ 食品の重さと温度(容器を含む)をはかります。加熱前の表面温度とメニューごとに規定した表面温度までの温度変化をみます。
電子レンジ

ジャー・炊飯器

チェックポイント
IH式
圧力IH方式
内釜
炊飯量

炊飯器を選ぶ際には、加熱方式や内釜の素材などがポイントになります。 加熱方式は、内釜の底をヒーターで熱する「マイコン方式」よりも、電磁力によって内釜全体を発熱させる「IH式」の方が火力が大きく、加熱ムラが少ないためおいしいご飯が炊けます。現在のトレンドは、IH式のさらに上位で、圧力をかけて100℃以上の高温で炊く「圧力IH方式」です。 また発熱性の高い鉄やステンレス、炭素、熱伝導性の高いアルミや銅などを組み合わせた熱効率の良い内釜がトレンドです。 他にも、炊き分け機能や糖質カット機能、蒸気レスなど便利な機能を搭載したモデルも増え、ハイクラスモデルだとスマートフォンと連携してくれる便利な炊飯器もございます。 機能面だけではなく炊飯器は炊飯量も選ぶ上で重要なポイントです。1~2人は3.5合炊き、3~5人は5.5合炊き、5人以上なら一升炊きがだいたいの目安です。 育ち盛りのお子様がいるご家庭や、少人数のご家族でもまとめ炊き&冷凍保存するなら目安より大きめがおすすめです。

メーカーの特長&機能

  • 象印
    象印の圧力IH炊飯ジャーは、ごはんのうまみと粘り&弾力を引き出す「圧力炊飯」が特長。最上位モデルの「炎舞炊き」は激しい対流を起こして一粒一粒を舞い踊らせ、ふっくらした炊き上がりに。高火力で甘み・うまみを一気に引き出します。「象印マホービン」の社名のとおり、保温機能も充実!新コンセプトの「STAN.」はデザイン性も高い!
  • タイガー
    タイガーの土鍋圧力IHは本物の土から出来た「本土鍋」が特長。ふっくら美味しい土鍋のご飯を手軽に味わえます!白米の他に、「雑穀米」「玄米」「麦めし」などメニューが充実している機種もあり、健康志向の方におすすめ!アイランドキッチンにおいても美しく見える「360°デザイン」を採用したモデルも。
  • パナソニック
    パナソニックの「鮮度センシング」搭載機種は乾燥&酸化しやすいお米の鮮度を「圧力センサー」で検知。鮮度に合わせた炊き方で「ハリ」と「甘み」のあるお米を実現!約50銘柄のお米を、それぞれの特性に合わせて「おすすめ」「かため」「やわらかめ」に炊き分け可能!羽釜の発熱性と竈(かまど)の蓄熱性を兼ね備えた「ダイヤモンド竈釜」を採用。
  • 東芝
    「真空ひたし」搭載モデルは内釜の中を真空に。お米の空気を抜いて、水を芯まで浸み込ませるので、浸しの時間や各コースの炊飯時間が短くなり、お米はふっくら甘く!また、真空保温では、酸化によるご飯の黄ばみや水分の蒸発を抑えます!真空技術で、玄米と白米の混合ごはんや玄米、麦などの雑穀ごはんも、においや乾燥を抑えながら保温できます。
  • 三菱
    上位モデルの「本炭釜KAMADO」は純度99.9%の「炭」を内釜に採用。炭の遠赤効果でお米の芯まで熱を伝え、ふっくら炊き上げます。炭の粉を固めて作る本炭釜は表面に細かい凹凸があり、コーティングが密着しやすいので、内釜でそのまま洗米OK!「高断熱」のかまど構造で、熱がごはんに行き渡り、みずみずしいおいしさを閉じ込めます!
  • 日立
    高火力・圧力・スチームが日立の炊飯器の特長。人気の上位モデル『ふっくら御膳』は、もちもちのご飯が炊ける「圧力スチーム炊き」に、内釜に「大火力沸騰鉄釜」を採用、炊飯中に蒸気を出さない「蒸気カット」、ご飯を24時間しっとり保つ「スチーム保温」を搭載。『おひつ御膳』は、炊飯器を土台から外してあつあつのご飯を食卓で楽しめます!
  • アイリスオーヤマ
    アイリスオーヤマは、お米の銘柄によって火力を調整しておいしく炊き分ける機能や、炊飯器がお米の重さを計測し水量を教えてくれる「量り炊き」、「カロリー計量モード」など、他のメーカーにない独自色の強い機能を搭載した炊飯器が人気。リーズナブルでコスパの良いモデルから高機能な上位モデルまで多数ラインナップ。
炊飯器

電気圧力鍋

チェックポイント
本体サイズ
容量
IH式
マイコン式
扱いやすさ

電気圧力鍋は、その名の通り電気を使って圧力調理ができる鍋です。 「圧力鍋」は、鍋の内部に圧力をかけることによって水の沸点を100℃以上に上げ高温調理を可能にしています。  内蔵された自動調理機能を使えば、時間のかかる煮込み料理なども、食材を鍋に投入するだけで、簡単に料理が完成します。
電気圧力鍋を選ぶ際にには、まず本体サイズと容量を確認しましょう。本体サイズが意外と大きいので置き場所の確認も忘れずに!
容量は「使用人数+1L」を目安に選ぶと良いでしょう。
電気圧力鍋ほとんどのモデルには、最適な温度と時間で自動調理する「自動メニュー」が付いています。多いものだと自動メニューが200種類以上あるモデルも!
また、加熱方式には高火力で細かい温度調節が得意な「IH式」とIH式に比べて加熱ムラがあるものの電気代を抑えることができる「マイコン式」などがありますので、こちらもチェックしておきましょう。

メーカーの特長&機能

  • アイリスオーヤマ
    電気圧力鍋も、さまざまな口コミサイトで高評価を獲得しています。2.2Lと4.0Lにはハイスペックモデルがあり、それぞれ自動メニューは65種と80種も搭載。 マットな質感で、洗練されたおしゃれなデザインも人気の理由です。
  • ティファール
    ティファールの電気圧力鍋「クックフォーミーシリーズ」は自動調理メニューの豊富さが特長で、「クックフォーミーエクスプレス」では、210種類ものレシピを内蔵し、液晶画面でレシピ選びから調理手順をナビゲーションしてくれます。
  • パナソニック
    現在展開している電気圧力鍋は1種類のみ。2019年には約10年ぶりにリニューアル した製品で、さまざまな口コミサイトで高評価を得ています。自動調理や無水調理、圧力調理、煮込み、低温調理に対応し、細かい設定も可能なことから料理初心者から上級者まで幅広く支持されています。
  • シロカ
    シロカの電気圧力鍋は、圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、温め直しができる、1台5役。人気の『SP-D121』は、2L容量で、1人暮らしのキッチンにも置けるコンパクトサイズです。
  • コイズミ
    展開する電気圧力鍋はマイコン式で、自動メニューや5段階の圧力調整、圧力なしの煮込み料理機能、タイマー機能、保温機能などさまざまな機能を搭載しています。圧力鍋が初めての方にもおすすめの、シンプルな操作と充実の機能、リーズナブルな価格で人気です。
  • 象印
    象印の電気圧力鍋は、現在「自動圧力IHなべ 煮込み自慢』のみ展開しています。多機能な中、最大の特長が150種類のメニューのうち50種もの予約調理に対応していることです。予約調理は最長12時間まで予約でき、調理後は自動保温に切り替わります。朝出かける際にセットして、帰宅したときには出来上がっている予約調理は、働く方に人気の機能です。

他にもあります!おすすめの電気調理鍋

圧力調理機能はないものの、電気調理鍋のジャンルで話題の「シャープ ヘルシオ ホットクック」を紹介します。操作性や簡単さはもちろんですが、料理の仕上がりと味も高評価で、ホットクックを使ったレシピ本も多く販売されています。 ホットクックは、水を使わずに(使っても少量)食材の水分や脂だけで調理をする「無水調理」を行う電気調理鍋です。自動メニューは煮込み料理だけでなく、パンやお菓子、ヨーグルトまで多彩。食材を切って鍋に入れるだけで、食材のかきまぜや火加減を調整しながら自動調理します。また、食材の衛生面に配慮しながら最大15時間の予約調理が可能です。
電気圧力鍋

ホットプレート

チェックポイント
付属プレートの種類
加熱・熱源の種類
お手入れのしやすさ
収納性

おうち時間が増えたことにより、ますます需要が高まっているホットプレートは、焼き肉やお好み焼き、ホットケーキ、たこ焼きなど手軽に料理を作れるとても便利な調理家電です。 プレートは定番の焼きそば、お好み焼きなどが作れる「平面プレート」、焼肉にピッタリな「波型プレート」と「穴あき型プレート」などがあります。他にはスチーマーがセットできるホットプレートなら、蒸し料理も楽しめます。 加熱・熱源の種類は4種ほどあり、定番の「ヒーター式」や細かな温度調節ができる「IH式」。炭火焼きのような仕上がりになる「赤外線式」。ガス式のホットプレートは電気が使えない被災時にも使えるので、1つもっていれば安心の家電です。 他にはサイズやお手入れのしやすさ、収納性もチェックしておきましょう。

メーカーの特長&機能

  • 象印
    象印のホットプレートは、遠赤トリプルチタンセラミックコートが施されているプレートが中心です。3層構造のため傷つきにくく、丈夫で長持ちなのが特長です。モデルによってワイドプレートや深型プレートなどがあり、収納しやすい樹脂製収納ホルダーなど機能も充実しています。
  • タイガー
    タイガーのホットプレート「これ1台」シリーズでは、縦置き収納可能で後片づけがラクラク。使いやすさ、便利機能が特長です。
  • ブルーノ
    まるで海外のおうちのキッチンにありそうな、かわいらしいデザインが魅力のブルーノ。ビビッドなレッドや優しいグリーンなど、他のメーカーにはない色使いも魅力です。コンパクトなサイズが多いのも特長です。
  • パナソニック
    パナソニックのホットプレートはヒーター式とIH式があります。保温機能や静穏機能など、使いやすさをアップする機能が充実しています。
ホットプレート

冷蔵庫  野菜室 / 冷凍・保冷

チェックポイント
鮮度をキープする技術
微冷凍
急速冷凍

冷蔵庫を選ぶ際に気を付けたいのが設置場所や容量、扉の開閉方向ですが、さらに注目していただきたいのが、冷蔵庫の野菜室の鮮度をキープする技術や保冷・冷凍の技術です。
野菜をまとめ買いすると日を追うごとに鮮度もおいしさも下がってきて、最終的に傷んでしまうことってよくありますよね。 シャープの「雪下シャキット野菜室」なら、野菜のみずみずしさを保ちながら、甘みを引き出してくれますよ! その他にもパナソニックの「Wシャキシャキ野菜室」や三菱の「朝どれ野菜室」など、各メーカーで野菜のおいしい状態を長い間キープできる機能が搭載されています。
保冷・冷凍の技術は業務用並みの急速冷凍で美味しさをキープしたり、完全に凍らせない微冷凍ですぐ調理できるなど、モデルによって様々な冷凍方法が搭載されています。 人気は「微冷凍」。冷凍庫より高い温度で食材を冷やすことで、鮮度は保ちつつ解凍時間が少なくて済みます。 仕事終わりの料理の時短につながり、買い物の手間も省けるので共働き世代には特にうれしい機能です。 そのほか大容量、急速冷凍など、メーカーやモデルによって違いがあるので、チェックしておくとお料理の時間がグッと楽になりますよ!

メーカーの特長&機能

  • パナソニック
    「おいしい7days」をコンセプトに、約1週間分、食品をまとめ買いして、おいしく保存するのにおすすめモデルが充実。また、家族用から一人暮らしモデルまで幅広いラインナップを備えています。 上位モデルは、業務用レベルの急速冷凍を実現「はやうま冷凍」や水腐れや乾燥、老化を抑制する「Wシャキシャキ野菜室」を搭載。どちらも美味しさや鮮度を長持ちさせるまとめ買いのご家庭には嬉しい機能です。 アプリ「Cool Pantry」では省エネサポートや製氷状況の確認などが行えます。
  • 日立
    日立の最新モデルは引き出しをお好みに切り替えれられる「ぴったりセレクト」を採用。まんなかの引き出しを「野菜」「冷凍」「冷蔵」に切替られるので、使い勝手のいい一台に。 また、低めの温度と最適な湿度で食品をおいしく保存する「まるごとチルド」や 「特鮮氷温ルーム」で生鮮食品を長持ちさせる技術を搭載。
  • 三菱
    おなじみの「切れちゃう瞬冷凍」は解凍なしでスグに使える時短にうれしい機能!必要な分だけ使うことができるので、ソースや調味料を作り置きすることも可能です。 また、氷点下ストッカーではお肉やお魚を冷凍せずに長く保存。どちらも最新モデルはAIが学んで最適な状態に! 幅60cm以下のスリムタイプが充実しているので、キッチンをスッキリさせたい方に人気です。
  • 東芝
    東芝のべジータはチルド機能が充実。 「うるおい冷蔵」で乾燥を防いで風味と食感をキープ、うすい氷で食材全体を包み込む「氷結晶チルド」で鮮度を保ちます。 ブランド名通り、野菜室の機能も充実。「もっと潤う摘みたて野菜室」では野菜の鮮度をしっかり守ってくれます。 大容量はもちろん、小家族や一人暮らしにうれしい容量も充実。アプリでは食材のリストを管理できるので日々のお買い物にも便利です。
  • シャープ
    たっぷり入って、サッと取り出せる「メガフリーザー」や、みずみずしさをしっかり保って、野菜のおいしさを守る「雪下シャキット野菜室」、浮遊菌、付着菌を除去し、清潔保存する「プラズマクラスター」など、家族のことを第一に考えた基本機能が充実。 最上位モデルはAIがレシピはもちろん、特売情報も教えてくれる「COCORO KITCHEN」搭載!煩わしい家事をお手伝いしてくれます。マンションなどで、設置スペースが限定される場合は、動線が確保しやすい「どっちもドア」採用モデルがおすすめです。
冷蔵庫

あると便利なおすすめのキッチン・調理家電

ここからは、あると便利なおすすめのキッチン・調理家電をご紹介いたします。 ご家庭の状況やライフスタイルによっては必需品!というものもあるでしょう。
特にトースターはパンをおいしく食べたい!という方には必需品です。パンをおいしく焼き上げてくれること以外にも、揚げ物のあたため直しやお菓子作りに便利です。
パン作りをするという方にはホームベーカリーがあると、重労働な捏ねの作業や発酵を作業を任せられるので一層パン作りが楽しくなること間違いなしです。
また、赤ちゃんや小さなお子さんのいらっしゃるご家庭は、離乳食作りにミキサーやフードプロセッサー、ブレンダーがあると食材のみじん切りやすりつぶしがあっという間にできるので非常に重宝しますよ! その他にはコーヒーをよく飲むという方、テレワークでお家時間が増えたという方には、コーヒーメーカーがおすすめ。お家で手軽に本格的なコーヒーが楽しめて気分転換にもピッタリです。ぜひチェックしてみてください。

商品の特長&機能

  • トースター
    トースターは主に3種類。 王道の「オーブントースター」に、狭いスペースに配置できて焼きあがるとパンが飛び出す「ポップアップ型トースター」、2枚の食パンをはさんで焼き上げる「ホットサンドメーカー」に分けることが出来ます。
  • ホームベーカリー
    ホームベーカリーは材料を投入するだけで簡単に自宅でおいしいパンが作れるアイテムです。パンを焼くだけではなくお正月に欠かせないお餅をついてくれる機能を備えたものもあります。その他にも麺類やピザ生地などを作ってくれたり、米粉パンなどアレンジパンメニューを備えたモデルも!
  • ジューサーミキサー
    スープやスムージーや果汁100%ジュースを作りたいという方は「ジューサー」や「スロージューサー」、「ミキサー」が便利です。 ジューサーミキサーには2タイプあり、食材をそのまま攪拌するタイプは栄養丸ごと摂りたいという方に。食材を液体と繊維に分けてジュースを作るタイプはさらさらのジュースがお好みの方におすすめです。
  • ミルサー
    ミキサーやフードプロセッサーよりもさらに細かく、攪拌・粉末状にできるのが「ミルサー」。ジュースが作れるのはもちろんコーヒー豆を挽いたり、ふりかけなども作れます。
  • フードプロセッサー
    フードプロセッサーはジュース作りはもちろん、みじん切りや肉のミンチなども得意です。離乳食作りなどにも活躍してくれます。
  • ブレンダー
    ブレンダーも食材の攪拌やジュース作りが得意。特にハンドブレンダーはつぶす・混ぜる・刻む・砕く・泡立てるなどができるマルチなタイプはお料理作りに1台あるととても便利です!
  • ハンドミキサー
    菓子作りをよくするという方には「ハンドミキサー」があるととってもはかどります。きめ細やかなメレンゲ作りやホイップがあっという間にできます。ケーキ作りのクオリティも格段に上がるので、お菓子作りが好きな方は要チェックアイテムです。
  • コーヒーメーカー
    コーヒーメーカーには「ドリップ式」「カプセル式」「全自動」「ミル機能付き」などの種類があります。ドリップ式は挽いてある豆からコーヒーを淹れるタイプ。全自動とミル機能付きタイプはコーヒー豆を挽いてから淹れるので、挽きたてのコーヒーを楽しみたい方はこちらがおすすめです。カプセル式ははコーヒー以外にも紅茶やココアなどさまざまなドリンクを手軽に楽しめます。
あると便利なキッチン・調理家電

まとめ

今回はキッチン・調理家電のおすすめ&選び方をご紹介しました。 キッチン家電は使う人の生活スタイルや好みによって選ぶポイントが大きく違います。 近年は時短機能や食材をよりおいしくさせる機能を搭載したモデル、AIを搭載したモデルなど選ぶ要素が格段に増えました。 メーカーごとにもこだわりの機能や特長があるので、それをふまえてじっくり選んでみてください。

>>Joshin webのTOPページへ

▲このページのTOPへ