新品仕上げサービス概要

JNJでは、新品と見分けがつかないようなユーズドジュエリーをお客様にお届けするために、徹底した厳しいチェックフローをおこない、ひとつひとつのジュエリーに対して、“新品仕上げ加工”を施しております。

ジュエリーの全体のチェック

ジュエリーの全体のチェックし修正する箇所をマーキングしていきます。
指輪は、芯金に差し込み、歪みや曲がりなどの調整をおこない、 ジュエリー全体のバランスを整えていきます。

爪の確認

宝石(ダイヤモンドなどの石)を留めている爪のチェックを行います。
緩んだ爪を叩いて留め直したり、破損・地金が消耗している爪は取り替えます。
飾り石で破損している石は交換します。

キズ取り 磨き仕上げ

ジュエリーの地金部分のあるキズ・へこみは地金を盛ったあとにへらでならすなどし、 リューターをかけたりして表面をならします。
また、ビニールバフ、板バフで全体を磨いたりします。

部品交換 検品

壊れた部品交換、汚れを落とす洗浄などをおこない、 最後はルーペを通すなど、 場合によっては顕微鏡で石止め検品を行います。