革について

”日本最高峰の栃木レザー”

化学薬品を一切使わず、ミモザの樹皮から抽出されるタンニンを用いた世界的にも希少なタンニン鞣し。160ものピット層に順に漬け込み、繊維を潰さないようじっくりと時間をかけ、繊維の奥までタンニンを浸透させて鞣す栃木レザー拘りの製法です。3カ月かけて原皮の段階から20以上の工程を経て皮から革へと昇華し、耐久性のある質の高い美しい革へ生まれ変わります。

年月を重ねる毎に変化する、生きた革。 本物だから味わえる、個性と表情。

表面に分厚い塗装を施すのではなく、革の芯まで染料を浸透させた革は、手で触れ、使うことで色艶が増していきます。ナチュラルな革だからこそ見られる血筋痕やシワ。繊維の密度の違いで生まれる色の濃淡や使っていくと付くキズも、たった一つしかない個性として楽しんでほしい。使い込むほどそれらは馴染み、経年変化とともに熟成され、味となり、その人だけの革になります。自分だけの味わい深い表情に変化することが革本来の魅力です。

世界に一つしかない革の個性を楽しむ。 だからこそ 革本来の表情は避けずにお作りします。

匠たちが手間暇かけて作り上げた一級品の革。私たちはその大事な革を引き継ぎ、余らす事なく使うよう心がけ、HUKUROの職人が一つひとつ丁寧にお作りしています。これからレザーアイテムを使い始める方にも素材そのものを感じていただき、本物の革の魅力を楽しんでいただければ幸いです。

革の表情や個性について(必読)

HUKUROについて

ブランド名に込めた想い

HUKUROというブランド名には「福路」いう意味があります。全てのアイテムに入ったブランドロゴの刻印。それは私達が作った証として。そして、使う人に「福路でありますように」という願いが込められています。

アイテムに込めた想い

私達が作るアイテムは少しでも喜んでお使いいただける様、機能性やデザインを追求しカタチにしています。使う人を想い、出来上がるHUKUROアイテムはここでしか手に入らない物ばかりです。

*類似品にご注意ください

包装について

当店では通常、写真のような包装でお届けしております。 特別なギフトラッピングは行っておりませんので、予めご了承くださいませ。

※写真は包装の一例です。
※包装のご指定はいただけません。予めご了承ください。