ひだまりコラム

第1回 空気を暖めるのではない暖房機ってどういうこと?
第2回 電磁波が出ているか心配です…
第3回 普通の暖房機とは、ココが違う!


第3回 普通の暖房機とは、ココが違う!

サンラメラは、普通の暖房機とは違う新感覚の快適暖房機です。

よく勘違いされることがあるのは、快適な温風を感じることができるとか、今までのストーブのように、即暖まるというような感覚でご購入をいただくと、「おや、あまり暖かくないぞ!」とお感じになる場合がございます。その原因は、従来の暖房機ではない新感覚の暖房機であることをご理解 いただけていないことにあります。

寒い朝に、普通の暖房機にスイッチを入れれば、我慢すること5分もあれば、「あったかくなってきた」といいながら、その暖房機のそばを離れたくないということになりませんか?
でも、30分、1時間もたつと、一旦ここで、換気をしておかないと、空気は乾燥し、空気も濁ってくるので、体調を崩す原因になってしまいます。 灯油ストーブやガスや電気を使ったファンヒーターでは、これは不可欠です。 睡眠時に電源入れて寝てしまったら、のどが痛くなったりもします。

それに対して、このサンラメラは、普通の暖房機によって引き起こされる体調不良の心配はございません。 空気を汚しませんから、換気は要りません。これは、とっても喜ばれる点なのですが、もっとも大切なことは、サンラメラがどうして、快適な暖かさを提供してくれるかなのです。

サンラメラのメーカーの事務所では、10月からサンラメラの電源が切れることがありません。それは、いつも一定の温度にお部屋を保つためにそうなっています。 お正月休みも、なんと誰もいなくても付けっぱなしだったんです。だから、いつもお部屋は、春のような暖かさを保っています。日だまりの暖かさは、こうして生まれたのです。サンラメラでいったん暖まったら、その暖かさが継続していくのです。ある小児科医の先生が、最初は、イライラする人がいるそうですが、その温かさを感じた途端、「そうだったのか!こういうことだったのか!」となることがあるという話をしておられました。暖まるまでの時間を少しお待ちいただければ、これがサンラメラの良さなのかと分かってもらえるはずです。
もちろん、火事の心配が要らないサンラメラだからできるスゴ技です。これまでの暖房機なら、とっくの昔に火事になるか、ならなくてもお部屋の中は大変な臭いでしょうね。 灯油だったから、燃料切れで大変なことになってしまいます。

サンラメラは、まさに夢の暖房機です。
電源切らずに、付けっぱなしができる画期的な暖房機です。 遠赤外線は、健康器具にも利用されているものでもあるので、お部屋は健康空間になってしまいます。
ぜひ、寒さを忘れさせてくれるサンラメラをこの冬にぜひ実体験してみて下さい。