サンラメラと他社製ヒーターとの違い

サンラメラの『欠点』

品質に自信があるからこそ、あえて欠点を申し上げます。

  1. 電気代がかかる
    昼も夜中も一日中使えるサンラメラは、どうしても電気代がかかります。他の暖房手段でも一日中使えば、かなり電気代はかかるのですが、心地よい暖かさを保ってくれるサンラメラは、エアコンのように乾燥したりしないし、頭がクラクラするような暖め方をしないので、ついついずっと使いたくなるかもしれません。遠赤外線は体にも良いので、できれば長時間使われることを推奨はしていますが、不要な時は電源をオフしたり、まずはエアコンで部屋を暖めたりしていただくと、ある程度節電も可能です。

  2. 故障する
    手作りに近い特殊な製造法の為、故障率が少し高いのは確かです。そのため、内部の故障に限り1200型、600型で5年間、保証書の記載に関わらず無料で保証する内規を設けています。

    故障のことなら下記の窓口で承ります。まずはご相談下さい。保証期間もサンラメラの製品番号(本体裏に記載)が分かれば、すぐお調べできます。

    サンラメラ修理センター 0120-63-2181
    平日10時〜17時(定休は土日祝)

  3. 乱暴に扱うと割れる
    セラミック板とは、陶器のお茶碗と同じものだと思ってください。お茶碗は、乱暴に扱ったり落としたりすれば割れてしまいますよね。サンラメラの発熱体はセラミック板に焼き付けしてあります。くれぐれも乱暴に扱わないよう、注意して下さいね。
    なお、 割れた場合はセラミック板と交換となり、修理代金がかかります。修理費用をお支払い頂いた場合は、修理日から数えてさらに、一定期間を保証しております。

    修理費用は破損状況により異なります。まずはお電話下さい。

    サンラメラ修理センター 0120-63-2181
    平日10時〜17時(定休は土日祝)

  4. じっくりと暖かく
    エアコンや石油などの暖房機に比べると速暖性があるわけではありません。もちろん、サンラメラの前にいると暖かさは感じられますが本来の遠赤外線の良さを部屋全体に感じるには、1時間〜数時間かかる場合がございます。
    寒冷地や、戸建、冷気が入りやすい部屋などは、他の暖房機との併用をオススメいたします。サンラメラは暖房能力以上のお部屋だと暖かさを十分に感じることはできません。

  5. 少し高価かな
    確かに他の暖房機に比べると少し高価ですが、その分の価値があるもの確かです。室内温度上昇の抑制など、値段が高い分、それに見合うだけのメリットがサンラメラにはあります。
    安価な暖房機を何度も買い換えるよりも、本当にいい物を長く使っていただきたいと考えております。サンラメラはリピーターが多いことも商品の良さを実証していると思います。



    【サンラメラ本体が故障した際の連絡先】
    ●(株)アイエフ (製造元)/サンラメラ修理センター
    フリーダイヤル:0120-63-2181 もしくは、TEL:03-3638-2181
    FAX:03-3638-2185

    ※サンラメラのオリジナルガードについてはメーカー保証対象外ですので、不良品等は弊社までご連絡下さい。
    【オリジナルガードに関する連絡先】
    ●サンラメラ専門店/運営:アイゾーンジャパン(当店)
    TEL:06-6647-2955
    FAX:06-6647-9688

    欠点のない暖房機はない。機械ですから、それは当然のことですよね。しかしながらサンラメラには、欠点を上回る価値があります。また、お使い頂く際も、欠点を理解して、より長く使っていただきたいと思い、このように欠点を申し上げさせていただきました。サンラメラという最高の暖房機を、みなさまがより長くお使いいただけるよう、こちらでもサポートさせていただきます。
    お困りの際は、お気軽にご相談くださいね。

<< 4.ファンヒーターとの違い