第28回(平成9年)長崎県特産品新作展 最優秀賞受賞

長崎角煮まんじゅうの誕生

長崎独特の卓袱料理。そのフルコースのなかの一品、東坡肉(とうぽうろう)を「もっと手軽に」「よりおいしく」と願い、"長崎角煮まんじゅう"の名で誕生させたのは当店の初代、岩崎博孝です。
この"長崎角煮まんじゅう"を私たちは大切に育ててきました。
角煮に適した豚肉を、日本はもとより世界各国から探しました。求める豚肉は、餌、水などが良い環境であること、衛生面や安全性に優れていること、岩崎本舗専用の豚バラ肉を生産してくれること。そのすべてをかなえたのが、チリの〔アンデス高原豚〕でした。
化学調味料を使わず、丹念に、時間をかけて「だし」のうま味を染み込ませ、その角煮をふわふわの生地に挟み込んでいます。

商品はこちら

探し求めた豚肉
角煮まんじゅうのこだわり

角煮に使用している豚肉は、特別に仕入れをしています。
メスの豚肉を使用することで臭みが出にくくなることを発見し、世界中を探し回り、10年かけてようやく出会ったアンデス高原豚のメスのみを使用しています。
そして、赤身と脂身のバランスを判断した上で、1日におよそ1万個もの豚肉を1つ1つ人の手でカットしています。
化学調味料不使用の秘伝のたれでじっくり煮込んだ豚バラ肉を、独自の小麦粉配合により、ふわふわに仕上げた生地にはさみ込みました。

詳しくはこちら

食品衛生管理手法の国際規格、
SGS HACCPの認証を取得・継続。

2003年:食品安全のための予防システムHACCP(ハセップ:危害分析重要監視点承認制度)認証取得を前提としたレベルの工場を建設。
2004年:長崎角煮まんじゅうに対するSGS社のHACCP認証を取得し、現在も継続しております。
食品の安全性を更に高めるため、X線異物検出機の採用をはじめ何段階ものチェック体制等、徹底した管理強化を行っています。

詳しくはこちら

ご自宅用ランキング

ご贈答用ランキング

おすすめ商品