目次
食器特集

食器特集 料理を彩る器

Introduction1
食器の役割
味はもちろんのこと、料理は見た目も大事です。
せっかく美味しく作れた料理、上手に盛りつけて、より一層「美味しそう!」に見せたくないですか?
見た目がキレイだと、ますます食欲をそそるはず!

大好きな人に「美味しそう!」って言ってもらえたら、とっても嬉しいですよね。
Introduction2
最近では美しく盛りつけた料理の写真を、Instagramに投稿することも流行っています。 たくさんの人に見てもらえると、料理をするのがもっと楽しくなるかも♪

そんな「盛りつけ」で、大事なポイントになってくるのが「お皿」です! どんなお皿に、どんな風に盛りつけるか…。ちょっとこだわるだけで、美味しさ倍増です。

当店ではオシャレなお皿を多数取り扱っていますので、「盛りつけ」に関するポイント、コツと一緒にご紹介します!

ピックアップ!注目の食器

スタッフおすすめの食器

人気ランキングTOP4

人気の食器をご紹介

洋食器

和食器

Content


商品一覧

商品一覧


柄あり・華やかな食器

柄あり・華やかな食器

シンプルな素材も華やかに演出する、絵柄のある食器です。

マラケシュシリーズ

マラケシュ

シックで落ち着いたオリエンタル模様が、異国へといざなうかのような器。
ほんの少しだけ、非日常を演出したいときにもおすすめです。
シリーズを全部見る
インディゴシリーズ

インディゴ

白と青の色合いが可愛らしく、ドット柄とストライプ柄がモダンな雰囲気のシリーズ。
和にも洋にも、いろんな料理に合わせやすい。
シリーズを全部見る

無地・シンプルな食器

無地・シンプルな食器

どんな料理にも合う、料理を引き立てるシンプルな食器です。

フォルテモアシリーズ

フォルテモア

軽いのに割れにくい強化磁器で、扱いやすさがバツグン!
コーディネートしやすく、料理を引き立てる定番人気のホワイトです。
シリーズを全部見る
SWIRLシリーズ

スワール

曲線が描かれたフチの部分はマットな質感、料理を盛り付ける部分は光沢のある仕上げ。
適度な余白を演出して料理をスタイリッシュに魅せます。
シリーズを全部見る

木製・木製風食器

木製・木製風食器

あたたかみのある、ナチュラル感が魅力の木製食器。

和食器・和柄

和食器・和柄

色やカタチが多彩な、色々な風合いを楽しめる和の器。

関連カテゴリを見る


割れにくい食器

割れにくい食器

割れにくいから扱いやすい、小さなお子様のいるご家庭にもおすすめの食器。

ガラス食器

ガラス食器

透明感が美しく、料理をより魅力的に、オシャレにするガラス食器です。

グラス・その他

グラス・その他

グラスやカトラリーなど、お皿以外にも色々な食器がそろっています。

関連カテゴリを見る


食器の知識

食器の知識

和食器と洋食器の違いとは?
和食器と洋食器の違いとは?
皆さん、和食器と洋食器の違いってわかりますか?
なんとなく違うことはわかるけれど、具体的に挙げるとなると悩んでしまう方もいるかもしれませんね。
まず和食と洋食の文化の違いとして、和食はお皿を手に持って食べることが挙げられます。
普段気にすることはない、この「持って食べる」という文化は、実は世界的に見るととても珍しいのです。
そして、そこから生まれた違いが「重さ」です。
食器を持って食事をする「和食器」は軽量に設計されていますが、それに比べると手に持つことがマナー違反とされる「洋食器」は、重くなっています。
洋食器はナイフとフォークを使うため、器が傷つきにくい陶磁器が使われることが多いことも由来しているかもしれません。
和食器の魅力
和食器の魅力
持って食べる「和食器」は、手にとって質感や形、色を楽しむという趣を重視しています。
そのためセットでそろえる必要はなく、好きなお皿を好きに選んだり、料理に合わせて様々な要素を楽しめます。
洋食器の魅力
洋食器の魅力
「洋食器」はテーブルに並べた時の統一感を重視しています。
お客様をおもてなしするパターンも多いことから、個人用のお皿というよりも誰でも使えるように同じ種類でそろえ、セットで並んだ際のテーブル上の美しさを楽しめます。
最近では洋食に合う和食器も、和食に合う洋食器もありますが、
こうした文化の違いからくる「食器のあり方」を意識してみると、
より食器を選ぶのが楽しくなりますね!
洋食器の基本アイテム
和食器の基本アイテム

盛り付けのテクニック

盛り付けのテクニック

美味しく作った料理を、さらに美味しく見せるために!
写真映えも狙える盛り付けテクニックをご紹介します♪
テクニック1.余白
ポイント1. 余白
器に出来る「余白」は、料理の見た目にはとても重要。お皿の上を料理が占める割合で、見た目の印象はガラッと変わります。たとえばお皿に対して料理を控えめに盛り、余白をたっぷり取ると、空間を贅沢に使った印象となり上品さと高級感が出ます。特別な日のおもてなし料理などの場合にオススメです。
その余白に、ソースやオリーブオイル、果物などを散らして飾ると、オシャレなアクセントに。
テクニック1.余白
反対に、お皿いっぱいに盛り付ける場合は、親しみやすさの演出にもなるのでみんなでワイワイするカジュアルな場面にぴったり。
リラックスした賑やかな場では、豪快に盛り付けちゃいましょう!
テクニック2.色彩
ポイント2. 色彩
食欲を促す効果のある「彩り」も、盛り付けには欠かせない重要な要素です!
基本には赤、黄、緑がバランス良く配色されていること。それだけでグッと印象が華やかになります。
茶色い肉類には野菜で色を添えたり、料理だけだとちょっと質素になってしまった…なんてときには、柄のあるお皿を使って色をプラスするという手もありますよ。
テクニック3.立体感
ポイント3.立体感
料理に立体感、ボリューム感を出すことで、華やかに見えます。平らに盛るのではなく、ちょっと真ん中にまとめて高く盛る、を意識すると立体感が出ます。
他にも、ディップなどを小鉢に入れてプレートと重ね使いしたり、付け合せの野菜を重ねて高さを出すのも良いですね。
テクニック4.料理に合わせた器を
上記3ポイントを押さえつつ…
料理に合わせた器をチョイスするのも大切です。
どんな料理にどんな器を使うか。そこがセンスの見せ所ですよね。
涼しげな料理なら透明なお皿を使うとより爽やかになったり、小分けにするのに小鉢を使ってオシャレにしたり。
白い器でエレガントに。料理がシンプルなら柄の入ったお皿で華やかに。ワンプレートでカフェ風にしたり…。
どんな盛り付けをするか、ワクワクしてきませんか?
いかがでしたでしょうか?
是非あなたのアイデアで、美味しい料理をもっとステキに演出してみてくださいね。

戻る

ページTOPへ戻る

ページトップ