目次
フライパンの選び方

フライパンの選び方

フライパンって、とにかくいろんな種類がありますよね。
ついつい何となく…で選んでしまう方も多いはず。
実は、コーティングや材質などによって、機能や利点がかなり違うんです!
他にも、信頼性の高いブランド製フライパンや、あっと驚く便利なフライパンをご紹介。

フライパン どうやって選ぶ?

お役立ちコンテンツ


材質から選ぶ

材質から選ぶ

ひと言にフライパンと言っても、様々な材質のものがあります。
素材によって適した調理方法があり、お手入れ方法やメリット、デメリットもそれぞれです。
用途に合わせて、複数のフライパンを使い分けるのも◎。

鉄製フライパン

「鉄のフライパン」といえば、プロの料理人も使用する本格的なフライパンです。
熱に強く、強い火力で短時間に調理でき、使えば使うほど油が染みこんで、料理がより美味しく作れるようになります。 耐久性も高いので、上手に使い続ければ一生モノのフライパンです。

おすすめフライパン

鉄製フライパン を見る ▼

フッ素樹脂加工

くっつきにくく調理しやすいのが特徴の、フッ素樹脂加工フライパン。
汚れが落としやすくお手入れも簡単、更に比較的安価なので、最近ではもっとも普及しているフライパンではないでしょうか。 よく耳にする「テフロン加工」は、米国デュポン社のフッ素樹脂「テフロン」でコートされた商品をさす言葉です。

おすすめフライパン

フッ素樹脂加工フライパン を見る ▼

マーブル・ダイヤモンドコート

フッ素樹脂に大理石(マーブル)の粒子を混ぜてコーティングしたものを「マーブルコート」、人口ダイヤモンドの粒子を混ぜてコーティングしたものを「ダイヤモンドコート」と呼びます。
固い大理石やダイヤモンドの粉を混ぜてコーティングすることによって、通常のフッ素加工フライパンより耐久性を高めています。

コーティング豆知識

おすすめフライパン

マーブルコート を見る ▼ ダイヤモンドコート を見る ▼

セラミックコート

表面加工にセラミック粒子を使用することにより、焦げ付きにくさや手入れのしやすさはそのままに、耐久性も高いセラミックコートフライパン。 耐熱温度が高く、熱伝導性にも優れているため、弱火~中火でも短時間で温まり、すばやく調理ができます。

おすすめフライパン

セラミックコートフライパン を見る ▼
サイズから選ぶ

サイズから選ぶ

フライパンを選ぶ基準として、サイズも重要な要素ですよね。
何人分の料理をしたいか、収納場所にちゃんと収まるサイズか等、考慮すべき点は色々あります。
また、用途別にサイズの違うものを用意するのも便利かもしれません。


便利な機能付き

便利な機能付き

忙しい朝のお弁当作りに役立つ時短アイテム、着脱式ハンドルのフライパンなどのちょっと便利な商品に加え、 魚用専用グリルや卵焼き器など、手軽においしく作れる専用フライパンをご紹介。

機能・タイプから選ぶ


ブランドで選ぶ

ブランドで選ぶ

毎日使うフライパン。やっぱり良いものが欲しい!高品質のフライパンを使いたい!という方へ。
信頼性が高く安心のブランド製フライパンをご紹介します。これで毎日の食卓はレストラン顔負け!?

見た目で選ぶ

オシャレなフライパン、集めました

最近では形や色が様々で、オシャレなフライパンがたくさんありますよね。
機能性も考えられているものばかりなので使い勝手も良く、目移りしちゃいます。
そんな見ているだけでも楽しい、キッチンを華やかにしてくれるフライパンを集めてみました。

合わせて見たい オススメ特集

戻る

ページTOPへ戻る

ページトップ