波動スピーカーとは?

波動スピーカーは紙と木という自然素材で作られています。
最先端の波動エネルギー技術を導入することにより、今までのスピーカーでは実現できなかったリアルで臨場感あふれる音場を生み出すことに成功しました。まさに楽器と呼ぶにふさわしいスピーカーの秘密がそこにあります。

波動スピーカーバイオリンや太鼓の音は、天に向かって360度、音を広げていくのに、なぜ既存のスピーカーの音は、前にしか進まないのだろう?

より楽器に近い音色を奏でるスピーカーとして、波動スピーカーMSシリーズは生まれました。それはスピーカーというより、楽器。しかも太鼓に近いものだと、開発者はおっしゃっていました。

風の音のCDを流せば、部屋に風がそよぎ、鳥の声のCDを流せば、部屋に本当に鳥がやってくるかのようです。

そしてジャズやクラシックの音楽CDを流せば、まるでステージがそこに再現されるかのような、リアリティあふれるサウンドで、深みのある温かい音色が空間に広がり、心地よい音のバイブレーションが、からだ全体を包み込みます。

有限会社エムズシステム 代表取締役 三浦光仁 これは、スピーカーではなく楽器であって「太鼓」である。

太鼓は数十万年、使い続けている唯一の楽器であり、どの民族も持っています。弦楽器を持たない民族はいますが、打楽器をもたない民族はいないのです。太鼓は楽器になる前は唯一の通信手段でした。それほど、想いを伝えやすい楽器なのである。

太鼓型のスピーカーは、従来の音響工学的には「鳴らない」とされていました。「太鼓はなるのに、太鼓型のスピーカーは鳴らない」そんな常識を覆すことに成功したのです。自然の音が奏でる温かい音色をぜひ一度体験してみてください。


従来のスピーカーとの違い

従来のスピーカーは2つセットになっていて、正三角形の頂点と言われるリスニングポイントでしか立体的な音を再現することは出来ませんでした。

何百万円もする高級スピーカーを買っても楽しめるのは、そのポイントにいる人だけ。しかも、高級なスピーカーでより良い音を聴こうとすると、「より、聴く場所を制限される」という矛盾を含んでいました。

MSシステムはこのような「スピーカーの常識」を覆す全く新しいスピーカーです。両端にユニットの付いた1本の円筒形スピーカーのみで、空間全体を響かせ、空間全体に音がいきわたりどこに居ても素晴しいサウンドが身体を包みこみます。

従来のスピーカーと波動スピーカーの違い

もっと音を楽しむ自由を。
波動スピーカーは、スピーカーの裏で聴いても大丈夫ですし、移動して聴いても大丈夫です。

遠くまでも良く聞こえます、近づいても うるさすぎる、ということはありません。つまり、より楽器に近い音質を再現したものなのです。
 
例えば・・・
ジャズを流せば、どこにピアノがあり、どこに?があるのか、イメージが沸くくらい立体的で臨場感があり、ライブ感のある音が聞けます。

波動スピーカーが、ようやく音楽を、みんなのものにした。
今までのスピーカーは、リスニングポイントにいる人だけが良い音を聞けるという、対象がパーソナルな製品ばかりでした。スピーカーの数が増えれば増えるほど、聞く場所が特定され、音楽が楽しめなくなったのです。波動スピーカーで初めて、音楽は全員のものになったと言えます。
単に音を奏でるというだけではありません
リラックス波動スピーカーは、柔らかく豊かな音色でその場全体を満たし、空間自体を調和のとれたものにします。

そして、あなたがその音色に身をゆだねるなら、リラックスし、心を解き放つことができるでしょう。それこそ音楽が本来持っている力です。

波動スピーカーは音楽療法にも採用されているスピーカーです。

家族みんなで