当店では、各種のしに対応しております。
ご注文の際にのしをお選びいただくか、備考欄にご希望を記入してください。
一部のしの対応をお受けいたしかねる商品もございます。
詳細につきましては、各商品ページの説明をご確認ください。

正しくは、白い奉書紙に熨斗鮑(のしあわび)と水引を用いたものを「のし紙」、熨斗鮑を使用していないものを「かけ紙」と呼びますが、ここではわかりやすさを優先し、すべて「のし」と表記いたします。

名称 意味
熨斗鮑
(のしあわび)
おめでたい時に、熨斗鮑入りのものを使用します。
水引
(みずひき)
古くから日本人が「結ぶ」ことに対して込めて来た深い思いが生きており、結び方に意味があります。
表書き
(上書き)
贈る目的を表す「タイトル」となります。
名入れ
(下書き)
贈る側のお名前を記載します。省略することも可能です。

水 引 の し 紙 対応する表書
蝶 結 び
結婚以外のお祝いに
蝶結びは「ほどいても何度も結べる」ことから、何度繰り返してもうれしいお祝い事に使用します。
(出産、入学、お中元、お歳暮、お年賀、新築、開店など)
結 び 切 り
婚礼のお祝いに
結び切りは「引っぱってもほどけない」ことから、何度も起きて欲しくない場合に使用します。

そのため結婚のお祝いやお祝い返し(内祝い)の水引は結び切りを使用します。
快気祝い、お見舞いのお礼に
お見舞いのお礼と退院のお祝いなので、おめでたい熨斗鮑(のしあわび)を付けます。
一度きりにしたいとう願いを込めて、水引は結び切りになります。

また表書きは全快の場合には「快気祝」、退院はしたものの床上げがまだの場合は「御見舞御礼」とします。

蝶 結 び
お見舞いに
熨斗鮑(のしあわび)は「病気を伸ばす」とされてしまうため、お見舞いの際には付けません。

また、一度きりにしたいとう願いを込めて、水引は結び切りになります。

水 引 の し 紙 対応する表書
結 び 切 り
不祝儀に
熨斗鮑(のしあわび)は「伸ばす」という意味があるため、不祝儀(不運な出来事)の際には付けません。

また、一度きりにしたいとう願いを込めて、水引は結び切りになります。

  •  結婚用「内祝」  両家の苗字(男性が右、女性が左)またはお二人のお名前
  •  出産用「内祝」  生まれたお子様のお名前(振り仮名も承ります)
  •  その他 贈る側の苗字または氏名を入れます。

※名入れをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にご記入ください。

季節の贈答
用途 注文時の指定 お贈りする時期の目安
新年のご挨拶 御年賀 お贈りする期間は松の内(関東:1月7日まで 関西:1月15日まで)までに。ただし元日は避けます。
御年賀として
贈れない場合
寒中御見舞 1月8日から立春(2月4日頃)までに贈ります。
夏のご挨拶に 御中元 関東地区:6月中旬〜7月15日頃
関西地区:7月上旬〜8月15日頃
お中元として
贈れない場合
暑中御見舞 土用の入り(7月20日頃)〜立秋(8月7日頃)
残暑御見舞 立秋以降
年末のご挨拶 御歳暮 元々は正月を迎える事始めの日、12月13日から贈る習わしがありましたが、現在では12月初め(早いところでは11月末頃)より、遅くとも20日くらいまでには届くように贈るのが一般的です。
お歳暮として
贈れない場合
御年賀
または寒中御見舞
手配が遅れてしまって年内には届かないと判断した場合には、時期をずらして「御年賀」として贈る方法もあります。また忌中・喪中などでお歳暮を贈ることがためらわれる場合には、時期をずらして「寒中御見舞」として贈る方法もあります。