しっかりとミキシングしたはずなのに、いざCDにしてみたら音域も定位も全くイメージと違う!?

そんな経験はありませんか?

おそらくはご自宅でのモニター環境のせいではないでしょうか?

IKEBEではそんな自宅モニタリング環境の改善のために
様々なモニタースピーカーや環境整備のアイテムをご用意しております。
自宅モニタリング環境が改善されれば最終的なMIXまでご自宅で可能になります。

モニター環境を一度考え直してみてはいかがでしょう?
せっかく苦労して楽曲製作からレコーディングまでしてるんですから。
最終的にCDや音源にしたら台無し。。ではあまりにも報われません。



※各製品画像をクリックすると詳細(ショッピング)ページをご覧いただけます!


TASCAM VL-S3 [Pair]

横幅110mm、高さ170mmというコンパクトサイズに、80Hz〜22kHzというワイドレンジ再生能力を収めた2ウェイのアンプ内蔵(パワード)モニタースピーカーペアです。その設置場所を選ばないサイズは、ノートパソコンとコンパクトなオーディオインターフェースで構築した制作環境にも違和感なく設置することができます。その大きさゆえに低音の迫力には若干欠けますが、PCのモニターの横に置いてもほぼ場所をとらないので、自宅のデスクトップにはもってこいのスピーカーです。MTRの横に確認のためのリスニング用としても重宝します。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


ADAM A5X

最近になってミュージシャンやコンポーザーの自宅スタジオで目にする機会の多いADAMのレギュラーモニタースピーカー。低音から高音までしっかりと出力されるスペックには納得の一言。5.5インチのミッドウーファーとX-ARTツイーターがADAMの特筆すべき点。しっかりと定位もあり、非常に聴きやすい印象があります。唯一、奥行き感だけがDynaudioなどと比較すると足りない点。まあ、この価格なら納得できる音質だとは思いますが。。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


GENELEC 8020C PM [Pair]

ご購入いただきましたお客様からのレビューにもいただいていおりますが、さすがGENELEC!と納得してしまう音質です。大きさのわりに周波数帯域も広く、そのままプリプロレコーディングの現場にも使用可能なほどの音域と定位。本格的なモニタリングを望むなら、GENELECを一台は持っておきたいですね。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


KRK VXT4 [Pair]

そのフォルムと色合いに惚れる方も多い人気モニタースピーカー。前面下部のどーんと開いたバスレフがその低音域の迫力を物語ります。DJのみなさんに絶大な支持を受けていることからも低音域には自信があるスピーカーです。しかしながら、ツイーターにはシルクドームツイーターを採用しており、実は高音域のアタック感も非常に良いスピーカーです。低音域だけではありません。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


FOCAL CMS40

今、モニタースピーカーを検討するうえで必ず挙げられるのがこのFOCALブランド。アルミニウム・キャビネットに特殊音響処理を施しているため、通常生じることになる「金属鳴り」を抑えているので、音量を下げていってもしっかりと音域が鳴ってくれます。近隣の騒音苦情にはもってこいのモニタースピーカーと言えるんじゃないでしょうか。普通に音量を出してモニタリングしても音域も広く、オーディオマニア受けもする機種と言えます。しかしながら、若干音が硬めかな?と思ってしまう部分は致し方ないですかね。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


EVE Audio SC205

元ADAMのエンジニアが独立して立ち上げたブランドがEVE Audioです。当然ながらサウンドの特徴はADAMに似ていますが、もう少し音像をはっきりさせた感じで、全音域のバランスも良いです。特に低音域のアタック感と高音域の音抜けの良さは特筆すべき点です。まだまだ認知度の低い新しいブランドなので定番として定着するには少し時間がかかりそうです。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


TANNOY Reveal 402

低音の魅力を存分に味わいたいならTANNOYです。スピーカー下部の大きく開いたベースポートが大きな特徴で、これにより真正面から抜けてくる低音をパワフルなものにしています。低音だけでなく、ソフトドームHFドライバーのツイーターは高音部の指向性をバランス良くコントロールしています。DJに非常に人気のモニタースピーカーです。中音域が少し足りない感がありますが、いわゆる「ドンシャリ」が好みな方にはもってこいのスピーカーです。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


ADAM F5

人気のADAMブランドで低価格を実現したモデル。ツイーターに新仕様のARTツイーターを採用したことにより高音域の抜けが良いスピーカーになっていますが、見た目の通りバスレフが非常に大きい為、近い位置でリスニングすると高音域のぬけの良さより直接的な低音域が目立つ印象があります。少し離れた位置からリスニングするのが理想のモニタリングかもしれません。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


YAMAHA HS5

YAMAHAの特徴としてフラットさがあります。全音域のバランスが良く、特にどの音域に特徴があるわけではないのですが、それこそがモニタースピーカーの理想かもしれません。どの音域も前面に押し出され、まさにCDなどの音源にしたときにどのように聴こえるかがわかりやすいモニタースピーカーと言えます。しかしながら、全部の音が前に出てきて、奥行き感がほぼ感じられないように思えます。例えばドラムセットで叩いた録音音源を鳴らした場合、微妙な細かなシンバル鳴りやドラムセット全体の鳴りを再生してるとは言えないかな。。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。


Gibson Les Paul Reference Monitors GSLP 4" (Tobacco Burst)

言わずと知れたギターの王道LesPaulをイメージした杢目のモニタースピーカー。一部の方からはGibsonというブランド名と杢目が値段を高くしていると思われているようですが、そんなことはありません!という私も最初はそうだろうと思っていたんですが、実際に店頭で試聴したところ、そんなチャチなスピーカーではないことが理解できました。価格は音質の良さからです。低音域から高音域までしっかりと出力されているのはもちろんのこと、音像もしっかりしています。なによりも特筆すべき点はその分離の良さ。各楽器の音がしっかりと聴こえる。ワンランク上のモニタースピーカーと言えるでしょう。

※あくまでも当店スタッフの個人的感想です。




 

 

■モニターするのに自宅にあるミニコンポやラジカセではダメなの?
ミニコンポやオーディオなどのリスニング用のスピーカーは、気持ちよく音楽を楽しめるようにサウンドに味付けがされている製品がほとんどです。例えば、小型のスピーカーで小音量で鳴らしても音楽の迫力が味わえるように、低域が持ち上げられて再生されるようなエフェクトがかけられたりしています。逆にモニタースピーカーのサウンドは、原音に忠実、つまりフラットな特性が原則になっています。例えば、低音が持ち上がって聴こえるミニコンポのスピーカーでミックスをしてしまうと、自宅では迫力あるサウンドに聴こえても、スタジオなど他の環境で再生すると全く違うサウンドに聴こえてしまうということが生じてしまいます。

■2Way?3Way?バスレフ?って何?
モニタースピーカーのメーカーページなどを見ると「2Way」や「3Way」といった表記がされています。2Wayとは今主流になっているスピーカー方式ですが、ウーファーで中低音域を出力し、ツイーターで高音域を出力する方式になります。ウーファーというのが主にスピーカーの下部にある大きなスピーカーで、ツイーターは主にその上にある小さなスピーカーになります。3Wayはその名前どおり、ウーファー2つにツイーターが1つであったり、ウーファー1つ、ツイーター1つ、ミッドウーファー一つなど様々なタイプがあります。3Wayはスピーカーが3つになるので当然サイズも大きく、自宅でのモニタースピーカーには適していなく、レコーディングスタジオなどで見かけることが殆どだと思います。
さらに「バスレフ」ですが、スピーカー前面や背面に開いている「穴」のことで、スピーカーによってあるスピーカーとないスピーカーがあります。これはスピーカーの特性により有無も箇所も異なります。上に紹介しているRP-5やReveal 501aなどは前面下部に開いている為、低音域が真正面から抜けてくる構造。6010AやSC205、DBM50などは背面上部に開いているため、高音域の抜けが良く、奥行き感を出しています。逆にバスレフがないモデルは本体の共鳴を計算してバランスよく出力される構造になっています。

■モニタースピーカーを設置する場所や設置方法など
モニタースピーカーは当然ですが音が鳴れば置いてある机やスタンドが共鳴します。例えば机にそのまま設置すると、机自体も共鳴して鳴っていることになります。一番他の干渉を受けない設置方法は空中に浮いていることですが、そんなことは当然不可能です。(笑)極力他の干渉を受けないようにするためにスピーカースタンドやインシュレーターを使うことをお奨めいたします。インシュレーターはスピーカーの下に配置することにより置いた場所の共鳴を極力防ぐ効果があります。また、最近ではオーディオスタビライザーというスピーカーを置く台も重宝されています。

 
 




audio-technica AT6089CK

防振したい機器をのせ、均等に荷重がかかるようにインシュレーターを少しずつずらしてガタのないように調整します。コルク&真鍮の2層構造で、明るい音色とはっきりした音像に。8個1組セット。


audio-technica AT6099

ベーシックなスピーカーの3点支持から一般機器への4点〜6点支持が可能です。ひとつのインシュレーターに荷重が集中しないように荷重のバランスをとって配置させてください。インシュレーター下部の隙間ができるだけ均一になるようにセッティングしていただくと効果的です。特殊防振ゴム「ハネナイト」「ソルボセイン」を効果的に配置。不要振動を効果的に抑制。6個1組。


PRIMACOUSTIC RX-5

モニタースピーカーをマウントするだけでモニタリングを劇的に改善するクリエイターやエンジニア待望のアイテムです。Recoil スタビライザーは、スピーカーとスタンドから生じて音質劣化の原因となるレゾナンスを除去し、スピーカーが前に押し出す力を抑え、安定したサウンドでモニタリングを可能にします。本体は高密度ウレタンベース、スチールプレート、スリップ防止ゴムで構成されています。高密度ウレタンベースは、スピーカーをスタンドやモニターブリッジや棚などから分離し、振動や共振を除去します。



 

ION AUDIO Party ON Party Onは、Bluetoothワイヤレス機能とライトドームを搭載した、手の平サイズの充電式コンパクト・スピーカーです。豊かな低音とビートに連動したきらびやかライトショウ、その小さなボディからは想像ができないパワフルなスピーカーです。

ION AUDIO Block Party Live Block Party Liveは、Bluetoothワイヤレス機能と大型ライトドームを合体させた充電池内蔵ポータブルPAシステムです。キャリングハンドルとキャスタを搭載し、持ち運びも簡単。屋内屋外を問わず、スイッチ・オンでどこでもすぐにパーティ・タイム!

Ik Multimedia iLoud iLoud は平均的なポータブル・スピーカーよりもはるかに大きな音を出すことが可能です。最大出力は40ワット、同等のサイズのスピーカーと比べると2〜3倍の音 量を出すことができるのです。iLoudはロックからヒップホップ、エレクトロニック・ミュージックにいたるまで、あらゆる音楽スタイルに合った、豊かで パワフルなサウンドをもたらしてくれます。iLoud使えば、考えうるあらゆるモバイル環境でも、まるでスタジオにいるかのように正確に音楽を再生するこ とが可能です。長年にわたってプロフェッショナル・オーディオ製品を開発してきた経験と革新的なエンジニアリング・ソリューションのおかげで、これほどま でに小さいのにパワフルなスピーカーを私たちは開発することができました。iLoudの音質とサウンドの忠実さに、あなたも圧倒されること間違いなしです。

SAMSON AUDIO EXPEDITION ESCAPE Bluetooth対応でマイク入力も可能。さらにUSBのバッテリーアウトも装備。iPodやiPhoneを充電しながら使用可能な25Wポータブルスピーカー。持ち運びに便利なコンパクトなサイズです。

SAMSON AUDIO EXPEDITION EXPRESS Bluetooth対応でマイクも付属。さらにUSBのバッテリーアウトも装備。iPodやiPhoneを充電しながら使用可能な25Wポータブルスピーカー。持ち運びに便利なコンパクトなサイズです。




 

■最後に・・
モニタースピーカーはより良い楽曲製作には欠かせないマストアイテムです。「これでいいや」と妥協せずに納得して自分に合った良いスピーカーを選びましょう。IKEBEではより向上心を持ったクリエーターやミュージシャンを応援し続けます!より良い作品はより良い環境作りから!


 
イケベ楽器楽天ショップ
トップページはコチラから



Copyright(C)2002-2012
IKEBE GAKKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.