一畑オリジナル しまね和牛
一畑オリジナル しまね和牛のご紹介
一畑オリジナル しまね和牛

現在、島根県には約2,300戸の肉用牛農家が、一頭一頭手塩にかけて牛を飼育しています。過去8回の全国和牛能力共進会において内閣総理大臣賞を二度受賞するなど常に上位を占め、全国的に高い評価を受けています。(平成14年度に開催された和牛のオリンピック「第8回全国和牛能力共進会」の肉牛部門において、全国トップである「農林水産大臣賞」を獲得しました。)その肉は、鮮やかな色合いときめ細やかな「霜降り肉」、深いコクと風味豊かな味わいが特徴です。

■厳しい「しまね和牛肉」の認定要件
安心安全でおいしい「しまね育ち」の しまね和牛肉は

‥膾県で生産肥育された黒毛和種で
◆奮堯謀膾県食肉公社へ出荷され
(社)日本食肉格付協会の定める肉質基準が
「A-4」「B-4」以上のもの

という三つの条件を必須項目とし、条件を満たしたものが「しまね和牛肉」銘柄の認定となります。また品質管理も生産から流通まで一貫して行っています。

一畑オリジナル しまね和牛
一畑オリジナル しまね和牛 松江では近年になって隠れ茶室の存在が確認されるほど、「お茶」そのものを尊び、楽しむ文化が根づいています。現在では、松江を初め、全国どこでも気軽にお茶を飲むことはできますが、江戸時代は町人が抹茶を飲むこと自体を禁止されていました。(ぜいたく品として考えられいた)そのため、江戸時代では、松江の町人向けの抹茶は薬屋さんで扱っていたう話があります。あくまでも薬剤としての扱いなんです。当然、町人の家に茶室などあってはいけないのです。ですが禁止されていても、隠れてお茶を楽しんだ江戸時代の松江市民に敬服致します。そのくらい当時から松江人にとっては、お茶文化は魅力的であったということです。

ちなみにしまね和牛肉の表記は「島根和牛」ではなく、ひらがなをつかった「しまね和牛」なんです。ブランドマークは、出雲大社の大しめ縄で島根を現し、かつ和牛の横綱であることを表しています。緑は和牛を育んでいる島根の豊かな大地を、金は長年培われた伝統と高級感を表現しています。また「しまね和牛」を扱えるお店も限られてます。(一畑百貨店は認定店です)

一畑オリジナル しまね和牛
島根県産しまね和牛
モモうす切り
税込6,480円

島根県産しまね和牛
モモ焼肉用
税込6,480円

島根県産しまね和牛
肩ロース薄切り
税込8,640円
島根県産しまね和牛
肩しゃぶしゃぶ用
税込7,560円
   
島根県産しまね和牛
ロースステーキ用
税込12,960円
島根県産しまね和牛
ロースうす切り
税込10,800円
   
ページトップへ戻る