桂月堂
桂月堂
■「創意と熱意と人の和で」
文化六年 (1809 年) 創業。桂月堂は七代藩主 松平不昧公のお膝元、松江で創業し、茶の湯の文化とともに歩んできました。創業以来、菓子造りに専念し、現在は日本全国の多くのお客様にご愛顧いただいております。代々受け継がれた手技を守り続けて約二百年。桂月堂はこのかけがえのない伝統を「創意と熱意と人の和で」を社是に、さらなるお客様のニーズにお応えすべく日々挑戦を続けてまいります。

■日本三大和菓子処
茶道の盛んな島根県松江地方では、昔から家庭でお抹茶が親しまれています。こうした習慣が松江を京都・金沢と並び「日本三大和菓子処」と呼ばれるまでに発展させました。実は・・あまり知られてないと思いますが、抹茶に欠かせない和菓子の消費量が松江市は金沢市に次いで全国2位なんです!緑茶や抹茶の消費量も常に上位をキープ。島根県人にとって、和菓子は県を代表する特産品なのです。
桂月堂 ■桂月堂を代表する銘菓「薄小倉」。
3日間秘伝の蜜に漬け込んだ大納言小豆に錦玉(きんぎょく)を流し込み、じっくりと窯で乾燥させたこのお菓子は、手間を惜しまず作ることで、地元の舌の肥えたお客様を納得させることができた桂月堂の自信作です。
※錦玉(きんぎょく)・・寒天と砂糖を煮詰め、冷やし固めたもの。

ちなみに余談ですが、
桂月堂のロゴには天を仰いだウサギがついているのはご存知ですか?
これは桂月堂初代の屋号が「因幡屋」だったため。出雲神話の一つに「因幡の白うさぎ」伝説がありますが、「因幡」と言えば「白うさぎ」という事で、初代の志しを忘れないようにとロゴにウサギを登場させました。

桂月堂
桂月堂
薄小倉(12個入)
税込1,556円
神話の月(8個入)
税込972円

出雲三昧(12個入)
税込1,556円

かこい梅(10個入)
税込1,458円
桂月堂 秀菓撰 雪(18入)
税込2,528円
オリジナル詰合せB
税込2,506円
松江城最中(3個入)
税込681円
松江城(5個入)
税込778円
ページトップへ戻る