LINEUPラインナップ



HAA HAA

オールインワンシリーズ
H400 400


H310A H310A

イージーウォッシュシリーズ
H200 H200


ABOUT商品紹介

オールインワンシリーズ
H310A

ジューサーとミキサーの違い

ミキサーが1分間約10,000回転以上の速度で食材を金属刃で切り刻むのに対して、ヒューロムのスロージューサーは1分間に約40〜90回転のスクリューで食材を圧し搾ります。

ミキサー・ブレンダーの特徴は、スムージーのようなどろっとしたジュースを作れることですが、ジューサーの特徴は、口当たりの良いジュースが作れることです。野菜や果物をすりつぶして液体のみを抽出するため、果汁100%ジュースなど、水や牛乳を加えず簡単に飲みやすいジュースが作れます。


なぜ野菜・果物を生で食べるの?

生の野菜、果物には酵素、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどたくさんの栄養素が含まれていて、厚生労働省と農林水産省は1日野菜 350g 以上、果物 200g 以上を推奨しています。

特に生命維持の鍵を握る酵素をしっかり摂るには、野菜や果物を生で食べる必要があります。

H310A

H310A

なぜジュースで飲むの?

熱に弱い栄養素までしっかり摂るためには、生の野菜や果物を食べるのが一番良いとされていますが、大量の生の野菜や果物をバランスよく摂ることは、決して簡単ではありません。

しかし、たった1杯のジュースにして飲むことで、手軽に摂ることができます。


同じ食材なのにジュースの成分が違う!

ミキサーが高速で食材を切り刻むのに対して、ヒューロムのスロージューサーは、ゆっくり圧し搾ることで高速摩擦による熱の発生を低減し、熱に弱い酵素やビタミンもそのまま。

『飲むサラダ』と言われるほど栄養豊富な無添加ジュースなので、消化器官への負担をかけずに短時間で消化でき、効率よく生きた栄養を摂取できるのです。

H310A

H310A

ヒューロムは、1974年に創業した世界で初めてスロージューサーを開発した、スロージューサーのパイオニア。

当時普及していた青汁搾汁機を、より使いやすく、より無駄なく、栄養価の高いジュースが搾汁できるよう、世界で初めて縦型スロージューサーを開発したメーカーです。

そこにあるのは「1杯のジュースで人々を健康にしたい」という想い。それが私たちの行動の、すべての原動力になっています。


パワフルな静音モーターと搾汁性能に、優れたスクリューで栄養素を損なうことなく食材の水分をしっかり抽出。

不溶性食物繊維を取り除いた、さらっとした食感の野菜ジュースをお手軽にお楽しみいただけます。

現在は 88 カ国に愛され累計販売台数 1,200 万台を突破(2023 年8月時点)。

世界34ヵ国で356件の特許を取得する高い技術力は、世界で認められている証です。

H310A

Q&A

どんなジュースが搾れるの?人参ジュースや、葉物野菜(小松菜やケールなど)を使用したジュースが作れます。水分のある食材と組み合わせてジュースを作ります。
ナッツミルクは作れますか? ナッツ類は、水に浸しておき、搾ることができます。ナッツの種類によって、浸す時間が異なります。付属のレシピブックでもご紹介しています。
凍った食材や氷を入れてもよいか?氷やカチカチに凍った食材を投入するのは、お止め下さい。氷は投入できません。冷凍庫からすぐに出したのを使うのではなく、少し間をおいたものをご使用ください。
海外で使用できますか? 日本国内で販売しておりますHUROMスロージューサーは電圧仕様も日本の100Vのみの対応となります。
大変恐れ入りますが、変圧器や変換プラグを付けての海外使用はメーカー保証対象外となりますので、予めご了承ください。
アレルギーが出やすい食材はありますか?生の玉ねぎを搾りそのまま摂取すると、アレルギー反応を引き起こすおそれがございます。生の玉ねぎを搾った場合は、必ず火を通してお使いください。
インフォメーション