車椅子のご購入をお考えの方へ
〜ご注文の前に〜

質問

車椅子って、どんなふうに選んだら良いの?

車椅子が欲しいけど、どんなふうに選んだらいいかわからない。とお困りのあなたに。
 ■同じようなデザインだけど、何が違うのか分からない。
 ■通院用に使いたいのだけど・・・
 ■機能や種類がありすぎて分からない・・・
など、車椅子のご購入をお考えでも「種類や選び方が分からない。」とお困りのお客様へ、
ご利用シーンやご利用者様のお身体に合った車椅子の選び方をご案内いたします。
ご利用者様にも、介助する方にも使いやすい。そんな車椅子選びにお役立てください。

質問

車椅子の種類ってどんなものがあるの?
(種類から選ぶ場合)

車椅子は、大きく分けると「自走介助兼用車椅子」「自走式車椅子」「介助式車椅子」の3種類があります。 その中でもご利用者様のお身体の状態や使用状況によって「簡易・携帯用車椅子」「ティルト・リクライニング車椅子」「電動車椅子」などお選び頂けます。

自走介助兼用車椅子

自走介助特長

施設や病院などで、よく見かける一般的な車椅子です。
後輪が18〜24インチと大きく、後輪の外側に「ハンドリム」が付いているのが特徴です。
ご利用者様は、この「ハンドリム」を操作して、ご自分で移動が出来ます。
また、背部の押し手に介助ブレーキが付いていますので、介助者様がブレーキを操作出来、坂道などでも安心です。
車輪が大きいため、少ない力で車椅子を操作しやすく、段差も乗り越えやすいのがメリットですが、その分、介助式車椅子に比べて重量は重くコンパクトさには欠けます。

自走式車椅子

自走式特長

介助ブレーキのないタイプの車椅子です。
後輪の外側にご利用者様が操作する「ハンドリム」が付いているので、ご自分で移動が出来ますし、介助する方が後方から押して進めることも可能です。
介助ブレーキがありませんので坂道などでご利用になる場合はおすすめ致しません
介助ブレーキの無い分コストが抑えられ、施設や病院などでも人気の車椅子です。

介助式車椅子

介助式特長

後輪が12〜16インチと小さく、ハンドリムの無いタイプの車椅子です。
ハンドリムが付いていないため、ご利用者様がご自分で操作することはできません。
後輪が小さい分、軽量で折りたためばコンパクトになり車への積み込みや収納に適しています。 介助者様が使用しやすいように、ハンドグリップや介助ブレーキの有無をご確認ください。

ティルト/リクライニング車椅子

ティルト/リクライニング特長

背もたれや座面の角度が変えられるタイプの車椅子です。
通常の車椅子よりも体圧を分散させられるので、身体への負担を軽減し、楽な姿勢を保つことが出来ます。
主に室内でご利用になる方。
長時間車椅子で過ごす方。
身体のズレを防いで、より安定した姿勢を保ちたい方へおすすめです。
※フルリクライニングタイプは簡易ストレッチャーとしてもご使用できます。

【リクライニング】

リクライニング
背もたれのみ角度を変えることが出来るタイプ
座面にかかる体圧を分散させ、
長時間の利用にもリラックスした姿勢が保てます。
※座面の角度は変わらないため、身体のズレやすべり座りに気を付ける必要があります。

【ティルト】

ティルト
姿勢を維持したまま座面ごと角度を変えるタイプ
お尻や太ももにかかる圧力を背中や腰へ分散させることができるため、 身体のズレを防ぎながら座圧を変更したい方へおすすめです。
※「ティルティング」表記の場合有

【ティルト&リクライニング】

ティルト&リクライニング
ティルト機能とリクライニング機能が一体になったタイプ
すべり座りにならずに休息姿勢をとることができます。
ご自身で姿勢を変えることが出来ない利用者にとって、身体への負担を軽減し楽な姿勢を保つことができます。

簡易・携帯用車椅子

簡易・携帯用特長

通院や外出など、短時間のご利用におすすめの車椅子です。
出来るだけ軽量でコンパクトに作られているため、持ち運びや収納に便利です。
ただし、通常の車椅子より車輪が小さく乗り心地は少々劣るため、長時間のご使用にはおすすめいたしません。
外出先で疲れた時だけ使いたい。
いざという時のために普段は収納しておきたい。そんな方へおすすめです。

電動車椅子

電動特長

電気の力で移動できる車椅子です。
ご利用者様がジョイスティックやハンドルなどを操作してご自分で移動できる「自走用」と、介助者側からも操作出来るものや、坂道など負荷が増えた時に駆動補助が始まるものなど様々な種類があります。
バッテリーが内臓されており、モーターで駆動します。
一般的に、通常の車椅子に比べると重量は大きく、価格も高価になりますが、電気の力で楽に移動できるため、坂道を通る事が多い、移動距離が長い、介助者の力が弱い(疲れやすい)などの場合におすすめです。

種類から選ぶ「おすすめ車椅子」

種類から選ぶ場合の一般的なおすすめ車椅子です。ご購入前の参考にされてください。

おすすめの車椅子を見つける 自走式 自走介助兼用 ティルト/リクライニング 介助式 簡易/携帯用
質問

車椅子の各部名称が分からない!
(各部の名称を確認する)

車椅子の詳細を確認したいけど、どの部分の説明なのか分からない。
どの部分のサイズなのか分からない。
そんな時のために、車椅子の各部名称のご案内です。

車椅子の名称について

車椅子各部名称

バックサポート(背シート)

背もたれ。姿勢を保つ役割もあり、お身体に合わせて背張調整できる商品もございます。

アームサポート(肘掛け))

肘掛け。ご利用者が肘を乗せたり、立ち上がりの支持に使用します。可動式の商品ですと、ベッドなどへの移乗の際、肘置きが邪魔にならずスムーズに移乗できます。

安全ベルト(シートベルト)

姿勢保持や、 ずり落ち・転落防止のために使用します。

座シート(座面)

座る場所です。この部分の横幅が「座幅(シート幅)」と呼ばれ、車椅子を選ぶ時に重要なサイズです。

脚部

足を支える部分全体を指します。可動式の商品ですと、ベッドなどへの移乗や足こぎする場合に便利です。

レッグサポート(足ベルト)

足を後ろに落とさないために、支えるものです。

フットサポート

足を乗せる場所です。上に跳ね上げられる商品もございます。

手押しハンドル(グリップ)

介助者が車椅子を移動する際に握る部分です。

介助ブレーキ

介助者が操作するブレーキです。自転車と同じように握るとかかり、坂道などでスピードの調整ができます。  ※自走専用車椅子には付いていません。

背折れ金具

車椅子の背部分が折りたため、更にコンパクトになります。

後輪(駆動輪)

自走できる車椅子の駆動輪です。
(介助用の場合は主車輪です。)

ハンドリム

駆動輪(後輪)の外側に付いているリング。 自走する際に使用します

サイドガード

衣類などが車輪に巻き込まれたり、汚れ防止のためのカバーです。

ティッピングレバー

段差を乗り越える際など、前輪を上げるために介助者が足で踏み込むレバーです。

駐車ブレーキ

車椅子を停止させる時に使用します。車椅子の乗降時は必ず使用します。

前輪キャスタ

自在に方向転換できる小車輪です。後輪に比べ直径が小さく360度回転します。

質問

サイズはどのように測ったら良いの?
(車椅子のサイズを確認する)

ご利用者様のお身体に合った車椅子を選ぶための、サイズの測り方等ご案内いたします。

座幅について

座幅とは車椅子に座る際の座面の横幅のことです。
病院や施設に多く使われている標準的な車椅子は座幅40cm前後とされております。
●小柄な方には、スリムタイプ
●大柄な方には、ワイドタイプがおすすめです。
また、不特定多数の方がご使用になる際や、身体の変化の状況に応じ座幅を調節できるモジュールタイプもございます。

座幅の選び方

選び方の目安としては、
使用者のお尻の幅+3〜5cmを足した寸法
(介助者の両手が、お尻とサイドガードの間に入る程度の余裕)が、車椅子の適切な座幅と言われています。

座幅が広すぎると自走時ハンドリムが回しにくく、狭すぎるとサイドガードに足が圧迫されてしまいます。
ご利用者様にあわせた座りやすいサイズをお選びください。

座幅の測り方

前座高について

前座高とは、床から車椅子の座面(前端)までの高さのことです。
高さは【高床(こうしょう)】【中床(ちゅうしょう)】【低床(ていしょう)】とあり、一般的な高さは43cm(中床)とされています。

前座高の選び方

選び方の目安としては、
使用者の膝下からかかとまでの長さ+5〜8cm
が、車椅子の適切な前座高と言われています。

前座高が高すぎると、座る際車椅子にぶつかりやすくなり、低すぎると立ち上がりがしづらくなってしまいます。 また、ベッドなどへの移乗が多い場合は、移乗先の高さに近付けると移乗がしやすくなります。

使いやすいサイズは、ご利用者様の足の長さや利用状況、また介助者様の身長によっても異なりますので、
ご利用シーンに合わせて、より適した前座高をお選びください。

前座高の測り方

足こぎをされる方(ご自分の足を床につけ車椅子をこいで進みたい方)は、
使用者の膝下からかかとまでの長さ+0〜2cmを目安に、床にかかとがつく高さをお選びください。

クッションをご使用になる場合は、車椅子の前座高にクッションの厚みを加算してお考えください。

質問

車椅子にはどんな機能があるの?
(機能や特長を確認する)

車椅子の一般的な特長や便利な機能についてご案内いたします。
ご使用状況やご利用シーンに応じて適切な機能のついた車椅子をお選びください。

フレームの材質について

アルミ製

現在最も一般的なものがアルミ製車椅子です。
重量や強度、価格の面においてバランスのとれた材質となっており、利用者を問わず人気がある素材です。

スチール製

アルミ製に比べて重量は重いですが、その分頑丈で比較的安価なのが特徴です。
最近ではアルミ製が主流となっているため、車椅子の種類としては多くありませんが、耐久性に優れているため、施設や病院で多く使われています。

タイヤについて

ノーパンクタイヤ

ノーパンクタイヤ

空気の代わりに樹脂が詰まっておりパンクの心配のないタイヤです。
エアタイヤより重く、またクッション性も劣りますが、空気入れなどのメンテナンスを行う必要がないため近年人気のタイヤです。

メーカーによって素材もさまざまで、軽量化、クッション性の向上にむけて日々開発が進んでいます。

また、常用されず収納しておく事が多い場合にはノーパンクタイヤがおすすめです。(※エアタイヤの場合、使用せずに放置すると一定箇所に負荷がかかり傷みやすくなってしまいます。)

エアタイヤ

エアタイヤ

タイヤとチューブで構成されており、自転車と同じように定期的な空気補充が必要なタイヤです。ノーパンクタイヤと比べ重量が軽くクッション性に優れているため、振動を抑えガタガタしづらく乗り心地は最良です。

乗り心地を最優先させる方、舗装されていない道を利用することが多い方、にはエアタイヤがおすすめです。

空気が抜けていると、走行性が落ちたり、ブレーキの効きが悪くなり大変危険です。そういった危険を防ぐために、空気圧のチェックや空気の補充が必要となるため、日々のメンテナンスが必要となります。

タイヤのサイズについて

タイヤサイズ

定番となるサイズは、
自走式:前輪6インチ×後輪22インチ
介助式:前輪6インチ×後輪16インチ
です。
高床の場合は大きめの24インチ、低床の場合は小さめの20インチ、など車椅子のサイズや特長に応じて異なります。

一般的に車輪が大きいほうがこぎやすく段差は乗り越えやすくなりますが、小回りやコンパクトさに欠けることとなります。
車輪が小さいものは、コンパクトで小回りが利き持ち運びや収納に便利ですが、負荷が大きくなり移動には多少力が必要になることがあります。

※メーカーにご用意がある場合には基本のタイヤを変更することも可能ですので、ご希望の際は車椅子ご注文前にお問い合わせください。

背折れ機能と折りたたみについて

背折れ機能

背もたれ部分が折りたためて高さを低くできる機能で、車への積み込みをする時や小さく収納したい際などに便利です。
背もたれフレームの背折れ金具を、ワンタッチ操作でロックを解除し背部を簡単に折りたたむことができます。

背折れ機能はほとんどのアルミ製車椅子に標準装備されていますが、一部、無い物もございますのでご購入の前にご確認ください。 (施設や病院などでは、頑丈な背折れ機能のない背固定タイプをご使用の場合も多くみられます。)

背折れ

折りたたみ

車椅子の座面を持って上に引き上げることで、コンパクトに折りたためる機能す。横幅がスリムになるので、収納や持ち運びに便利です。

ほとんどの車椅子に備わる機能ですが、一部リクライニングタイプや簡易タイプ等、機種により異なります。
なお、車のトランク等へ積めるかどうかは、お車のサイズにより異なります。 商品ページに記載の折りたたみサイズをご確認いただき、お車のサイズと比較してお確かめください。

折りたたみ

移乗の多い方へおすすめ

肘跳ね上げ機能

ワンタッチでアームサポート(肘かけ部分)が後方に跳ね上がる機能です。
ベッドなどへの移乗の際、アームサポートが邪魔になりませんので、お尻をずらして横からの移乗が可能になります。
※アームサポートが取り外し可能な物や、座面の高さまで下がるタイプもございます。

肘跳ね上げ
肘1上下

脚部スイングアウト機能

脚部を左右に開閉でき、着脱できる機能です。
(一部、着脱出来ないものもございます。)
外側に開いたり、取り外した状態にすることで、足元が邪魔にならず、立ち上がりや移乗の際にとても便利です。
脚部を取り外し、足こぎをされる方にもおすすめです。
脚部スイングアウト

室内でのご利用におすすめ

小回りが利く6輪タイプ

全長がコンパクトで、後輪(駆動輪)がほぼ中央にあることで、 狭いところでも方向転換しやすく、室内で抜群の小回りを発揮します。

廊下の曲がり角も曲がりやすく、部屋と廊下の境目など、2〜3cm程度の小さな段差は少ない力で乗り越えられます。
(大きな段差の乗り越えが苦手な傾向にありますので、屋外での利用は不向きなことがあります。※商品に応じ特長は異なります。)

六輪

コンパクトタイプ、スリムタイプ

狭い廊下や室内でも動きやすいよう小回りや全幅を意識した車椅子で、屋内はもちろん屋外での使用でも大いに活躍します。
室内、室外、使用用途や行き先などに応じて使い分けをすると便利です。

※自走式車椅子が通れる幅は、ハンドリムに添えた手の幅を考慮し【車椅子全幅+10cm以上】は必要です。)

コンパクト

脚部エレベーティング機能

角度を調節して、脚部をリフト出来る機能です。
骨折などで膝を曲げられない方や、足を伸ばし真っ直ぐにしておきたい際などに便利な機能です。

車椅子で長時間過ごされる方から「足がむくんで…」とのお声を頂く事がありますが、 そのような時も、脚部の高さを変えられるため、楽な姿勢でお過ごし頂けます。

エレベーティング

持ち運びや車への積み下ろしの多い方へ

【軽量タイプ】

通常の機能がある車椅子で10kg以下の物を大まかに超軽量タイプと分類しますが、素材や機能、メーカーと様々な条件の違いがあるため、明確に線引きすることはできません。
軽ければ軽いほど、持ち運びや車への積み込みの際の負担が軽減され、ご利用者様を乗せて移動する際にも負担は軽くなるため、室内外問わず軽量車椅子は大変人気です。

昔ながらの車椅子の重さはスチール製が多く約15kg程度ありましたが、近年の車椅子の重さは約10〜13kg程度の軽量の車椅子が一般的です。

体の負担を軽減する機能や、移乗の負担を軽減する多機能タイプなど、身体的な条件やご使用になる場所に適した機能が必要ですので重量よりもご利用者に必要な機能を見極め、車椅子をお選びください。

軽量

ヒヤリハット防止に

【自動ブレーキ機能】

駐車ブレーキのかけ忘れをサポートする機能です。
車椅子の座面から利用者が立ち上がると同時に、自動でブレーキがかかり、 利用者の転倒を未然に防ぐことができます。 安全のために施設などでの需要も多い機能です。

ヒヤリハット

身体に合わせてサイズを調整したい方へ

【モジュールタイプ】

車椅子の部品の組み換え、車輪位置の変更などを行い、身体に合わせて各部サイズを調節できる機能のついた車椅子です。 変更できる箇所は座面幅、前座高、アーム高さ、介助ハンドルの高さと車椅子により異なります。

実際に座ってみて使いやすい高さに調節したり、利用しているうちに変わってしまった体形に座幅を合わせたり、施設などで使う人に合わせたい際など、様々な状況へ対応出来ます。

モジュール

なお、サイズの変更は工具1本で簡単に変更可能な物から、知識や工具、別途部品などが必要な場合がございますので、詳細は商品ページをご確認下さい。
※メーカーによりモジュラー表記の場合有

【背張調整機能】

バックサポートを調節して、ご利用者様の背中に合わせたサポートができる車椅子です。
深く腰掛けて座りづらい方もしっかりお座りいただけますので、円背の方や側彎の方におすすめです。
背張調整
質問

車椅子にクッションは必要ですか?
(車椅子クッションについて)

車椅子クッションは、体圧分散構造による疲れの軽減や、床ずれ防止、姿勢や座位の保持を助けるものなど様々な商品があります。

車椅子のクッションについて

車椅子の座り心地はとても重要です。
車椅子に長時間乗っていると、
振動がお尻に伝わり疲れてしまったり、体圧が同じ場所にかかり続けることで痛みが出てきたり、床ずれ・褥瘡(じょくそう)の心配も出てきます。
そのため、
長い時間車椅子に座る場合は、車椅子用の体圧分散クッションの使用をおすすめします。

車椅子専用クッションには、お尻の痛みを軽減するための素材や、蒸れを防ぐために通気性の良い素材を使用しています。また、耐圧を分散させ、姿勢や座位の保持を助け、より安定して車椅子を使用できるように工夫が凝らされています。

車椅子用クッション

※座布団などでの代用は、姿勢が安定しないため転落の危険や、身体のズレや蒸れによる褥瘡(床ずれ)等の原因となることがありますので、十分にご注意下さい。

※クッションをご使用になる場合は、厚みに応じて前座高が高くなりますので、サイズ確認の際は厚みを加算してお考えください。

質問

購入前に特に注意することは?
(ご購入前の注意事項)

弊社では出来るだけお求めやすい価格で販売させて頂くため、サイズ違い、イメージ違いなどお客様のご都合での返品・交換は基本的にお断りさせて頂いております。
そのためご注文の前に、商品について十分なご確認をお願い致します。

「自走式」「介助式」お間違いはありませんか?

自走できるタイプは、後輪の外側にハンドリムが付いているのが特徴です。

自走
介助

介助ブレーキの有無をご確認されたでしょうか?

「自走専用」や、「介助式」でも介助ブレーキの無い商品もございます。平坦な場所以外でご利用になる場合は、付いていた方が安全です。
介助ブレーキ

サイズはご確認されたでしょうか?

座幅(シート幅)、前座高は、ご利用者様のサイズと合っているでしょうか?
また普段ご利用する場所(廊下など)、積み込む車のサイズなども、ご確認ください。

車椅子サイズ
廊下サイズ
車サイズ

必要な機能をご確認されたでしょうか?

タイヤの種類や移乗に便利な機能など、必要な機能が付いていることをご確認ください。
機能

車椅子の重量はご確認されたでしょうか?

ご購入後に「意外と重かった」とのご相談を多く頂いております。
介助する方が持ち運ぶことが出来るか、よくご確認ください。
持ち運び

車椅子には、様々な種類・機能がございます。
かかりつけのお医者様や、ご利用の施設などにもご相談いただき、ご利用者様にも、介助する方にも使いやすい車椅子をお選びください。
このページが、車椅子ご購入前の
お役に立てれば幸いでございます。