Premium Moomin

博多人形師によるこだわりのムーミンができました


原型の制作・型取り・彩色まで、すべての工程をたった一人の人形師が制作したこだわりの「ムーミンの博多人形」が誕生しました。すべてが職人の手仕事。きめ細やかな土の質感とぬくもり、丁寧な彩色、普段の生活の中で楽しんでいただけるよう、一つひとつ丁寧につくり上げています。現代の人形師の新しい感性と伝統工芸品としての魅力を備えた、熟練の匠の技としてお楽しみいただけます。

一緒に並べたくなる素敵な仲間が登場


ムーミンの博多人形に新しく「スノークのおじょうさん」が仲間入りします。スノークのおじょうさんはムーミンの大事なお友達。きれいに梳かれた前髪と金のアンクレットが特徴で、おしゃれが大好きな女の子です。ピンクのネックレスでおめかしして、ムーミンを見つめています。ぜひ仲良く一緒に並べてあげてください。結婚式のウェルカムドールにも良さそうです。

ムーミンの博多人形


ムーミンの立体造形に興味を持ったのは、フィンランドのムーミン谷博物館を訪れた時でした。そこには作者トーベ・ヤンソンと友人トゥーティッキ・ピエティラらによって制作された、5階建ての青いムーミン屋敷の立体造形がありました。そこにいるムーミン一家やムーミン谷の仲間たちは、細部まで表現されていてとても生き生きとしていたのです。そんなムーミンを忠実に再現するために選んだのが「博多人形」です。

世界でもっとも表現力豊といわれる博多人形。自由度の高い型取り、細部にこだわった彫り込み、色付けにいたるまで一人の人形師がおこなう作品は高いクオリティを持っています。地元福岡であるハイタイド×400年の伝統を伝える人形師さんとの出会いにより「ムーミンの博多人形」は作られることになりました。

博多人形とは


長い歴史のなかで育まれてきた博多人形。博多人形の歴史は古く、1600年黒田長政の筑前入国に伴って多くの職人が集められ、その職人たちから素焼き人形が生まれ、現在の伝統工芸の礎がつくられたといわれています。江戸時代の後半に正木宗七(宗七焼)や、中の子吉兵衛・白水武平などの名工たちが活躍しました。明治になり写実的な意匠が取り入れられ、パリなど国際的な博覧会で高い評価を受け、日本を代表する美術工芸として「博多人形」の名で知られるようになり、昭和51年、国の伝統的工芸品に指定されました。

人形ができるまでを少しだけご紹介


原型の製作から、墨割り、石膏での型取り、素地づくり、焼成/彩色行程などさまざまな行程を経てムーミンの博多人形は作られています。すべての工程をたった一人の人形師が制作しています。

商品詳細
(MM051) 幅6.8 × 高さ 14.3 × 奥行8.0 (cm)
(MM076) 幅6.8 × 高さ 13.8 × 奥行7.0 (cm)
サイズ
素焼き粘土
素材
日本
生産
桐箱入り
パッケージ
ハンドメイド
備考
注意事項
  • 博多人形は素手で扱わず、布や紙をあてて取り扱ってください、ほこりは、きれいなハケのようなほさきで静かに軽くなでるように扱ってください。
  • ぬれた布などで拭かないようにしましょう。
  • ご注文確定後のキャンセル、交換、返品はお受けできません。
  • 博多人形は人形師が手作業で制作しているため、若干の個体差がございます。作品の表情の一部としてご理解いただいた上お買い求めください。
  • 博多人形職人が、一体一体完全手作りで制作しておりますので、初回生産品で不良が発生した場合は交換対応の納期が遅れます。あらかじめご了承ください。