ShiShitouri

新年はリサの亥(い)と一緒に!


新年はいつもリサ・ラーソンの干支シリーズと共に。第6弾となる今回は亥(い)、つまり猪です。大きな猪に子供の瓜坊(うりぼう)がピッタリくっついているので「ししとうり」と名付けられました。

まっすぐ脇目も振らずに進んでいけるのは、守ってくれるあなたがいるから。勇気のそばにはいつだって身近な感謝があります。でも、私達はついつい近くの愛に気づかず、遠くの夢ばかり求めてしまう。そんな空気みたいな、見返りを求めない本当の愛よ!いつも最初から、すでにそこにあった大きな愛よ!いつも、いつでも、ありがとう!

ししとうり。勇気のそばには、このこがいる。「ししとうり」は平成最後を飾る、 愛と勇気のモニュメントです。

波佐見焼とは?


長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器のこと。歴史が長く、400年以上前から生産されていました。波佐見焼の生産地は長崎県東彼杵郡波佐見町。波佐見町は燃料(木々)、水(小河川)、土(陶石)というやきものの生産に欠かせない3つの条件が揃った、窯業に非常に適した環境を持つ地域です。

スウェーデンの自宅のアトリエにてリサがデザインし、原型を製作。リサも信頼を寄せる長崎県の波佐見にて生産をおこないました。

亥について 猪は猪突猛進 (ちょとつもうしん)と言うように、まっすぐに我が道を進んでいく強い意志を象徴しています。勇気と無病息災の象徴とも言われています。

2014年の午からはじまり、未、申、酉、戌と続いてきた干支シリーズに最新作「亥」が仲間入り。干支シリーズをぜひコンプリートしてくださいね。

商品詳細
幅9.0 × 高さ7.1 x 奥行3.7 (cm) 58g
サイズ
磁器(波佐見焼)
素材
日本
生産
貼り箱入り
パッケージ
注意事項
  • 職人の手作りのため個体差がございます。
  • こちらの製品はLISA LARSONより許諾を受けた日本のライセンシーによる、日本企画の正規品になります。
  • 素材の特性上、製造工程で生じる塗装ムラや、黒点、汚れなどが見られる場合がございます。あらかじめご了承の上お買い求めください。