Felt Sabo

秋冬はこれで決まり!あたたかくて履き心地のいいルームシューズ


スペインから届いたKOYUK(コユック)社のフェルトサボは、フェルトとボアのあたたかな素材の組み合わせが秋冬にぴったりな防寒ルームシューズです。

寒い季節は室内まで底冷えして足元も冷えますし、きちんと防寒用のルームシューズを揃えて冬場を迎えませんか?見た目に外履きでもOKなこのフェルトサボなら、しっかりあたたかく防寒しながらも見た目にはスマートに、お客様を迎えるときにもだらしなく見えません。

つま先までしっかり暖かいフェルト素材


アッパーには、ギュッと目の詰まった圧縮ウール(フェルト)を採用。丈夫さはもちろん、冷気も通しにくいから、つま先が冷えにくいようになっています。

履いて気持ちのいいボア素材


インソールにはボア素材を採用。モコモコな肌触りでクッション性も備えています。冬場は寒いのでどうしても出不精になりがちですが、せっかくお家でのんびり過ごすのなら、こんな快適なルームシューズを選んでみてはいかがでしょうか。


どちらもシックでお部屋に馴染みやすいチャコールとグレーの2色展開です。

サイズはレディースのみ。36(22.5 - 23.0cm)と37(23.0 - 23.5cm)と38(23.5 - 24.0cm)の3サイズご用意しています。

スニーカーみたいに頑丈な作り


フェルトサボは、アッパーとソールを熱と圧力で接着させる「バルカナイズ製法」で作られています。ソールが剥がれにくく、型崩れもしにくいのが魅力です。

底面がゴムなので床を傷つけず、フローリングでも滑りにくいので安心。見た目はそのまま外履きなので、オフィスでも利用しやすく、そのままランチに行っても見劣りしないので使い勝手がいいです。


KOYUK(コユック)について


スペインはシューズの産地、南部のアリカンテ市に近いアルハマ・デ・ムルシアに1989年創業。当初はフランスやイギリスの国内ブランドのOEMがメインでしたが、技術力、デザイン力をつけたのち、5年で自社ブランドKOYUKを立ち上げました。いまだ面倒で大量生産が技術的に困難なバルカナイズ製法にこだわるのは、創業者で代表でもあるドミンゴ・ロホ氏の、「大量生産が可能なインジェクション製法だとアッパーとソールの釣り合いが取れず、ちぐはぐに見える」という一言に集約されています。

2008年に工場を新しく市郊外の工業地帯に移し、設備も新しく整えて、クライアント別注も積極的に手掛けるようになってきて、ヨーロッパの他、北米、アジアからの引き合いも増えてきています。

商品詳細
36サイズ / 22.5 - 23.0 (cm)
37サイズ / 23.0 - 23.5 (cm)
38サイズ / 23.5 - 24.0 (cm)
サイズ
アッパー/ポリエステル100%、ライニング/アクリル100%、ソール/ラバー
素材
スペイン
生産
紙箱
パッケージ
注意事項
  • 海外からの輸入品のため一部パッケージ擦れやソール(底)の汚れなどがございますがご了承ください。
  • 中敷に貼付されているロゴタグは位置ズレなど個体差があります。またタグはシールのため使用するうちに剥がれる場合がございます。
  • サイズはあくまで目安となります。多少の誤差や、足の形などもあり使用感には個人差があります。