#02 CLIP PEN

機能性を備えたクリップ付きモデル


「100%メイドインアメリカ」と「長く使える」を形にしたSCHONDSGN(ショーン・デザイン)のペンコレクションに、クリップ付きモデルが登場しました。2012年の#01 発売以降、プロダクトデザイナーのイアン・ショーンのもとへ寄せられたユーザーからの様々なフィードバック。その中で最も多かったのが、このクリップ付きモデルを望む声でした。#02 は、そんなユーザーの声とショーンのものづくりの理念が融合して生まれたコレクションです。

また「長く使える」ために、#02のクリップペンはとてもシンプルな構造になっています。ステンレススチールの板材を折り曲げた構造は、板バネなどにも使わるように高強度で、クリップは2本の星形ビスで固定されています。負荷のかかる取付部ですが、万が一破損や変形した場合も簡単に交換できるのは安心です。

無駄のない完璧なデザイン


「毎日使うものこそ、長く使えるべきだと思う。機械式の時計のように世代を超えて受け継がれるペンが作りたかったんだ。」ショーン・デザインのペンは、まさしくこの言葉を形にしたものです。

ボディとキャップの長さは2:1の比率で、均整のとれた美しさ。キャップを閉じるとボディ中央に境界線が現れ、この比率が1:1となります。これは見る人すべてが調和を感じるデザインです。シンプルにすることで飽きることもなく、また時代が変わっても受け入れられる普遍的なものになっています。

長く使えること


金属無垢を削りだして作られたボディは機械的な故障が起こりえないシンプルな構造で、ペンそのものは何世代にも渡って使い続けることができます。

切削加工は、プレス成型にくらべるとはるかに時間も手間もかかりますが、とても頑丈。金属の厚みもあるので破損することはほとんどありません。書くための日用品を、一生つかう、世代を超えて使うものに仕上げた製品です。

リフィルについて


ショーン・デザインのペンは、フィッシャー社のスペースペン インクカートリッジを採用しています。スペースペン インクカートリッジはNASAの宇宙飛行士に使用される優れたカートリッジです。ドライアップしない特殊なインクで品質保持期間は100年以上とも言われる優れもの。これもまた「世代を超えて受け継がれるペン」であるための重要な要素となっています。


* ペンの出荷時にはブラック(中字)のカートリッジがセットされています。

選ぶ楽しさのあるコレクション


ショーン・デザインのペンは素材や加工を変えたコレクションが発売され、それもまた魅力となっています。左側からフラッグシップとなる「クラシックアルミニウム」、耐腐食性を高めた「ブラックアルミニウム」、素材違い&光沢の美しい「ステンレススチール」この3つが基本モデルです。

またハイエンドモデルとして提供される(残りの)3つは、製造に非常に手間がかかる特別なものです。「ブラス」「コッパー」は、時間とともに色味が増し、マットな質感に変わるなど経年変化が楽しめます。「チタニウム」には高級時計などにも使われるグレードの高い素材/加工方法が採用されています。


左側から:クラシックアルミニウム/ブラックアルミニウム/ステンレススチール/ブラス/コッパー/チタニウム

こちらはアルミニウムにランダムに陽極酸化処理を施したマルチカラーモデル。色や模様が不規則に描き出されます。同じ模様は2つとありませんので、愛着を持ってお使いいただけます。金属ならではの光沢のある発色が美しい1本です。

嬉しいもう1つの機能性


ショーン・デザインのペンは軸の天ビスを外してリフィルの入れ替えをします。慣れると比較的簡単ですが別途道具が必要なため煩わしくもありました。クリップ付きモデルではここを改善し、クリップ部を差し込んで天ビスを外せるようになっています。


リフィル変更時の注意:固めに締めてしまうとリフィル変更時にボディやクリップを傷付ける恐れがあるのでご注意ください。はじめてのリフィル変更はドライバーをご利用いただいた方が安心です。

こだわったのは100%アメリカメイド


ショーン・デザインのペンは本体だけでなく、パッケージやリフィルまで全てがアメリカ国内で製造されています。これは製品の品質を維持するだけでなく、アメリカの製造業を後世に残したいという思いも込められています。

軸本体はマサチューセッツ州のボストンの工房、リフィル交換用の真鍮ネジもボストンにある最も古いネジ工場の1つで作られます。ネバダ州で作られたFisherのリフィルがセットされ、カードボードチューブのパッケージはミシガン州にある薬莢用の紙筒を手掛ける工場に依頼。品質検査・パッケージングなど最終工程は、イアン・ショーンの工房で職人の手作業によって行われます。



ショーン・デザインについて


エンジニア、プロダクトデザイナーのイアン・ショーンが2012年にスタートした高級ペンブランド。イアン・ショーンが作りたかったものは「毎日使うもの」「長く使えるもの」 彼はこの条件を満たすものとして、シンプルで金属のみでできたペンを作ろうと決意します。2012年、最初の2000本が完売するとSNSで話題となり、現在ではアメリカ国内15店舗で販売されています。



Ian Schon / イアン・ショーン

エンジニア、プロダクトデザイナーとして、イアン・ショーンはペンの製造以外にも様々なプロジェクトを行っています。米国ファイアフライ社の自転車フレーム製造を手掛けるなど、自身で自転車ステムブランドも経営。また現在、腕時計の開発プロジェクトも進行中です。


商品詳細
本体 / 幅1.6 × 高さ10.2 × 奥行1.2 (cm)
使用時 / 幅1.6 × 高さ14.5 × 奥行1.2 (cm)
サイズ
合金(各モデルにて異なる)
素材
アメリカ
生産
紙筒入り
パッケージ
Ian Schon
デザイン
フィッシャースペースペンインクカートリッジPRシリーズ
リフィル
注意事項
  • 本製品は金属無垢を削りだして作られています。新品の状態でも細かな傷が付いたように見える場合もございますが商品特性としてご理解ください。
  • ブラス(FT148)/ コッパー(FT149)は素材の特性上、黒ずみや緑青(ろくしょう)などその他、経年変化が発生している場合もございますが不良品ではございません。
  • 輸入品のため予期せぬパッケージ変更やモデルチェンジ・廃番により交換品がご用意できない可能性もございます。あらかじめご了承ください。