ホテル業界ニュース

ホテル業界ニュース
(2022年 1月27日号)
■熱海後楽園ホテル(静岡県熱海市)では、「ゴジラ」とコラボしたリアル脱出ゲーム「ゴジラ迫るホテルからの脱出」を今春より開催する。
同企画は、熱海を舞台にゴジラを題材にしたリアル脱出ゲームで、舞台は1962年公開の映画「キングコング対ゴジラ」の決戦の地でもある熱海。ここに突如としてゴジラが出現。熱海後楽園ホテルの部屋を中心とした施設内に隠された謎や仕掛けを見つけ出し、出会う人々やホテルスタッフと交流しながら謎解きを体験していく。同作はリアル脱出ゲームとともに、東宝が協力をした現在の熱海へゴジラが襲来する様子を描くオリジナルストーリーとオリジナル映像が楽しめるという。開催日程やチケット、詳細などは後日予定。

■ホテルニューオータニ幕張(千葉県幕張市)の「ザ・ラウンジ」では、アニメ「鬼滅の刃」とのコラボビュッフェを開催している。
店頭には、ホテルスタッフの制服を身にまとったufotable描き下ろしイラストのキャラクター達のフォトスポットが登場。そのほかにも、藤の花の装飾やキャラクターのパネル装飾など、アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターたちに囲まれながら、スぺシャルビュッフェを楽しめる。「ザ・ラウンジ」で提供している通常メニューに加え、コラボメニューも展開。作品内で炭治郎が食べた「山かけうどん」を再現した「浅草風 山かけうどん」、炭治郎と禰豆子の絆をイメージした「ポークかつ"絆"サンド」、禰豆子の竹筒をイメージした「竹筒のバラちらし」などがラインアップ。キャラクターをイメージしたコラボノンアルコールカクテル4種も用意。注文した人には、ホテルスタッフに扮する「鬼滅の刃」のufotable描き下ろしイラストキャラクターをデザインしたコースターをプレゼント。来店特典として、ランチョンマットとオリジナル箸&箸袋セットをプレゼント。ランチョンマットは、同ホテルのスタッフに扮する「鬼滅の刃」のufotable描き下ろしイラストのキャラクターをデザインしており、期間中、前半(1月5日~2月18日)と後半(2月19日~3月31日)でキャラクターが変わるという。オリジナル箸&箸袋セットは小学生以上を対象にプレゼント。 3月31日まで。

■横浜ロイヤルパークホテル(横浜市西区)は、52階~59階に位置する「レギュラーフロア」(全8フロア320室)の客室と廊下、エレベーターホールを改装し、3ヵ年掛け順次リニューアルオープンする。
今回のリニューアルは、2018年・2019年に実施した60階~67階「スカイリゾートフロア」の改装に続くもので、これにより、全客室フロアの改装が完了する。今回の改装では、1993年開業当初から使用していた家具を廃棄することなく、修理をして再活用。また、不要となった羽毛布団を「グリーンダウンプロジェクト」へ提供するなど、廃棄を減らす取り組みも行うという。その他、プラスチックの使用量を削減した「エコアメニティ」の導入など、SDGsの取り組みを積極的に行う一方、客室テレビにはミラーリング機能を搭載し、様々なVODサービスにも対応する。工事期間は、今年1月~3月が57階~59階「レギュラーフロア」の客室120室、来年(時期未定)が55階~56階「レギュラーフロア」の客室80室(予定)、再来年(時期未定)が52階~54階「レギュラーフロア」の客室120室(予定)。

■ホテル丸福樓(京都市下京区)が4月にオープンする。
任天堂の旧本社がホテルに生まれ変わる。1889年に山内房治郎が花札を製造したことからその歴史が始まる任天堂の旧本社内に誕生するもので、建物は「山内任天堂」として花札やカルタ、トランプを製造していた頃のもの。看板には、任天堂の当時をしのばせる「かるた」と「トランプ」の文字が描かれている。1959年に京都市の福稲上高松町に移転して以来、空き家のままであった旧本社ビル。客室は、スイートルーム7室を含む全18室。客室は33平方mから79平方m。予約の際に、旧館と新館のどちらかを選択することができ、旧館は当時の建築様式や内装をいかした空間で、安藤忠雄氏が設計監修した新棟はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間。敷地内には宿泊者用のレストランとダイニングラウンジなどを併設する。宿泊プランはオールインクルーシブで、夕食、朝食、客室ミニバー、ラウンジでの飲物や軽食が宿泊料金に含まれる。季節の食材を活かした体に優しい無国籍料理を、夕食、朝食ともにコース仕立てで提供する。料金は1室2人利用で10万円から。場所は、京都の鴨川や高瀬川に近く、京都駅から車で6分の立地。

■志摩観光ホテル(三重県志摩市)では2月1日より、ホテルオリジナル日本酒 純米大吟醸「志摩」(750ml)を数量限定で販売する。
同商品は、三重県伊賀産の「山田錦」を使用した新酒。三重を代表する日本酒「作」を醸す清水清三郎商店が醸造を担った。昨年販売した開業70周年記念日本酒に続く第2弾のオリジナル日本酒となる。華やかな香りに喉越しはなめらかで、後味はすっきりとした辛口の味わいだという。販売店舗は同ホテル内「ザ クラシック ショップ」「ザ ベイスイート ブティック」、都ホテルオンラインショップ。販売価格は税込6,000円。販売数は450本。ホテル内各レストランでもボトル・グラスで販売する。

■びわ湖大津プリンスホテル(滋賀県大津市)36階の和食清水で、「海と日本プロジェクト」とのコラボメニュー、キンメダイの煮付けの提供が始まった。
高知県宿毛市から直送したキンメダイを「遠藤醤油」のしょうゆで煮付けた。「海のない滋賀で、海の幸に親しみを持ってもらいたい」という海と日本プロジェクトin滋賀実行委員会の呼び掛けに同ホテルが応え、コラボメニューが実現したという。程よく脂が乗ったうま味の強いキンメダイの味が引き立つように、あっさり甘めに炊き、木おけ仕込みの遠藤醤油を使うことで風味豊かに仕上げた。海は、昆布、かつお節など、和食の根底にある味付けに欠かせないもの。料理のことだけでなく、自然環境にも思いをはせてもらえればとしている。

■ホテルアソシア豊橋(愛知県豊橋市)は、豊橋ブランドさつま芋「うずらいも」のスイーツを販売している。
同ホテルでは、道の駅とよはしと商品開発などのコラボレーション事業を加速。道の駅とよはしが開発に携わったブランドさつま芋「うずらいも」をもっと多くの人に知ってもらいたいと素材の味わいを生かしたスイーツを作った。同ホテルはJR豊橋駅ビルに位置して鉄道利用客が多い。一方、道の駅とよはしは国道23号豊橋東バイパスに接続し、自動車利用客が多く訪れる。客層の違う両者がコラボすることで、相互の顧客に自らの存在をアピールすることを狙う。

■ホテル ザ ミツイ キョウト(京都市中京区)では、アルマーニ/リストランテ(ARMANI/RISTORANTE)とのコラボアフタヌーンティーを提供している。
両者がタッグを組み、10日間限定のオリジナルメニューを展開。ティースタンドに並ぶのは、ティラミスやモンブランシュークリーム、いちご柚子タルト、アルマーニチョコレート、サーモンロール、和牛のハンバーガーといった13種の上質なスイーツ&セイボリー。さらに、アルマーニ/ドルチの個性豊かな紅茶10種をお土産としてプレゼント。また、同ホテルでは、アルマーニ/リストランテのエグゼクティブシェフ カルミネ・アマランテ自らが腕を振るう特別なコースメニューも提供。京都食材を主に使用したディナーコースやランチコースを楽しめる。1月31日まで。

■掛川グランドホテル(静岡県掛川市)では、JA掛川市が共同開発した、掛川茶と掛川産の抹茶をふんだんに使用したご当地ケーキ「CHABATAKE」を販売している。
同スイーツは、先日、同市で行われた将棋の王将戦で、藤井聡太四冠が食べたことで問い合わせが急増し、いつもより多めに準備していたという50本が即完。パティシエが徹夜でつくっても生産が追い付かないほどの人気になったという逸品。通常はホテルのほか通販でも購入できるが、現在は予約待ちになっているという。

■HOTEL AlaCOOJU OKINAWA (沖縄県浦添市)が12月に開業する。
前田産業ホテルズとして、グループ6ホテル目となる。同ホテルは、同じく開業予定の複合ビル「ゆがふBizタワー浦添港川」の9~17階部分に出店するもの(1~8階はオフィス)。ホテルの構成は、1階にホテル専用エントランス、9階にロビー、レストラン・ラウンジ、インフィニティプール、ルーフトップガーデン、10~17階に客室を配置する。デザインコンセプトは「"やんばる"のウフギー(大木)」で、1階エントランスホールでは、包み込むように幹を広げる大木が出迎えるという。また、9階のロビーは空に向かって開けた空間で、ロビーからつながる屋外のルーフトップガーデンからは、東シナ海・ケラマ諸島が一望できる。客室は、ダブル・出窓のあるウィンドウシートツイン・畳小上がりツイン・デラックスツインの全4タイプ・120室。ファミリー・グループでゆったりと過ごせる広めの客室、素足でリラックスした滞在ができる「小上がり」がある客室、ビジネス向けのコンパクトで機能的な客室など、様々なバリエーションを用意した。レストランでは、沖縄料理を食べやすくアレンジし、「ここでしか味わうことのできない料理」や「沖縄のソウルフード」を季節の野菜・食材を中心に調理。店内にはライブキッチンも展開し、沖縄のソウルフード「チキンの丸焼き」などもライブ感を出しながら提供するという。提供スタイルは、季節のメニューをプレート(御膳)で提供するセットメニューとし、一部、デザート・ドリンクなどはブュッフェスタイルとする予定。



※「ホテル業界ニュース」は、普段は、ホテルの支配人様や従業員様からのご要望により、ホテル業界向けとして長年お届けしている情報です。
(プレスリリース・マスコミ発表された業界のニュースを中心にクリップ版としてお届けしております。記事は約一週間程度で消去・更新されます)