HOTCH POTCH FASHION SELECT STORE
NEW ITEM/新商品紹介 RANKING/人気商品
COLOR グレイ
PRICE 5,040円(税込)
COLOR ホワイト
PRICE 5,040円(税込)
COLOR ホワイト
PRICE 5,040円(税込)
COLOR ホワイト
PRICE 5,040円(税込)
COLOR ラベンダー
PRICE 5,040円(税込)
COLOR シャーベットピンク
PRICE 5,040円(税込)

Get Lost S/S T
履いているときはシンプルなサンダルに見えるけど、脱いだらニッコリ笑うニコニコマークが見えてとってもカワイイ♪

Simple Mini Tote
底面に長めのお弁当バコがすっぽり収まる大きさ☆ランチバッグ、お散歩バッグに♪
ARTIST/アーティスト
Melvin Galapon / メルヴィン・ギャラポン
1981年イギリス南部に生まれ、Burnleyといういぎりす北西部の小さな街で育ったイラストレーター / デザイナーのメルビンは、セント・マーティンズ校在学中から、Wallpaper、New york Times、The Guardianを始めとする世界各地の雑誌の仕事をこなしてきた。現在は、ロンドンを拠点に活動し、イラストレーション、インスタレーション、デザインをミックスした作品を数多く発表している。
Genevieve Gauckler / ジュヌヴィエーヴ・ゴクレール
パリを拠点に、イラストレーター、アートディレクターとして活躍。幅広く愛されるファニーなキャラクターを数多く生み出している。そのキャラクターたちが日常のシーンとブレンドされた表現が、ファンタジーの世界を現実へと変化するところに彼女のマジカルな才能があふれている。2001年以来、イラストを数多くの雑誌や広告に提供し、トイ・フィギアやTシャツのデザイン、ビデオ作品などを手がけ、パリのコレット、東京、オランダなどでも個展が開催され、彼女のスタイルは、各国で高く評価されている。
Nina Rhode a.k.a. Ninja Pleasure / ニーナ・ロード(別名:ニンジャ・プレジャー)
1971年デュッセルドルフ生まれ。ベルリンを拠点に活動するアーティスト。ベルリンとニュージーランドのアートスクールで学んだ後、ベルリンのアーティスト集団Honey-Suckle-Company(HSC)に参加。その後、世界各地で個展やグループ展に参加。一方で、カナダ出身のピアニスト、Gonzalesとのコラボレーションでもよく知られている。ミュージックビデオやアルバム・スリーブでも彼女の作品を見られるほか、ステージのセットなども手がけている。2009年には、Mockyのアルバムにも彼女の作品がフューチャーされた。
Esther Kim / エスタ・キム
エスタが描くPOPで可愛らしいドローイングは、女の子達が持つお洒落したい!という気持ちを楽しく表現しています。女の子はお洒落や可愛いものに目がありません!そんな、すべての可愛いがつまったエスタの世界をお楽しみください。韓国系アメリカ人であるEsther Kim。日本ではNYLON MAGAZINE やISETANのカタログ用のイラストレーション、韓国ではELLE GIRL の為に仕事を手掛けました。彼女は頭の中で思い描いた物語を絵に描き起こすのを得意としており、独特の世界観を演出します。彼女は、可愛いだけでなくどこかパンチの利いたエッセンスを絵に付け足すので一度みたら彼女の絵だとわかります。
Sophie Toporkoff / ソフィ・トポルコフ
Art direction,Graphic design,Artマルタン・マルジェラのコミュニケーションアートディクレターとしても活躍するパリの女性グラフィック・アーティスト。パリ、ベルリン、N.Y.で学んだ後、Mark BothwickやLaetitia Benat等才能溢れるフォトグラファーやイラストレーターと共に、Rendez-Vous、AGENDAといったカルチャー誌を制作。コレット、コカ・コーラ、ナイキ、ポーター、阪急といったブランドや企業とのプロジェクトや、Palais de Tokyo、Cosmic Galerieにアーティストとしての参加、またミュージシャン(Tigersushi, Versatile等)とのコラボレーション等精力的な活動を続ける。多数のドローイング作品を制作する傍ら、2008年マルタン・マルジェラのコミュニケーション・アート・ディレクターに就任。新しいアイデアとインスピレーションを探求し続け、独特のスタイルを持つ彼女の作品は注目を集め、これまでにAllodi-R(Toyko), Colette(Paris)、Tsumori Chisato(Paris)での個展や、今年はLa Bank gallery(Paris)での展示も予定されている。
Danny Sangra / ダニー・サングラ
ダニーサングラは、ロンドン在住のアーティストです。様々な表現方法で町中の至る所に出没しています。今までに、フィレンチェ、N.Y.、ベルリン、マドリッド、東京、バハマなど世界各地で展示会を開催。ファッション界での人気が高く、マーク・ジェイコブスやステラマッカートニーも気に入り、2009AWと2010SSのルイ・ヴィトンのプリントデザインを手掛ける事が決まっています。
//DIY / ディ・アイ・ワイ
スイスを拠点に、多様なクリエイティビティをが交差するメディアプラットフォームを目指すDIY。 //DIY(do it yourself)は2001年にecalを卒業したLaurence Jaccotte、Philippe Cuendet、Ivan Liechtitにより設立されたグラフィック・デザイン・スタジオ。設立時から、//DIY独自のブランドである+41を展開。彼らは簡単に着られる衣服と、彼ら独自のグラフィックセンスの行かされた刺繍/ プリントなどとの新しいマッチングを探求している。
Karl Grandin / カール・グランディン
スウェーデンを中心に活躍するカールグランディンは、そのPOPさとデザインの落とし込み方は一見わかりやすいデザインに見えます。しかし、彼の作品の後ろにはdeepなコンセプトがある事がしばしばあります。世界中のトレードマークを使用したセーターの作品は、ファッションシーンを揺らぐ問題作!そんな恐れを知らないチャレンジ精神をPOPな世界に投げかける、グラフィック界のパンクな存在です。2004年にスウェーデンでスタートしたブランドCheap Mondayのプリントデザインやグラフィックをてがけているアーティストであり、ファウンダーであるKarl grandin。独特なティストをもったドローイングで、時には選挙のポスター、時にはショップのウィンドウ、ディスプレーなどと洋服以外にも様々な媒体のドローイングを手掛けるアーティスト。CheapMondayはH&Mに買収され、世界中で注目を浴びるブランドへと成長している。
Stefan Marx / ステファン・マークス
ドイツ・ハンブルグのスケートボードカルチャーを盛り上げているアーティスト。彼の描くドローイングの世界は、スケートボードシーンのみならず、多くの人に愛されています。一度見たら、Stefanの作品だ!とわかる位、作風にオリジナリティーあり、どことなく可愛いな!とくすっと笑いを起こしてしまう、素敵な作品を作り出します。1979年生まれ。ドイツ・ハンブルグを拠点にアーティスト・イラストレーターとして活躍する。ドローイング、スケートボード、本、スケッチブックなど、彼が「愛するもの」を活動源とし、作品集の出版、アートエキシビション、CDカバーのデザインなど幅広い分野で才能を発揮する。ドローイングや絵を通して彼の世界観、思想、スケートボーダーとしてのインディー精神を表現し、独自の目線で世界を描き出す。インディペンデントTシャツレーベル『THE LOUSY LIVINCOMPANY』を立ち上げ、少数生産ながらクオリティー・クリエイティビティの高いTシャツをデザインする。これまでに数々の作品集が出版され、2007年には最新作品集「IWait Here For You Forever as Long as It Takes」がスイスのアート出版社Nievesから発売。
Jonathan Zawada / ジョナサン・ザワダ
卓越したセンス、描画力を持つジョナサン・ザワダは、現在注目の新々気鋭のアーティスト。シドニーを拠点に活動するアーティスト/グラフィックデザイナー。ジョナザン・ザワダは、卓越した描画力、モチーフのセレクト力、グラフィックセンス、それぞれを合わせ持ち、その若い感性から生まれる様々な発想を、見事なアートワーク、グラフィックデザインとして完成させている。1981年にオーストラリアのパースで生まれ、幼少期をパース、メルボルン、そしてシドニーで過ごす。主に音楽、アート、ファッションの分野で活躍し、クライアントにはファッションブランドのKsubi、モジュラー・レコード、The Presets、TinaKalivas、雑誌「Nylon」、コカ・コーラなど。ウェブデザイン、アニメーション、イラストレーション、服飾、本、雑誌、写真のアート・ディレクションも手掛ける現在注目のオーストラリアアーティスト。
Carolin Loebbert / カロリン・ロバート
ドイツ・ハンブルグを拠点に活躍するカロリン・ロバート。彼女が描く絵の世界は、オリジナリティーが強く、彼女が心より愛する自然が沢山描かれています。1981年、ドイツウエストファーレンのハルターン生まれ。2002年にハンブルグ応用科学大学にてイラストレーションとコミュニケーションデザインを学び始める。2003年よりベルリン、ストラスバーグ、東京などにて複数のグループ展に参加。2004年より様々な雑誌や選集で活躍。2004年よりフリーランスのイラストレーター、そしてグラフィックデザイナーとして活動する。2008年の始めにハンブルグのギャラリーLinda e.Vで発表したプロジェクト“Alles ist Zahl”により優秀な成績を納め卒業。現在ハンブルグに拠点を置いている。
黒川知希 / Tomoki Kurokawa
独自の概念の元に描かれた細密描写や透明水彩技法のアートワークで注目を集める。75年三重県生まれ 黒黒黒主催。2000年よりイラストレーターとして活動。独自の概念の元に描かれた細密描写や透明水彩技法のアートワークで注目を集める。以後、アート、グラフィック、ウェブの制作に携わる。著作に「NO/TE」(kurokurokuro publishing)、「2027」(ブルース・インターアクションズ)がある。また、ファッションブランド『UNNON』に参加のほか、絵画作品は今春より、『NANZUKA UNDERGROUND』にて取り扱われている。
牧鉄兵 / Teppei Maki
LAに拠点を置き、益々活躍中の映像の魔術師『牧鉄兵』。彼が描く天才的な映像作品は、人々の心を鷲掴みにします。 牧鉄兵は、1978年大阪生まれの映像作家であり漫画家。近作は、DJ KENTAROの『ShurikenCut』『TASOGARE Highway High』、OMODAKAの『Kokiriko Bbushi』、KASKADEの『BE STILL』、FUURIの『NANA SONG』などのミュージックビデオ。膨大な作画を軸にしたアニメーションを主体、RESFESTなどの映像祭典への出展。MVやTV番組のタイトル映像3DCGなど幅広い映像表現を手がける。
広岡毅 / Tsuyoshi Hirooka
グラフィックを自由に扱う魔術師!2Dグラフィックを中心に、その手にかかればなんにでも表現してしまう。国内外を問わず多方面で活躍中。1973年東京生まれ。1997年よりフリーデザイナーとして活動。2000年5月よりLEVEL1として活動開始。紙媒体の2Dグラフィックデザインを中心に、ロゴマークデザイン、Tシャツデザイン、エディトリアルデザイン、映像製作、VJなどを手掛ける。
Tsuyoshi Kusano / 草野 剛
1973年東京生まれ。株式会社アスキーを経て、有限会社草野剛デザイン事務所を設立。グラフィックデザイン全般の制作を行う。1993年に藤本健太郎、穴沢一夫と共にグラフィック集団Nendo graphicsを発足。1999年に内沢裕一、広岡毅と共にライティング&デザインチームLEVEL1としても活動を開始。
IPPI / イッピ
京都出身、東京在住。一枚のフライヤーに衝撃を受けグラフィック制作を始める。伝説的アンダーグラウンドパーティー<FLOWER OF LIFE >のグラフィック制作を担当し、BOREDOMS、DANIEL WANG、KAORU INOUE、MANUEL GOTTCHINGといった国際的に著名なアーティストのCDジャケットを手掛けている。音楽、雑誌、アパレルブランドでのグラフィック制作多数。グラフィックレーベル<VISIONS>主宰。海外や公共空間での作品発表、作品集の制作を視野に独自の活動を行っている。
NA2ME / ナツメ
大阪府出身。2002年に活動開始。2006年、活動拠点を 大阪から東京に移し一からの再スタートへ。FUDGE、MASSAGE、STUDIO VOICEなどに作品を提供。数々の展覧会を繰り返し、主にUNDER GROUND MUSICシーンと密接に関わったイベントオーガナイズCDジャケット、 フライヤーアートワーク、イベント展示など多岐に渡り活動中。
HOME WORK / ホームワーク
2002年にJack Dahl により設立されたグラフィックデザインスタジオ。デンマークを拠点にアート・ディレクション、ビジュアル・アイデンティティ制作、コミュニケーション提案等、ライフスタイル、ファッション、カルチャー関連クライアントに対してコンサルティングも行う。Self Service magazineやパリのWork in Progressと共にJil Sander、Chloe、Pucci、Pradaなど、今日のファッションシーンを牽引するブランドから数々のオファーを受ける。
Beci Orpin / ベキ・オーピン
オーストラリア・メルボルンを拠点に活動するアーティスト・デザイナー。ちょっと変わった複雑な作風とガーリーな妄想で知られている。1997年にテキスタイルデザイン科を卒業後、フリーランスとしてテキスタイルやグラフィックをデザインし、これまでにBurton Snowboards, Built by Wendy, Bloom Cosmetics, Time Warner,Universal music and Dark Horse comicsに作品を提供。2001年には自身のファッションブランドPrincess Tinaを立ち上げ、現在世界60店舗で取り扱われている。様々なメディアを用いたアート ワークも多数制作し、オーストラリア、UK、日本、スペイン、アメリカで25以上のエキシビションに参加。
BRAND/ブランド
Sanuk / サヌーク
西海岸のサーフシーンを中心として非常に高い人気を誇り、現在ではサーフシーン以外にも、あのブラピや数多くのハリウッドセレブ、ミュージシャンも愛用しています。タイ語で『Happy』を意味する『Sanuk』は柔らかく履きやすいゴム素材と珍しいトングデザインが斬新なビーチサンダルブランドです。