pitPackEU16i

サービス・修理の現場から、製品の流れを変えます。
持てる「技術力」を製品購入の直接動機に、そして、「安心」「簡単」「お得」を最大の製品特長に。
そんな思いで生まれた、「製品本体+点検整備プラン の組み合わせ商品」が「Pit Pack」です。

ピットパック説明図

機械に故障は付き物です。故障するまで使い続け修理依頼するより、年に一度や定期的に点検・整備するのがお客様の利益になると考えています。従来あった商品を組み合せているので、お客様にとってお得な価格に設定することが出来ました。経験豊富なサービススタッフが整備を担当するので、その後も安心して製品を使用していただけると思います。

点検期間は購入から1年までとなります。

EU16iのご案内

2010年7月機能を追加して新たにリニューアル
EU16i-JN3からEU16K1-JN3になりました。EU16K1-JN3は簡易アワーメータを新装備
(外見的には変更はありません。)

□ ホンダ発電機 EU16iの機能一覧

インバーター周波数直流出力並列運転防音エコスロットルオイルアラート

□ ホンダ発電機 EU16iの特徴

一人で持ち運び可能! このクラスでは一番売れているホンダ発電機です!

このEU16i、インバータ形式の発電機です。一般的にエンジン発電機はエンジンの回転を直接電機に変換していますが、エンジンの出力にバラつき画あるため、電気の波形に巾があり蛍光灯などのチラツキの原因となります。ホンダのインバータ発電機は先進の電子制御ユニット「正弦波インバータ」機構を搭載し、波形歪みの少ない、家庭に来ているような商用電源並みの良質な電気の供給が可能です。このため、コンピュータ関連機器や情報通信機器、測定器など周波数や電圧変動に神経質な機器にも安心して使用できます。
一人で持ち運び出来て、このクラスでは一番売れているホンダ発電機です。

始動確認

一般的にエンジン発電機はエンジンの回転を直接電機に変換していますが、エンジンの出力にバラつき画あるため電気の波形に巾があり蛍光灯などのチラツキの原因となりますが、EU16iは先進の電子制御ユニット「正弦波インバータ」機構を搭載し、家庭に来ているような商用電源並みの波形歪みの少ない良質な電気の供給が可能です。このため、コンピュータ関連機器や情報通信機器、測定器など周波数や電圧変動に神経質な機器にも安心して使用できます。

また、使用負荷に見合ったエンジン回転数を自動制御する「エコスロットル」を装備。たとえば使う電機の量が少なければエンジン回転数は自動で低くなり、その分低燃費で長時間の連続運転が可能になります。1/4負荷時ので燃料満タンにした時の連続運転可能時間は何と10時間!。

またエンジンむき出しではなく、すべてが囲われた防音ボディ構造で騒音レベルを押さえます。騒音レベルは定格負荷時で59デシベル(dB(A)/7m)エコスロットルで1/4負荷の時には54デシベル。一般的に身近な音では普通の会話が60デシベルなので超低騒音型発電機の効果は抜群です。

定格出力は、1.6kVA。家庭に来ている100V電圧で換算すると1600W相当となります。たとえば、 100W電球×3個 + 150W小型冷蔵庫 + 150Wラジカセ + 600Wパソコン で 1200W。アウトドアや災害非常時でもある程度の電機はまかなえます。さらにオプションの連結コードを使用して2台つなげて並列運転すると最大3.0kVAの出力することもできます。

※発電機は仕様機器の消費電力・必要発電量でお選び下さい。特に使用する電気機器によって起動時に消費電力の3~5倍の起電力が必要な機器もあります。起電力等は電気機器メーカーにお問合せ下さい。

ホンダウォークでは、オイルを入れて始動確認をしてお送りしますので、すぐにお使いいただけます。また、非常用電源として準備する場合はその旨をお知らせ下さい。始動確認をしないで、ホンダ純正オイル1リットル缶をつけてお送りいたします。(長期間使用しない場合はガソリンを抜いておかないと燃料詰まりの原因になるためです。)

ガソリン缶詰
ガソリン缶詰

非常用電源としてご利用の場合、ガソリンは生ものと同じですぐに気化・劣化します。非常用だからとガソリン満タンにして保管すると、いざ使おうという時にエンジンがかからない……ということに。方法としては1~2カ月に1回、ガソリンを使い切るまでかけて、つねに新しいガソリンを入れておくか取扱説明書にそって本体内のガソリンをなくして本体を保存。また保存用の缶詰ガソリンを用意しておく方法などはいかがでしょうか。

発電機は精密機械なので、専門店(ホンダ汎用特約店等)での購入をお勧めします。ホンダウォークの親会社の桝屋本店(同一事務所内)は本田技研工業の正規特約店です。ホンダ発電機のメーカー保証期間は1年間ですが、保証期間が経過した発電機や古い発電機でも、お客様の身になって修理させて頂きます。お気軽にお問合せください。

▼さらに詳しく

詳細
aaa

ランキング1位

発電機点検整備プラン6項目

突然エンジンがかからなくなることも・・・

エンジン搭載の発電機は、自動車と同等に定期的な点検整備をすることが、とても重要です。しかしながら自動車のように法律に基づいた車検制度などが無い為に、定期的に点検整備する事がほとんど無いのが現状。 前回使った時は、何のトラブルも無く使用できていたのに、今は全くエンジンがかからないなんて事も多くあるのが現実です。

イラスト

定期的な点検はとても大切

エンジン搭載の発電機は、自動車と同等に定期的な点検整備をすることが、とても重要です。しかしながら自動車のように法律に基づいた車検制度などが無い為に、定期的に点検整備する事がほとんど無いのが現状。前回使った時は、何のトラブルも無く使用できていたのに、今は全くエンジンがかからないなんて事も多くあるのが現実です。定期的なオイル交換及びオイル量の点検をしないと、エンジン交換なんてことにも・・・。エンジンオイルは正式な物でなければなりません。取り扱い説明書に書いてあるように30日以上使用しない場合はキャブレター内のガソリンを抜いておかないと、キャブレターが詰まり、エンジン回転にバラつきが出たりします。その他、エアクリーナーやプラグは交換時期があります。その他の燃料チューブやスターロープの交換などの調整箇所も沢山ございます。

ホンダ発電機を安全に快適に、ご使用いただくためにも、点検整備はとても大切なのです。

注意

  • エンジンをかけると、以前より排気ガスが多く出ている気がする。
  • エンジンの始動に手間がかかる。(かかりにくい)
  • エンジンをかけると波をうつようなエンジン回転になる。
  • 2年以上点火プラグを清掃した事が無く、交換した事も無い。
  • エンジンオイルを交換したことがない又は、量の点検もした事が無い。
  • エアクリーナーの交換をした事がない。
  • キャブレター内のガソリンを抜いた事が無い。
  • スロットルレバーの動きが悪い。エンジン回転が上がらない。
  • エンジンオイルを溢れるほど、足して入れている。

その他、お客様の気になる箇所があれば、修理させて頂きます。

チェック6項目

1) エンジンオイルの交換(オイル代含む)

効果:
エンジンオイルは車のように定期的に交換しなければなりません。使用時間がたとえ少なくても一年に一度の交換が必要です。こちらの点検パックではホンダ汎用ウルトラオイルの純正オイルで交換します。

2) エアクリーナーの交換(部品代含む)

効果:
発電機を使用する場所によっては、頻繁にエアクリーナーを取り外しぬるま湯に溶いた中性洗剤で洗ってください。その後乾かしてからエンジンオイルに浸し軽く絞り取り付けます。 但しエアクリーナーも2年くらいで交換が必要です。

3) スパークプラグの交換(プラグ代含む)

効果:
スパークプラグは定期的に清掃(ワイヤーブラシなどで)が必要です。始動性が良くなるだけでなく、出力にも影響します。プラグも2年から3年で交換した方が良いとされています。

4) 燃料ポンプ、ダイヤフラム劣化点検

効果:
燃料タンク内に中にゴミやサビが溜まり、それが燃料ポンプなどに入り込むと目詰まり、ひいては故障の原因となります。また劣化などにより燃料漏れなどを起こす場合もあるので定期的な点検が必要です。

5) エンジン回転数の点検調整

効果:
エンジン回転数が安定した回転を行わないと、万全の状態で発電が行えず電圧不足になる原因となります。デジタル回転計で基準値に調整します。

6) 発電電圧の点検

効果:
エンジン回転数や出力などが不安定なことにより電圧が下がってしまう場合があります。電圧が下がってしまうと、せっかくのハイパワー発電機も役にたちません。電圧をしっかりとキープしてご利用できる状態を確認します。