MITSUBISHI

❏エアバッグ装着車へのボス取り付け注意点❏

●エアバック・ダミーハーネスとの相性が合わない場合があり、正常な作業を行ってもエアバック警告灯の異常点灯が起きてしまう場合があります。

現在のところ、対策はございませんので予めご了承願います。

●エアバック本体は、純正ハンドルのセンターパッド部分に収納されていますので、基本的にはノーマル車と取り外し及びボスの取り付けは同じです。

1, まず、作業を始める第一としてエアバックの誤作動を防ぐためにバッテリーのプラス端子を外し、エアバック内の電子回路が自己放電するまで

(約10分間5ページ参照)待ちます。

2, センターパッドを留めている裏ビスを全て外し、両サイドのトルクスビスを専用トルクスレンチにて取り外すとセンターパッドは外れますので、

以下はノーマル車と同じ手順です。尚、取り外し後の純正ハンドルはショックを与えないようにして上向きに大切に保管して下さい。

【注  意】

取り外し後は、メーター内のモニターランプは、つきっぱなしとなります。気になる場合はメーター内のランプを外して下さい。

エアバックを戻してもリセット作業をしないとランプは消えませんので、再装着の場合はディーラーのチェックコンピュータにて

(トヨタ/マークU以下の各車はメーターパネル内にランプが無いので除く)現在エアバック車は、自動的に任意保険のエアバック装着車割引加入

となっております。万一の時の自分の怪我で保険会社とのトラブルを避けるため、あらかじめ契約保険会社にエアバック装着車割引の解除

(年間あたり数百円の差額払い込み)を申告するようにお勧め致します。

☞エアバックボスの適合車種は、基準目安です。必ずカプラー形状確認、

現車合わせが必要です。(純正部品バラつきが多い為)

❏エアバック(モニターランプ付車)ランプ点灯異常防止マニュアル❏

❖品番違い・作業ミス等によるトラブル、車輌部品の損傷及びメーターパネル内のエアバック警告灯の異常点灯など

その他のトラブル等には一切の責任は負い兼ねますので、予めご了承願います。

❶ トヨタハーネス使用ボスは、4本端子の同色2本で配線して下さい。

(細2本赤コード同士配線又は、太2本黒コード同士配線) また、

トヨタ車一部には、車側のカプラー内に似ている不用穴が2箇所ある

のでそこに差し込まないように注意して下さい。

 

❷ 作業前にバッテリー端子を外してから作業スタートします。

  この放置をしないと、バックアップ電源によりエアバック誤作動、メーターパネル内のエアバック警告灯が異常点灯するなどの

異常が発生してしまいます。放置時間の目安は、下記の通りです。

                   トヨタ:90秒以上               イスズ:15秒以上

                   ニッサン:10分以上               ダイハツ:60秒以上

                   ホンダ: 3分以上               スバル: 1分以上

                   ミツビシ:60秒以上               スズキ:10秒以上

❸ カプラー内にダミーハーネスの端子を差し込んだ後、ビニールテープで端子1本ずつを絶縁します。その後、カプラーとハーネスが外れないよう

外側をビニールテープでしっかり固定します。

 

❹ 最後に余った配線をボスに巻き付けて固定します。その時、車側の回転ケーブルブラックボックスに外圧が掛からない様、

簡単にビニールテープで固定して下さい。(強く固定すると回転ケーブルに外圧が掛かりボックス内接触不良が起こります。)

 

 

 

MITSUBISHI※表中のモニターランプとは、メーター内のエアバック警告灯のことです。

ミツビシ車は、純正バラつきが多いのでアース板(ボス裏側の銅板)とフレアピン(ホーンブラシ)の辺りを確認して下さい。【現車合わせ確認要】

ボス裏側アース板位置@センターとの段差が平面→OM−34 Aセンターとの段差が9mm→OM−159

Bセンターとの段差が13mm→OM−33

エアバック車へのボス取付は、5頁と付属の説明書を読んでから作業して下さい。エアバックボスの適合は、適合する確立の高い品番を示しております。車種別の適合品番ではありません。エアバックシステムの部品は、バラツキが多く、また予告無く変更される場合があります。必ず、現車を確認の上、品番を決定して下さい。品番違いによるトラブル(車体側部品等の損傷、及びエアバック警告灯の異常点灯等)一切の責任は、負い兼ねますので予めご了承願います。

型    式

年    式

装  備 / そ の 他

品   番/備   考

アイ

HA1W系

18.1〜

★エアバック車

OM−258

アウトランダー

CW5W系

17.10〜

★エアバック車

OM−279  注7

アスパイヤ

EC系

10.8〜

★エアバック車

調査中

RVR・スポーツギア

N11〜28W系

3.3〜

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−159 ●印/◆印

クルコン車

OM−143

6.9〜

★エアバック車

OM−218

◆印:OM−159ボス取り付け後、ハンドルに若干のガタツキがありますが、これは純正にもある症状ですのでOKです。

ekアクティブ

H81W系

16.5〜18.9

★エアバック車

OM−258   

ekワゴン・ekスポーツ

H81W/H82W系

13.10〜

★エアバック車

OM−258   

ekクラッシー

H81W系

15.517.12

★エアバック車

OM−258

エアトレック

CU系

13.5〜

★エアバック車

OM−243

FTO

DE2/3系

6.10〜

 

OM−141

★エアバック車

OM−218

★エアバック車 クルコン車

OM−191 注5

エクリプス

D22〜27系

1.2〜7.6

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−89 ●印

D32系

7.6〜

★エアバック車

OM−218

クルコン付

OM−191 注5

キャンター

FE425

3.〜

 

OM−189

G/E538/638

5.〜

 

OM−173

FE516/51系

10.〜

ルートバン含む

OM−173

ギャラン・エテルナ・カリスマ・サヴァ・ヴィエントスポーツ・エメロード・ディエント・レグナム

A,E32〜39

45.7〜4.5

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−89 ●印

E50〜80

4.5〜8.9

ノーマル車(4WS車あり)

OM−141

クルコン機能オプション車

OM−142

クルコン車(標準装備)

OM−143

ラジオ付ハンドルの場合(クルコン無)

OM−114

EA〜C系

8.9〜

★エアバック付 クルコン車

OM−191 注5

★エアバックのみ

OM−218

ギャランフォルティス

CY4A系

19.8〜

★エアバック車

※純正ハンドルスイッチ類は使用できなくなります。

OM−279   注7

コルト・ラリアートバージョンR

Z25,27系

14.11〜

★エアバック車

OM−258

コルディア・トレディア

A212〜215

57.362.10

 

OM−10

ストラーダ

K34T

3.6〜

 

OM−33      

★エアバック車

OM−218

型    式

年    式

装  備 / そ の 他

品   番/備   考

ジープ

J26〜59系

52.5〜

 

OM−31 注3

グランディス

NA4W

15.5〜17.5

★エアバック車

OM−258

17.5〜

★エアバック車

OM−279

シャリオ・シャリオグランディス

D02W〜09W

58.2〜3.5

 

OM−10

N33〜64系

N80〜90系

3.5〜

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−159   ●印

クルコン車

OM−143

6.9〜15.5

★エアバック車

OM−218

スタリオン

A183,187

57.5〜62.

 

OM−10

スペースギア

PA〜F系

6.5〜

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−159 ●印

★エアバック車 クルコン付

OM−191 注5

★エアバックのみ

OM−218

*電子サス車は、OM−159とOM−191(カプラー式)の両方あり

GTO

Z16A

2.11〜

★エアバック車 クルコン無

OM−218

★エアバック車 クルコン車

OM−191 注5

タウンボックス・ミニカ(ライラ)

A107系

47.1059.2

アミ550含む

OM−11

H11〜15系

59.3〜1.2

 

OM−13

H21〜27系

1.2〜5.9

 

OM−13

H31〜36系

5.9〜10.9

 

OM−109

★エアバック付(警告灯がハンドルに有る車種)

OM−190

★エアバック付(警告灯がメーターに有る車種)

OM−218

全車種

新規格後10.10

 

OM−188

★エアバック付

OM−218

23.〜

エアバック無車

OM−188

デボネア

 

43.〜53.4

53.3〜A33系不可

OM−118

S11,12A

61.7〜4.9

 

OM−10

S12A

61.7〜

クルコン車

不可

S20系

4.10〜

クルコン車

不可

★エアバック車

OM−218

デリカ

T100〜120

50.1〜54.5

 

OM−12

L033〜69

54.6〜

 

OM−32

P02〜25

61.6〜62.9

 

OM−10

62.10〜2.8

 

OM−34

P01〜35

2.9〜

アルミナムチェンジスペーサー要

H6.〜マイナー後含む

OM−33 ●印 ◆印

★エアバック車

OM−218

13.〜

マツダボンゴOEM車

ON−240

◆印:OM−33取り付け後ハンドルに若干のガタがありますが、純正でもありますのでOKです。

デリカD:2

MB15S系

23.3〜

★エアバック車※純正ハンドルのスイッチ類は使用不可になります。

OU−248

デリカD:5

CV5W系

19.1〜

★エアバック車※純正ハンドルスイッチ類は使用できなくなります。

パドル車も取り付け可能です。

OM−279   注7

ミニカトッポ・トッポ・トッポBJ・トッポBJワイド

H40系

10.10〜

 

OM−188

★エアバック車

注6

OM−218/OM−243

H82系

20.9〜

★エアバック車

OM−258

型    式

年    式

装  備 / そ の 他

品   番/備   考

ディンゴ

全車種

10.12〜

★エアバック付

OM−243

チャレンジャー

 

8.7〜

★エアバック付 クルコン車

OM−191 注5

★エアバックのみ

OM−218

ディオン

全車種

12.1〜

★エアバック付

OM−243

ディアマンテ・シグマ

F11〜25A

2.6〜7.1

オプションエアバック及びクルコンOM218

OM−34

ハンドルにラジオスイッチ付き クルコン無

OM−114 注2

クルコン車

OM−104

F30系

7.1〜

 

OM−141

ハンドルにラジオスイッチ付き クルコン無

OM−114

★エアバック車

OM−218

★エアバック車 クルコン車

OM−191 注5

*ワゴン系は、H7.1以降もF11〜25系の型式継続です。*

 

12.〜

マイナーチェンジ後 ★エアバック車

OM−243

パジェロミニ

全車種

7.1〜10.9

 

OM−13

★エアバック付(警告灯がハンドルにある車種)

OM−190

★エアバック付(警告灯がメーターにある車種)

OM−218

H50系

10.1020.8

 

 

OM−188

★エアバック付

OM−218

20.9〜

★エアバック付

OM−258

パジェロ

L041〜49系

57.4〜1.5

純正のバラツキにより右記品番2種類の

うちどちらかに適合します。(現車合わせ)

OM−32

L044〜49系

62.9〜3.1

OM−34

L141〜149系

63.9〜3.1

 

OM−34

V23〜48系

3.1〜8.6

アルミナムチェンジスペーサー要

クルコン/電子サス車OK

OM−33 ●印

8.6〜11.8

★エアバック付 クルコン車OK

OM−191 注5

★エアバックのみ

OM−218

V60〜70系

11.918.10

 

OM−243

V80〜90系

18.10〜

★エアバック車

※純正ハンドルスイッチ類は使用できなくなります

OM−279

パジェロイオ

全車種

10.6〜

★エアバック付

注6

OM−218/OM−243

パジェロJr

全車種

7.11〜

★エアバック付(警告灯がハンドルにある車種)

OM−190

★エアバック付(警告灯がメーターにある車種)

OM−218

フォルテ

L025〜26系

53.9〜60.2

 

OM−10

ミニキャブ・プラボー

L1015系 U11,12系

46.6〜62.9

シャフト径16mm36山車

→OM−11で適合します。

注6

 

OM−11/OM−13

シャフト径15mm32山車

→OM−13で適合します。

注6

 

U40系

62.1011.1

 

OM−13

★エアバック付(警告灯がハンドルにある車種)

OM−190

★エアバック付(警告灯がメーターニある車種)

OM−218

U60系

11.1〜

 

OM−188

★エアバック付

OM−218

型    式

年    式

装  備 / そ の 他

品   番/備   考

プラウディア

S32,33系

12.2〜

★エアバック車

調査中

ミラージュ

A系,C11〜37系

52.11〜

 

OM−10

C51〜83系

63.2〜3.10

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−10 ●印

テレスコピック及びサイボーグ含む

OM−88 ◆印

◆印:この車種は、OM−88とOM−10の両方あります。(純正のバラツキによる)

CA〜CD1〜8系

3.10〜7.10

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−159 ●印

CJ2〜4系

7.10〜

 

OM−188

★エアバック付

OM−218

ランサー(エボリューションシリーズ)

A71〜175系

48.2〜62.7

 

OM−10

C61〜74系

62.7〜3.10

 

OM−10

テレスコピック装着車

OM−88    ◆印

◆印:この車種は、OM−88とOM−10の両方あります。(純正のバラツキによる)

CB〜CE1〜9系

3.10〜7.10

エボ1〜2

 

OM−159

クルコン車

OM−143

CJ2〜4系

7.10〜

エボ3〜6

 

OM−188

CD9系

★エアバック車 クルコン車

OM−191   注5

★エアバック付

OM−218   

CT9系

13.〜 エボ78

★エアバック付※エボ7,GT-Aのパドルシフト付車は不可

注6

OM−218/OM−243

CT9A系

16.3〜エボ9

★エアバック付

OM−243

CZ4A系

19.10〜エボ10(X)

★エアバック付(AWCセレクトスイッチ付車は注8参照)

OM−279   注7

ランエボワゴン

CT9W系

17.9〜

★エアバック付

OM−243

ラムダ・シグマ

A112/133

51.〜58.

 

OM−10

ランサーセディア(ワゴン)

CS2,5系

12.5〜

★エアバック付

注6

OM−218/OM−243

リベロ

CB/CD5,8系

4.5〜7.9

アルミナムチェンジスペーサー要

OM−159 ●印

クルコン車

OM−143

7.9〜

 

OM−188

クルコン車

OM−143

★エアバック付 クルコン車

OM−191 注5

★エアバックのみ

OM−218

ローザー

E439F系

7.6〜

 

OM−189

 

●印:当社製アルミナムチェンジスペーサーは、5mm〜30mmまで6段階にステアリングとの距離を、自由自在に調整できるスペーサーです。

お好みの高さに調整しお使い下さい。尚、当社製スタンダードボススペーサー(10,15,20,25,30mm 5種類)の中から、

純正ハンドルの種類や個人の運転ポジションによりお好みでお選び頂いてもOKです。

注2:マイナーチェンジ後のテレスコピック車は、ハンドルの脱着が大変複雑です。お近くのミツビシ・ディーラーへお問い合わせ下さい。

注3:ロングバージョン、メタルトップ車は、不可です。

注5:OM−191ボス購入の際、ミツビシSRSハーネス(別売り)をお求め下されば、メーターパネル内の

エアバックモニターランプが消えるようになります。

又、デュアルエアバック車において、助手席エアバックも作動するようになります。

注6:この車両は純正バラツキの為、同一車種でも品番が違います。

純正ハンドル左側下方に六角ボルトがある場合はOM-243ボスが適合します。

   純正ハンドル両サイドにトルクスネジがある場合はOM-218ボスが適合します。

ご不明な場合必ずお問合せ確認願います。(未確認購入は返品対応外です。)

注7:パドルシフト車はレバーとの隙間を確保するためアルミナムチェンジスペーサーが必要な場合があります。

注8:ステアリング上のAWCセレクトスイッチをコンソールに移設するキットが必要です。こちらは純正部品の為ディーラーで購入下さい。

8610A019(スイッチ)×1、8011A267(パネル)×1、8050A018(プラグ)×2

 

 

MITSUBISHI車終わり