Information 総合案内

レザーケア



本革製品は本来、強度としなやかさを持ち合わせる
末長くご愛用頂けるものですが、性質上、水分や
摩擦ダメージには弱く、色落ちやシミ、汚れの種類によっては
綺麗に元に戻りにくいのが実情です。

できましたら、ご使用になる前や、日頃からのお手入れを心がけ、
あらかじめ色落ちや汚れを予防して頂くことをお薦めしています。

HIRAMEKI.では、お買い求め頂きました革製品を、キレイに長くご愛用頂く為に、
デリケートなヌメ革シリーズを中心にテストを実施し、
使いやすく安心してご使用頂けるレザーケア用品をご用意しています。

革小物を使うのが初めての方にも扱いやすいケア用品となっていますので、
このページや、各ケア商品ページ(防水スプレー/保革クリーム/クロス等)で、
手順や注意点をご確認頂きながら、皆様にお試し頂けましたら幸いです。
ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にスタッフへご相談下さいませ♪

使い始めと、日常的に行って頂きたい2つのケア

新品の素の革製品(オイル系ではない、ヌメ革など)はとても
きれいな状態ですが、その分油分が少なく、堅牢性にかけています。
外部からの刺激に弱く、ダメージを受けやすい状態ですので、
お財布を下して頂く前に、事前ケアで革を保護してあげましょう!

1 保革クリームで革の内側繊維層を保護

まずはクリームを少量クロスに取り、お財布なら内側のヘリ返しの部分など、目立たない所で革とクリームとの相性や、分量を確認して下さい。

コツをつかんだら、革全体を焦らずまんべんなく塗布していって下さい。特にART LEATHERの商品は、染色されたデザインが薄くならないよう、クロスの面や革表面の様子を確認しながら、優しく行って下さい。塗装後、日陰などで20分くらい乾かし、クリームが完全に乾いたのを確認したら、綺麗な布で乾拭きして下さい。

保革クリーム(レザーケアクリーム)の商品ページはこちら≫

2 防水スプレーで革表面を保護

革が乾いているのを確認したら、防水スプレーで革表面の汚れや付着を事前に予防するスプレーを吹いていきます。水分だけでなく、手垢や油分汚れも付きにくくなり、 もし付いた場合でも、革に汚れがしみ込む前に、汚れを落とすことができます。

30センチほど対象から離してスプレーし、スプレーから液だれしないよう、ムラなく吹きかけて下さい。革はスプレー直後は色が濃くなりますが、乾くと元の色に戻ります。その後日陰で15分程乾燥させて下さい。艶のある革は、乾いてからクロスで軽く磨いて艶出しをして下さい。

防水スプレーは引火性ですので火気厳禁です。吸い込むと有害ですので、必ずスプレーの注意書きにしたがって、ベランダなどの屋外でご使用下さい。

防水スプレーの商品ページはこちら≫

上記の2ステップで、日常のお手入れは完了です!
対象の使用頻度にもよりますが、お財布などよく使うものでしたら、
2週間に1度くらいのお手入れがお薦めです。

日々のお手入れにプラスしたいアイテム

革小物が汚れてきてしまった時に役立つ、消しゴムタイプのクリーナーや、
日々のお手入れ前に行うことで、お手入れの効果が
グッとアップするブラッシング用のアイテムなど、
持っておくと重宝するアイテムをご紹介します。

1 汚れ落としに、消しゴムタイプのクリーナー

大切に扱っていても、毎日使っていると、いつの間にか少しずつ黒ずんできてしまうもの。
コーナー部分や革表面の目立つ部分など、汚れが気になってきたら、革専用の消しゴムで汚れをスッキリ落としましょう。


HIRAMEKI.で扱っている革用消しゴムは、白いガムと、粉やすり入りのグレーのガムの2個セット。使い分けることで、革製品の様々な汚れに対応することができます。

初めに、白いガムで汚れを落とします。力を強く入れずに、表面を優しく撫でるようにお使いください。

基本的には、白いガムだけで充分に効果を発揮しますが、それでも落としきれない古いクリームや油などには、グレーのガムを使用します。

【落ちにくい汚れのお手入れ手順】
①気になる部分とその周辺の汚れを白いガムで落とします。
②白いガムでは落ちない汚れ部分を、様子を見ながら、グレーのガムで少しずつ擦ります。
③仕上げに、保革クリームを薄く塗布し、表面を馴染ませます。

※グレーのガムにはサンド(粉やすり)が入っているため、革に傷が付く恐れがあります。
以下の革にご使用の際は、目立たない箇所でお試しになる等、十分ご注意くださいませ。
【アートレザーの商品で色が濃く乗っている箇所、エナメル・爬虫類等の特殊な皮革】

革用消しゴム(革用汚れ落とし)2個セットの商品ページはこちら≫

2 馬毛ブラシ

お手入れの際、汚れやホコリを落とさずにクリームやスプレーを使用すると、
汚れも一緒に保護してしまうため、お手入れ前のブラッシングはとても大切です。

また、革の表面や縫い目に付いたままになったホコリが水分を含むと、
カビや汚れ付着の原因にもなってしまいますので、日々のお手入れにぜひ加えてみてくださいね♪

ご使用の際は、革製品の表面や縫い目、角の部分等のホコリを、軽く払うようにブラッシングしてください。

ジャーマンブラシ(皮革ケア用馬毛ブラシ)の商品ページはこちら≫

3 お手入れの様々な場面で役立つ、起毛クロス

防水スプレー後の乾拭き、艶出し、ケアクリームの塗布と、
お手入れクロスは様々な用途で活躍します。
こちらのお手入れクロスは、綿100%で、きめの細かい起毛タイプ。皮革を傷めることなく、全てのスムースレザーにご使用頂けます。

HIRAMEKI.オリジナルのネコのデザインが可愛らしく、
お手入れの時間が楽しくなります♪

サイズや厚さなど、指に巻いて使用する事を考慮して作られており、革小物ケアに最適です。

汚れてきたら、手洗いできます。生地はあえて縁に縫製をしておりませんので、縮んだり、端がほつれたりしやすくなっていますが、ご使用に問題はありません。

※スエードなどの起毛皮革には使用できません。

お手入れクロス(皮革ケア用クリーナークロス)の商品ページはこちら≫

ヌメ革製品のUVケア

HIRAMEKI.のアートレザーを、出来るだけご購入時のまま、
エイジング(経年変化)させずに楽しみたいお客様のために、
UVカット機能付きのヌメ革専用保護クリームをご用意しております。

とてもデリケートなヌメ革に必要な
「保革効果」、「栄養補給」、「防カビ対策」に加え、
「UVカット機能」が、日光によるヌメ革の急激な色変化を緩和します。

ご使用方法は、保革クリームと同様です。
革表面の汚れを落とし、クリームを綺麗な布に少量取り、
全体に満遍なく控え目に塗ります。
乾いたら、綺麗な布で乾拭きをしてください。

ヌメ革用クリームの商品ページはこちら≫