アレルギーの原因となるハウスダスト・ダニをキャッチして100%退治できるふとんクリーナー

『SPU(スーパーポイントアッププログラム) 各種サービスご利用でいつでも毎日ポイント14倍』
 
 

アレルギーとダニのお話し

私たちは、アレルギー・ハウスダスト・ダニについて調べてみました。
「アレルギー・ダニ対策のための情報」をご紹介します。

日本人の約1/3が
アレルギーといわれています

 

現在、日本人の約3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われています(厚生労働省 保健福祉動向調査)。花粉症もアレルギーです。
大気汚染、住環境の変化、食生活の変化、ストレスなどにより、私たちのまわりには、アレルギーを発症しやすい条件があふれていると言えるでしょう。アレルギーとは無縁だった人が突然症状に苦しむようになった、ということも珍しくありません。また、アレルギーの自覚がない場合もあるかもしれません。

人が過ごしやすい家の中は
「ダニ」も過ごしやすい

ダニ研究の青木淳一先生(横浜国立大学名誉教授)と一緒に調べました。
ハウスダストである室内のチリ・ホコリの中には、ダニやダニの死骸・フン・卵が多く含まれています。私たちが集めたハウスダストを調べたところ、1グラム中に20匹の生きているダニが確認できました。
アレルギー原因となる「チリダニ」が、もっとも好む環境は温度25℃、湿度60%。密閉性の高い現代の住環境は、人間にとって過ごしやすい環境であると同時にダニにとっても繁殖しやすい環境となっています。

効果的なアレルギー対策は
布団のダニを除去すること

アレルギーを予防するには、原因物質であるチリダニを家の中からできる限り少なくすることです。
家の中で、チリダニが多くいる場所はどこでしょうか。それは、布団、枕、じゅうたん、ソファです。
中でも、人が一日の3分の1を過ごす場所である寝室の布団、ベッド、枕のチリダニをより少なくすることが、アレルギー対策の基本となります。

布団のダニ退治といえば
「天日干し」は間違い

布団のダニ退治というと、まず「天日干し」が思いつきます。
しかし、ダニにはほとんど効果はありません。布団を干すと表面温度が上がり、ダニは布団の奥の方へと移動します。
布団を部屋に取り込むと、布団の温度が下がってダニが表面に出てきます。
布団タタキは、ダニの死骸やフンが粉々になるだけ。しかも布団を傷めてしまいます。
ダニ・ハウスダストを布団から「上手に取り除くこと」が大切です。

ダニの生態を調べたら
ダニの対策が見えてくる

アレルギー原因になるダニの生態を見てみましょう。
布団のダニの多くは、布団で生まれ、死んでいきます。ダニの寿命は2〜3カ月。その間にメスは50〜100個の卵を産みます。今いる20匹のダニが4〜6カ月後には〈20匹×100匹×100匹=20万匹!〉となります。
しかも、アレル物質であるフンや粉々になった死骸をまき散らします。
ダニを減少させるには、布団に適したこまめな掃除がもっとも効果的な方法といえます。その上で、生きたダニ・卵を上手に取り除くことが、繁殖を防ぐ対策となります。

「60℃を1分」でダニと卵は
確実に死滅する

それでは、ダニはどのような条件で死滅するのか。前述の青木先生によると、乾燥には弱いが、すぐに死ぬことはなく、温度では、50℃だと20分、60℃だと1分で死滅する、ということでした。
ここに、ダニを効率よく退治し、繁殖を抑えることのできるヒントがあったのです。

HINATA Special Movie

ひなたのお散歩〜カーリングに挑戦!
ふとんクリーナーひなたの使い方
ふとんクリーナーひなたの特長
60℃の魔法実力検証

ふとんの花粉症対策、できていますか?

花粉症に悩む人は、それぞれに様々な対策を行っていると思います。
中でも毎日睡眠をとる大切な場所、ふとんの対策はちゃんとできていますか?

花粉症時期は
眠れない人が多い

花粉症の症状で一番つらいのは鼻づまり。
鼻づまりで「寝たいのに寝られない」「ぐっすり眠れない」人が多いようです。花粉症の時期は、慢性的な睡眠不足になってしまうのですから、仕事や日常生活で事故を起こすなどの危険性が高まります。
ぐっすり眠るための花粉症対策が重要です。

まず、ふとんは
「外で干さない」「叩かない」

一般的な家庭では、室内に入り込んでくる花粉の数は数千個にのぼるといわれています。
ぐっすり眠るための花粉症対策ということを考えましょう。
まず、ふとんは絶対に外で干してはいけません。花粉が付着したふとんを取り込むことで、花粉が大量に家の中に入り込んでしまいます。
そもそも、ふとんを天日干ししてもそれほどキレイにはなりません。
ダニはふとんの中の方へ移動してほとんど死滅しませんし、ふとん叩きなどもってのほか!

ふとんクリーナーで
花粉症対策

家の中の空気中に浮遊している花粉はある程度は下に落ちていきます。
衣類に付着した花粉も動作や振動によって下に落ちていきます。
室内のふとんは同じ場所にあるため、花粉が積もってしまいます。
掃除機は重く、大きいですし、布団が吸い付いたりします。
「ふとんクリーナー ひなた」は、ふとんを楽に効果的に掃除するために開発されたふとん専用掃除機です。
ふとんの花粉症対策にぜひお役立てください。