ブランド事典

ホワイトハウス・コックス:アイテム
Whitehouse Cox
ホワイトハウスコックス商品一覧へ
ホワイトハウス・コックス/Whitehouse Cox    
ブライドルレザー Bridle Leather
ブライドルレザー Bridle Leather ブライドルレザーは、ホワイトハウスコックスで使用される革の中で、最も代表的な革です。現在では、本物と言えるブライドルレザーを生産している所が、ほとんどありません。しかし、ホワイトハウスコックスでは創業以来、一貫してブライドルレザーを別注でオーダーして使用しています。またその品質に関しては、絶えずチェックをしています。
ブライドルレザーは、英国で最高のフルグレインカウハイド(成牛の一枚革)で、強く耐久性のある革です。 なめし方は樹皮や種子など自然の草木を使用したフルベジタブルタンニングで、約10週間かけて鞣されます。 その後、天然染料を使用し染色され、革の深部にタロー(獣脂)がしっかりとしみ込むまで、ブライドルグリースの中に浸します。この作業にかなりの手間をかけ、上質なブライドルレザーを完成させます。
ブライドルレザー製品には、ブルームという白い粉状のものが現れるという特徴があります。このブルームは、ブラッシングすることで革の中に戻ります。
アンティーク・ブライドルレザー Antique Bridle Leather
アンティーク・ブライドルレザー Antique Bridle Leather 原皮に最高級のフルグレイン・カウハイド(成牛の一枚革)を使用し、それに樹皮や種皮などの自然の材料でのフルベジタブル・タンニングで、約10週間かけて鞣したホワイトハウスコックス社特注のブライドルレザーをベースにアンティークブライドルは作られています。
アンティーク・ブライドルは本来のブライドルレザーには見られない、特殊な染色方法によって、手にした瞬間から長年使い込んだ様な深い艶と味わいがあります。 それは、ホワイトハウスコックスが選び抜いた良質な原皮と、オリジナリティー溢れる独自の加工が成せる技です。
ロンドンカーフ London Calf
ロンドンカーフ London Calf ロンドンカーフは、仔牛の革をセミアナリーン鞣しの後に、ピグメントプリント(顔料染め)を施し、最後に細かい型押しプリント仕上げをしたものです。
ホワイトハウスコックスの中で唯一フルアナリーンではない革です。ピグメントプリントフィニッシュの為、この革のケアは、殆ど必要ありません。 独特の凹凸感があります。

ブランド事典トップへ