ホットワード  SAGAフォックス 日本製 カシミヤストール カシミヤコート ダウン チャーム

 

毛皮製品について ※代表的な毛皮の種類と特徴をご紹介します。

 

ラビット フォックス

ミンク

チンチラ セーブル ロシアリス
レオパードキャット ラクーン

 


 

ラビット

 

フランス名=ラパン。毛色の種類が多く、それぞれの種類毎に名称が付けられています。

 

特殊な種類として刺し毛が退化した綿毛だけのレッキス種や、毛足の長いアンゴラ種があります。

 

刺し毛が柔らかく、折れたり切れたりし易い性質がありますが、刈毛処理をすると、その欠点が解消される。

 

 

レッキスラビット

 

外側の毛が退化し、綿毛のみになったレッキスラビット。

 

肌触りはチンチラのように、フワフワでとても柔らかです。

 

 

レッキス・ラビットの商品はこちら


 

フォックス

 

シルバーフォックス

 

銀キツネのことで、刺し毛は長く銀色と黒色があり、黒と銀が鮮明なものほど良質とされます。

 

染色すると、銀色の毛だけが染まり、黒色の部分はそのまま残ります。

 

 

ブルーフォックス

 

青キツネのことで、そのほとんどがスカンジナビア産です。

 

フォックスの中では最もシルキーな毛質を持つものの1つで、毛皮衣料として最も活用されている種類です。

 

自然色がグレー系の淡い色のため染色し易く、多くの色を表現することができます。

 

青キツネの色の薄い物をシャドーフォックスと言います。


フォックスの商品はこちら

 


 

ミンク

 

美しい毛並みが人気で、サファイア、ブルーアイリス、パステル、ブラウンなど、

 

昔からたくさんの種類が生み出されています。綿毛が密生しているため保温力に優れ、

 

光沢に富んだシルキーな刺し毛は耐久性もあり、衣料用として優れた特質を備えています。

 

ミンクの商品はこちら

 


 

チンチラ

 

毛皮の中でも肌触りの良さが抜群の最も高価な素材の一つ。元来アンデス山脈で生息していたが、

 

現在毛皮用に使われているのはすべて養殖種。刺し毛は退化し、非常に滑らかで柔らかい綿毛のみで構成され、

 

毛の密度も非常に高い。皮は軽いが、極めて薄くデリケートで耐久性は低い。

 

毛色は、背の部分が青黒色から黒褐色、腹部は青灰色。

 

 

チンチラの商品はこちら

 


 

セーブル

 

日本名黒テン。ロシアンセーブルと呼ばれる物は、毛皮の中でも最高の品質を誇り、最も高価な素材のひとつです。

 

色は濃茶色からベイジュに近い色まで様々です。美しい毛並みはやや長い毛足で非常に柔らかく、

 

しなやかで光沢に富んでいます。しかも耐久性・保温力に優れていて、とても軽いのも特徴です。

 

 

セーブルの商品はこちら

 


 

ロシアリス

 

リスの中でも最良のものはロシア産のもので、鮮明なブルーグレーの背部に白色の腹部が美しい毛皮です。

 

毛は短く柔らかで、非常に軽いため、コートのライナーに多く使われています。

 

 

ロシアリスの商品はこちら

 


 

レオパードキャット

 

野生ネコの一種で、日本では大ヤマネコと呼ばれます。毛は長く、密で非常に柔らかです。

 

背の部分は、淡い褐色に暗褐色の斑点模様があり、その独特の模様がファンも多い毛皮です。

 

腹部は白く、鮮明で美しい暗褐色の斑点があります。

 

レオパードキャットの商品はこちら

 


 

ラクーン

 

日本ではアライグマの名称。毛色は、緑褐色から黒褐色。やや長い刺し毛と暗褐色の綿毛で保温性、耐久性に優れ、

 

タヌキに似ています。尾にあるリング状の斑紋が特徴です。