腰の痛み・足のしびれ|長野市・須坂市|<膝を治す鍼灸治療> 副作用のない自然な方法で、内側半月板損傷を治す鍼灸整骨治療の専門集団。 内側半月板損傷は、膝サポーターで治りますか? 膝サポーター

内側半月板損傷の治療
(現在制作中)

《ご愛用者様の声》

愛用者

大好きなバスケをしている時でした。バランスを崩し着地したあと急に膝が痛くなり、歩けなかった時は不安でした。今では 母からすすめてもらった膝サポーターを使い、楽しんでバスケをしています。
ありがとうございました。

(沖縄県 比嘉 美咲様)


森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

内側半月板の外側は血管が豊富で負傷しても修復されやすいですが、内側には血管がないので、一度裂けたり、すり減ると修復がむずかしいので、それ以上悪化させないことが大切です。

手術となる場合もありますが、膝に傷ができることに抵抗がある、また、膝が気になってスポーツを楽しめないという相談も多く受けます。

そんな方に、私たちは、 膝サポーターを使って本来の膝の能力をとり戻す提案を しています。
膝の不安を抱えた方から、多くのお問い合わせをいただいています。

お悩みの患者様は、相談メールにてお気軽にご連絡ください。

2017/08/01 吉池加奈

バスケをするときはエクスエイドニーPCLを使っています。
動きやすく固定力も強いので、スポーツをしている人にはよいサポーターだと思います。
授業中などあまり動かないときはエクスエイドニーライトスポーツ3を使っています。家では保温するサポーターを使っています。 一日中、しっかりとしたサポーターをつけていると大変だったので、この使い方が今の私にぴったりです。
内側半月板損傷の患者様
◎コルセットミュージアムから一言◎
日本で購入できる膝サポーターで、治療に使えるものを厳選してそろえました。
スポーツ店では購入できない医療品も多くそろえてあります。
※膝サポーターは劣化してしまうと効能が落ちてしまうため、ある程度の時期になったら買い替えが必要です。

内側半月板損傷の治療

画像準備中 画像準備中 画像準備中

私たちの治療室では、長年、医療用サーモグラフィーを使って足にかかる負担の研究をしてきました。片方の膝を怪我した時には、左右の足の負担のかかり方が変化してしまいます。その変化が習慣になると、前十字靭帯損傷の後遺症になったり、足の故障の原因になったりします。

こういった現象は膝サポーターを状況に合わせて使い分けることで防げます。


膝サポーター

映像は靭帯再建手術の後遺症の患者様です。
膝サポーターの下に補強テープを貼ることで膝の強度を上げることができます。
補強テープと膝サポーターで歩行が可能になります。
正常に近い状態で歩くことが一番のリハビリになります。


内側半月板損傷後遺症

膝関節炎の鍼治療/サーモ画像
右膝関節炎(前側)
膝関節炎の鍼治療/サーモ画像
右膝関節炎(後側)

私たちが治療で使っているサーモグラフィで撮った膝の画像です。
炎症が起きているところや負担がかかっているところは赤、温度が低いところは青で写ります。
右膝に炎症があり、かばって歩くことでバランスよく歩けないため、左膝の動きが悪く、足の筋肉も上手に使えていないので、左膝・足先の温度が低下しています。

今後、左膝やアキレス腱を痛めてしまう可能性があります。

<<<楽天コルセットミュージアム
トップに戻る