森上鍼灸整骨院|膝痛の治療|楽天市場 副作用のない自然な方法で、前十字靭帯損傷後遺症を治す鍼灸整骨治療の専門集団。 前十字靭帯損傷後遺症は、膝サポーターで治りますか? 膝サポーター

前十字靭帯損傷後遺症の治療
(現在制作中)

《ご愛用者様の声》

愛用者

2年前、フットサルの試合中に膝を痛めてしまいました。手術はしなかったのですが、トレーニング中に膝くずれが起こり、ずれた時の感覚は今でも忘れられないです。
相談したらサポーターも 使い分けなければ意味がない ことを知り、今では 使い分けて フットサルを楽しんでいます。

(神奈川県 高橋 健太様)


はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で西洋医学の代替医療として、鍼灸治療に取り組んでいます。

前十字は手術をする方が多い一方、後遺症に悩まれる方から多くの相談や問い合わせを受ける損傷です。

そんな方に、 ライフスタイルに合わせて組み合わせた 膝サポーターの治療を提案しています。再断裂や軟骨を痛める前に膝サポーターで保護することがおすすめです。

膝の機能をとり戻してスポーツを楽しむことができます。
相談メールにてお気軽にご連絡ください。

お悩みの患者様は、相談メールにてお気軽にご連絡ください。

2017/08/04 吉池加奈

フットサルやスポーツをするときは、固定しながら動きやすいサポーターのエクスエイドニーACLを使っています。
固定力もあり、動きやすいので運動している方にはぴったりのサポーターだと思います。
日常生活では、軽く固定するタイプの膝サポーターや膝を保湿するタイプのサポーターをわけて使用しています。
前十字靭帯損傷後遺症の患者様
◎コルセットミュージアムから一言◎
日本で購入できる膝サポーターで、治療に使えるものを厳選してそろえました。
スポーツ店では購入できない医療品も多くそろえてあります。
※膝サポーターは劣化してしまうと効能が落ちてしまうため、ある程度の時期になったら買い替えが必要です。

前十字靭帯損傷後遺症の治療

画像準備中 画像準備中 画像準備中

私たちの治療室では、長年、医療用サーモグラフィーを使って足にかかる負担の研究をしてきました。片方の膝を怪我した時には、左右の足の負担のかかり方が変化してしまいます。その変化が習慣になると、前十字靭帯損傷の後遺症になったり、足の故障の原因になったりします。

こういった現象は膝サポーターを状況に合わせて使い分けることで防げます。



今の医療は高技術なので、手術が失敗することはありません。しかし、膝を痛めたときに軟骨を一緒に痛めていると、長い間膝にヒアルロン酸をうち続けなければなりません。そして、膝をかばうため体全体のバランスが悪くなって腰や首が悪くなってしまいます。手術が成功しても、膝サポーターでバランスをとることをすすめています。

映像は靭帯再建手術の後遺症の患者様です。
膝サポーターの下に補強テープを貼ることで膝の強度を上げることができます。
補強テープと膝サポーターで歩行が可能になります。
正常に近い状態で歩くことが一番のリハビリになります。


前十字靭帯損傷後遺症

前十字靭帯損傷後遺症の鍼治療/サーモ画像
右膝の痛み(前側)
前十字靭帯損傷後遺症の鍼治療/サーモ画像
右膝の痛み(後側)

私たちが治療で使っているサーモグラフィで撮った膝の画像です。
炎症が起きているところや負担がかかっているところは赤、温度が低いところは青で写ります。
右膝に炎症があり、かばって歩くことで上手に足の筋肉が使えていないため、足先の温度が低下しています。

今後、前十字靭帯の再断裂やアキレス腱を痛めてしまう可能性があります。

<<<楽天コルセットミュージアム
トップに戻る