印鑑選びのアドバイス
ADVICE

印鑑選びのアドバイス

牛角

当店では通常の牛角(色・芯持ち)三種類と、特に数少なく透明度が高く美しい「純白(芯持ち)」といわれる牛角をも扱っており、男性女性問わず、高い支持を得た人気商品となっています。
牛の角は皮膚の一部であり、主成分はたんぱく質です。

牛角(オランダ水牛)

特徴−牛角印鑑

黒水牛同様、芯持ちという数少ない部分を使用した貴重な印材です、当店では牛角(濃色・中色・淡色)と、特に数少なく美しい(純白・芯持ち)といわれる牛角をも扱っております。模様の濃淡の割合により、分類しております。お好みの色合いのものをお選び下さい。

牛角(オランダ水牛)濃色

牛角濃色

色味の濃淡のコントラストがもっとも強いタイプの牛角印鑑です。

牛角(オランダ水牛)中色

牛角中色

色味の濃淡のコントラストが濃色よりも少し弱いタイプの牛角印鑑です。

牛角(オランダ水牛)淡色

牛角淡色

色味の濃い模様のような部分の面積が中色よりも少なくなり、濃淡のコントラストもより弱いタイプの牛角印鑑です。

牛角(オランダ水牛)純白

牛角純白

牛角の中でも、茶系のラインが殆ど入らない極めて貴重な「純白」と称される印材です。
※名称は「純白」ですが、白色ではありません。混ざり気のないという意味合いです。

印材使用部分−牛角の断面イメージ

芯の部分のみを使用しています。
芯に最も近い部分で、この芯もち部分を使用した牛角印鑑は高級と言われています。

牛角(オランダ水牛)

印材使用部分−芯持ち材について

牛角(オランダ水牛)
牛角(オランダ水牛)
芯持ち材について

上質な牛角印鑑の頭には、点のような模様があります。
これは傷ではなく、芯持ち材のしるしです。芯がある印材は、ひび割れにくいという特性があります。
芯がない印材は割れやすく耐久性に欠ける為、印鑑には不向きです。

保存・お手入れ法−牛角印鑑

黒水牛・牛角の角は中心に芯のあるもの(芯持ち)が高級とされています。(頂点にある爪痕のようなものが目立つ芯もありますが高級印材の証です。)空気が乾燥すると、この芯にむかって凹みが生じ易いので年に1度は(特に冬場)オリーブオイルや菜種油などの天然オイルを、印面に1,2滴落として軽く拭き取って保管しておきましょう。 乾燥は、ひび割れの原因にもなりますので、金庫等なるべく外気と触れない冷暗所に保管をお願いします。

  • お手入れのしやすさや環境保全の立場から、ハンコヤドットコムでは、「玄武」「彩樺」「」「アグニ」等のエコ(グリーン購入法)印材や、「チタン印鑑」もオススメいたします。

印材について

最短即日出荷OK 通常でも翌営業日出荷