■注目のキャンペーン■

■注目キーワード■



ネーム印 オスカ特集 印鑑の選び方チタン印鑑についてよくある質問 贈り物としてご利用のお客様へ スタンプ特設コーナー はんこ祭りメルマガお気に入り登録 facebook
トップページ > 印鑑 お手入れの仕方
印鑑 お手入れの仕方
こちらのページでは、印鑑のお手入れについてご案内しています。
大切な印鑑を長くお使いいただくため、こまめなメンテナンスをしていただけますようお願いいたします。
印面のお手入れ方法
使用後、また年に1回〜2回のお手入れをしてください。
捺印した後、そのままの状態で放置することは印鑑にとって好ましくありません。残った朱肉が乾燥し、固まってはせっかくの美しい印面が保てません。また、朱肉の油が印材に染み込み、印鑑がもろくなってしまうことがあります。
捺印後はこまめに布で印面に付着した朱肉を拭き取り、ケースに入れて保管して下さい。  
保管方法
使用後は必ずケースに入れて保管してください。
印材は天然の素材です。黒水牛、柘、オランダ水牛、いずれの印材も乾燥に弱く、品質劣化の原因となります。必ず印鑑は使用後ケースに入れて保管するようにしてください。
特に冬などは、暖房器具の近くに放置しないようして下さい。
黒水牛・オランダ水牛は、年に1回〜2回程度、植物性オイルでお手入れをすると乾燥によるひび割れを防ぐことができます。(※柘印鑑へのオイルの使用は避けてください。)
印鑑のキャップが外れないとき
印鑑に使用されている素材は、気温や湿度の変化によって伸縮・変形するため、保管状況によっては法人印鑑のキャップが取れなくなってしまう場合があります。
キャップが取れなくなった場合は、湿度の高いバスルームなどにしばらく置いていただくか、湿らせた布を巻きつけておくと外れるようになります。
印鑑のお手入れについて、お問い合わせはこちらから
Copyright (C) 2011 はんこ祭り All Rights Reserved.