ちょびレポ 心から健康に・・・ストレスを上手に癒すレスキューレメディ

バッチフラワーレメディって何?どうやって使うもの?
なんだか興味はあるけどいまいち使い方がわからない・・・という方は多いようです。
今回は、私三崎がバッチフラワーレメディの中で最もよく使われている『レスキューレメディ』について調べてみました。

商品研究

バッチフラワーレメディとはどんなもの?

バッチフラワーレメディとは野の花や草木などの抽出液を元にして作られた自然の癒しのシステムです。
穏やかな気持ちのバランスを取り戻す手助けをしてくれるというものです。

植物のエネルギーを活用するため、アロマテラピーのようにニオイを楽しむものではありません。
様々な感情や性格のタイプに対応した38種類のレメディがあり、その時の状態に合わせて選びますが、今回は一番ポピュラーでバッチ博士が緊急時のためにと 5つのレメディをブレンドした『レスキューレメディ』をピックアップします。

レスキューレメディ』は過度の緊張を緩和し、リラックスへと導く特別なレメディです。

どんな時に使うの?

気持ちをリラックスさせたいときに飲む、または体につける、空間にスプレーするなどの方法で使用します。

例えば・・・

  • 雷や花火など大きな音に対してパニックを起こしている時
  • 乗り物に乗るときや、オーナー様と長時間離れることで不安がる時
  • お散歩中、他の犬を見ると興奮して飛びついてしまう時
  • 病院が嫌いでとても嫌がる時
  • 他の犬・人に対して恐怖心が強く、怖がる時

・・・など

怯え、恐怖、不安、興奮、緊張などといったマイナスのストレスがかかっている場合に使用し、リラックスへと導きます。

病院やお散歩に行く前などストレスがかかることがわかっている場合、事前に飲ませてあげると効果が期待できます。雷が怖いパートナーには天気の悪い日には事前に飲ませてあげたり、鳴り始めの頃に飲ませてあげたりするといいですね。

レメディは薬ではありません。効果には個体差があります。
また、パートナーの状態に合っていないレメディをあげた場合は、効果が現れず体内を通過するだけで身体に影響はなく、副作用はありません。

実際に使用されている方の声

様々なストレスに対して常備しておいても良いのではないか、と注文するやいなや、散歩中に他の飼い犬に飛びつかれパニック状態になりました。
その日帰宅途中と翌日の散歩では急に後ろを振り返ったり、不安でおびえている様でした。 が、すぐにレスキューレメディを与えたおかげでしょうか、翌々日からはいつもと変わり無く散歩が出来るようになりました。これからは、車で出かける時など忘れずにいたいと思います。

(とも様)

緑内障の手術に備えて、念のため購入していたのですが、大正解でした。初めての手術、片目の「眼球内義眼」手術で体力をかなり消耗してしまい、全く立てない、食事も水もとれず、おもらしまでしてしまい、本当に心配しましたが、このレメディはなぜかペロペロとなめてくれて、3日ほどで完全に 気持ちが戻ってきました。本当に買っておいてよかったです。

(ジョジョ様)

トリートメントボトルに入れて薄めたレスキューレメディを飲み水に毎日混ぜて与えています。雌猫が神経質で他の猫にたいしていつも警戒していたのですが、警戒心が緩和されてきたように感じます。雄猫たちも以前は突然奇声をあげて走り出すことがありましたが、落ち着きも感じられます。何よりも3匹とも水をよく飲むようになりました。膀胱炎にかかりやすいので、それだけでも一安心しています。

(田原様)

GREEN DOG実店舗でも使用しています。

しつけ教室の前など、ワンちゃんがリラックスした状態でレッスンを行なえるように、スプレーボトルにレメディを入れてスペースにスプレーしています。また、お預かりのワンちゃんにリラックスして遊んでもらえるよう、スペースにスプレーしたりワンちゃんの体にマッサージしています。
ワンちゃんによってはすぐに効果が出て落ち着く子もいれば時間が経てば、少し落ち着く子、あまり変化の見られない子もいますが、平均的に落ち着きを取り戻す子が多いように感じます。

レスキューレメディのはじめ方

レスキューレメディトリートメントボトルを用意し、 トリートメントボトルの8分目まで飲料水(水道水ではないもの)を入れ、レスキューレメディを4滴たらすだけで完成です。

  • 1回に4滴くらいを目安に飲んでください。飲む間隔については特にルールはなく、必要なときに何度でも使用することができます。非常時に1本持ち歩いておくと心強いですね。
  • 長期的に飲む場合には、1日4回以上、毎回4滴垂らして飲みます。
    朝・昼・晩・就寝前の4回に分けると良いと言われています。
  • 口から摂取することが困難な場合や飲ませにくい時は、耳の後ろやこめかみなどにつけたり、スプレーボトルに入れて、身体に直接スプレーすることも可能です。

◆トリートメントボトルについて◆

ストックボトルの原液で使用した場合とトリートメントボトルに分けて使用した場合でも、水にエネルギーが伝わり、広がるため効果は変わりません。ですので、原液のまま飲んでもいいのですが、トリートメントボトルを使用したほうが長く飲めて経済的です。

ご使用上の注意

  • スポイトが口に直接当たらないように飲んでください。
  • 4滴分を残さずに飲み干すようにしてください。
  • 目に入らないように注意してください。
  • トリートメントボトルの場合、使用できる期間は約3週間くらいです。3週間を目処に使い切る、または作りなおしてください。

最後に一言

どうしても、とっつきにくいイメージのあるレメディ、少しは身近に感じていただけたでしょうか?
パートナーは人間のストレスを敏感に感じとっているともいわれ、ストレスを自分自身で発散できないことも考えられます。心から健康な毎日を過ごすために、皆さんもパートナーと一緒にレスキューレメディを有効に使ってみてはいかがでしょうか。
皆様の“ちょっとした”ご意見やご感想など、お待ちしております。

ちょびレポ バックナンバー


ご案内

お電話でのお問い合わせ
0120-73-1238

■ 営業時間 : 10:00〜17:00
■ 休業日 : 右記営業カレンダーに基づく

メールでのお問い合わせ
営業カレンダー
営業カレンダー
色付の日は、メール返信・商品発送ともお休みさせて頂きます
色付の日は、メール返信・商品発送ともお休みさせて頂きます お支払い方法の詳しくはコチラ 送料について詳しくはコチラ 返品・キャンセルについて詳しくはコチラ 商品のお届けについて詳しくはコチラ
会社概要 プライバシーポリシー ご利用ガイド 特定商取引法 楽天市場へ